Classical Tuning

  • 27人登録
  • 4.46評価
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
アーティスト : 葉加瀬太郎 
  • ハッツ・アンリミテッド (2008年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4582137890465

Classical Tuningの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オリジナル曲、洋楽のカバー曲、クラシックと幅が広く、それで
    いながら全て葉加瀬さんらしさが、力づよく優しく感じられる
    アルバムにまとまっていると思います。

    前作に続いて、安定感があって、音楽的な広がりが感じられます。
    繰り返し聞いても安心感があって、生活に寄り添う音楽ではないでしょうか。
    今後もどんどん素敵な作品を生み出してくれることを期待
    させられるアルバムであると思います。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――
    ・イブニングニュース・オープニング曲 サムシングインザウインド
     Beyond the sunsetに続いてニュース番組に起用されているこの曲。
     大海を颯爽と駆ける船を思わせるような、かろやかな曲です。
     葉加瀬さんらしい印象が色濃くでていて、新しい定番曲と 
     なりそうに思います。

    ・テレビ朝日スペシャルドラマ いのちの色鉛筆 テーマ曲
     春をどうぞ
     伸びやかな音色と、弾むピッチカート、かわいいタッチのピアノで
     文字通り春らしい柔らかなメロディに仕上がっている曲です。
     若くしてなくなったドラマの主人公とかさなり、心に響いてきます。 


    ・前奏曲とアレグロ
     クライズラー時代から演奏されている曲ですが、時をかさねて
     より、葉加瀬さんらしく、クラシックが苦手な僕にも聞きごこちが
     よくなってきています。

    ・KOSE CM曲 ネヴァーギヴアップ!!
     CMでの利用のされかたとしても、曲的にも、少し忙しい曲です。
     そのなかにも遊び心などは、伝わって着ます。

    ・栄光への道
     エルガーの威風堂々よりインスパイヤーされたサビが印象的です。
     アレンジは、前作のタイムメッセンジャーを思わせるものがあります。

    ・オープンアームス 
     海猿の映画や、自動車のCMなどで使われた1981年のジャーニーの名曲。
     洋楽の名曲をカバーすることは、バイオリニストやチェリストが
     よくやりますが、アルバムの中に入ると、葉加瀬さんの曲の
     ように思ってしまいます。

    ・エイジアン・フロー
     NHK日めくり万葉集オープニング曲。深く穏やかに
     紡がれてきた人の歴史を思わせるような、味わいのある曲です。
     
    ・ふたりのクロスロード
     アイリッシュフィドルの功刀さんとの共作。

  • 後半4曲くらいツボ曲があった。
    ケルティックな曲がツボでした。
    ほっこり癒される感じにまとまってます。

  • お気に入りは
    某化粧品CMで流れていた曲。

    タロちゃんのバイオリンを聞いているときが
    一番幸せ。

全3件中 1 - 3件を表示

Classical Tuningのその他の作品

1-B010FTHJ9Aの詳細を見る MP3 ダウンロード 1-B010FTHJ9A

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする