SWAN SONG 廉価版

  • 85人登録
  • 4.53評価
    • (27)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
  • Le.Chocolat. (2008年7月31日発売)
  • Windows XP
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4514631000699

SWAN SONG 廉価版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 僕の中では名作越えの神作の一つです。主要登場人物の視点を相互に入れ替えながら、全て主人公に仕立て上げていき、個人から『特別』や『運命』という物をはぎ取っていく進行は、総合小説として僕が知りうるものでも最高レベルのものです。許されるならば今作品に100点を上げてしまいたい。自分にとって最高レベルのフィクションであっても100点はつけられない。それが正しいとは思えないからだ。正しくないが、怖いからかもしれない。トゥルーエンドがわからない人は、ただのセンチメンタル求めてる感動したがり屋。でもこの意見は正しいか?

  •  近頃めっきりエロゲーをやることも少なくなってしまったんですが、これだけはやっておかないととずっと思っていたSWAN SONG(FlyingShine)をプレイ。

     ファーストルートをクリアしましたが、もう大満足。

     極限環境下の群像劇。

     人間批判のようでもあり人間賛歌のようでもあり。

     ステレオタイプだとかそういったことを吹き飛ばすほどの厚みのある物語。

     なにもかも素晴らしい。

     音楽はFuncsionSOUNDS。
     この人たちの芸の幅広さにはほんと驚きます。
     まるで映画音楽のようなオープニングのオーケストラ、シーンにぴったりの緊張感のあるBGMは、久々に全プレイヘッドフォンで挑ませていただきました。

     素晴らしい物語にほど物語中のキャラクターの好き嫌いはなくなりますね。全キャラクターが人間的で愛おしい。クワガタでさえも。

     これだけノベルゲー的でない文章も珍しい。
     ちょっと台詞回しにくどい部分がありつつも、文章的には小説のような。
     久々に読み解いていく楽しさがありました。キラ☆キラも面白かったし、瀬戸口廉也恐るべし。

  • 多分柚香に一番感情移入していたと思う。司にひかれて、苛々して、でもひかれたなあ。厳しく、でも美しいお話だと思いました。

  • 五指に入る傑作。いかにもハリウッド的な舞台設定に、やけに文学している文体、それでもゲームなのでエンタメ展開。これらの融和と反撥が素晴らしい(キャラクターに引っ張られすぎているきらいもあるけど)。
    あろえはノベルゲーム界随一のヒロイン。

  • 北斗の拳ww

  • 瀬戸口好きで結構いろんなのに手出してたっけな。
    今でもおっかけてます。積んでるけど

    (2008年04月24日 06:54/レビュー)
    ※エロゲーのレビューです。

    瀬戸口さん繋がりで。
    名作だけど、プレミアが付いちゃってるエロゲーですね。

    鬱ゲーです。そして結構長い…
    一度投げ出しました。苦笑
    ちゃんとコンプしましたけどね…

    「カーニバル」のような文章なのかと期待してましたら、違いました苦笑

    最初の地震が起きて画面が揺れてるとき、テキストが読めなかったです…酔ってしまった。
    あとあの例の長い文章…読みにくいって苦笑
    しかし、物語は非常に完成度の高いものではないのかな?と思います。

    …司が憎かった´`
    タノさんは唯一の救いでしたね…こういう人がいて良かった笑
    ノーマルEDはヤバい。救いが無さ過ぎです。鬱。
    そして狂っている。
    ピンポンピンポーン(笑)
    ED曲が綺麗でたまらんかったです
    トゥルーがあって良かったよ!笑
    話としてはこちらをトゥルーにするべきではないのでしょうが、やはり救いのあるほうが良いですね…苦笑

    08年03月12日コンプ☆

  • 面白くて寝不足になった。解釈色々鬱ゲー。

    不満点はあろえちゃんをもうちょっと掘り下げて欲しかったのと、地震の謎をもう少し明かして欲しかった。

    シナリオの瀬戸口廉也さんが自閉症についてあまり知識がなかったとか、配慮したとかあったのかもしれないけど、コミュニケーションブックと「お姉さんはどこですか?」でゾクゾクしたので期待してただけに。

  • 人間のこわさがわかる。
    長さもちょうどいいしすごくオススメです。

  • 群像に巧みな心理描写は流石というところか。冬、地震、そして避難生活。自然も怖いが人間も怖いと改めて感じた。

  •  瀬戸口作品の中で一番好きかもしれません。
     大災害という極限状態の中、ヒトが見せる本性と狂気が恐ろしかったです。本当は誰も悪くないはずなのに、どうしてこんなことになってしまったのだろうと読んでいて切なくなります。
     ノーマルエンドはいっそ美しさすら感じられ、本当に惚れ惚れしました。
     川原さんの大人っぽい絵も綺麗で良かったです。

全14件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

SWAN SONG 廉価版を本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

SWAN SONG 廉価版を本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする