非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 デラックス版 [DVD]

  • 177人登録
  • 3.77評価
    • (17)
    • (20)
    • (31)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
監督 : ジェシカ・ユー 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2008年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102539634

非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 デラックス版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この人の作品を、もっとたくさん観てみたいなぁ。

    芸術家って、内にこもって向き合わないと作品制作ができないという人が、すごく多いのではないかと思うのだけど、

    悲しいかな、どこかしら外界と接触があったり、外向きのベクトルを持っていないと、

    彼のような末路を迎えることになるのかもしれない。


    ただ、彼には、どの程度のかかわりか分からないけれど、
    あたたかい隣人がいた。

    それは、彼の救いになっていたんじゃないかと、これを観て思った。

  • 「」


    1973年、シカゴ。
    ヘンリー・ダーガーというひとりの老人が他界し、はじめてその作品群が発見された。
    何千ページにもおよぶ日記や自伝などの書き物。そして、おそらく世界最長となる15000ページを超える小説と、多くが3メートル以上もある数百枚の絵。しかし、その中に含まれるヘンリー・ダーガー自身の写真は3枚だけだった。周囲の人々が「貧しい普通の老人にしか見えなかった」と口々に語るその男は、“非現実の王国”と名付けられた自分だけの小さな別世界に生きていたのだ。
    1892年に生まれたダーガーは、母が死んだことも妹が里子に出されたことも記憶になかったが、優しい父と暮らし、絵本や童話が好きで、学校にあがる前から新聞を読むことまでできる優秀な子供だった。しかし、口や鼻やのどを鳴らして奇妙な音を立てることから、他の生徒たちに嫌がられていた。その後、感情障害を示したとされ、イリノイ州リンカーンの知的障害児の保護施設に入れられる。
    1907年、父が逝去、17歳のダーガーは帰る場所がないにも関わらず、施設からの脱走に成功して260キロの道のりを歩いてシカゴまでやってくる。聖ジョゼフ病院の清掃人の仕事を見つけ、尼僧の宿舎の清掃も担当することになったダーガーは、童話の世界に安らぎを見出し、1909年、生涯続けることになる『非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因するグランデコーアンジェリニアン戦争の嵐の物語』を綴る仕事に着手する。

  • 小説を読んでみたいと思ったけれど、きっと読んだらその世界に取り込まれてしまいそうだ。

  • ダーガーいいよね。

  • 世界最長の小説「非現実の王国で」を執筆したナゾのアウトサイダー・アーティスト、ヘンリー・ダーガーを追え!

  • 人付き合いを避け 一生をかけて作品を制作しつづけたヘンリー・ダーガーを、自伝の文章と 隣人の証言でつづるドキュメンタリー。

    気づかないだけで、こういう人は案外身近にもいるのかもしれない。

  • 生きているときはあまり光が当たらなかった、画家のヘンリーのドキュメンタリー。
    私の性格に似てると思いました。

    絵画独特の個性が出ていてすきです。

  • 写真の技法も取り入れているんですね
    複製しやすい利点をうまく使っていて
    すごいな この世界観は

  • 孤高の変人、ヘンリー・ダージャー。げんじつに立ち向かうため、現実を創り出した彼は、究極の引きこもり。
    少女の写真を紛失し、物語が彼を責める!彼は現実ではなく物語の住人。
    エンジェルウォーズこと、サッカーパンチを地で行った男の物語。

  • 2009/06/27/Sat.購入。

全26件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 デラックス版 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 デラックス版 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 デラックス版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 デラックス版 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする