ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]

  • 489人登録
  • 3.89評価
    • (69)
    • (76)
    • (63)
    • (12)
    • (2)
  • 56レビュー
監督 : フランシス・フォード・コッポラ 
出演 : アンディ・ガルシア  ダイアン・キートン  アル・パチーノ  タリア・シャイア  ソフィア・コッポラ 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113823845

ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 業の深さと孤独から最後の最後まで逃れられなかった男の哀しい末路が胸にくる、名作映画三部作の最終章です。

    アメリカでもっとも巨大なマフィア組織の二代目首領でゴッド・ファーザーと称される老境のマイケル・コルレオーネは、非合法ビジネスと決別して合法ビジネスのみで「ファミリー」を守れるようになろうと腐心していました。
    それは、彼の若き日からの宿願でもあり、父ヴィトーとの誓いでもあったのです。
    しかし、彼にもすでに老いの影がさし、持病にも苦しむ身。

    はからずも父の跡を継いだ自身のつらい体験もあったのか、実の息子や娘は「ファミリー」のビジネスから遠ざけていたことと、あるきっかけから、血の気は多いが度胸はある、長兄ソニーの私生児で甥のヴィンセントを後継者候補とすることになります。

    しかし、敵対組織との抗争は、ローマ法王庁内部の陰謀ともからまり合いながら激しさを増していく。
    そしてそれは、結果的に、マイケルがもっとも守りたかったものをもっとも残酷な形で彼の眼前で奪っていき…。

    物語の最後、狂ったように慟哭し、そして、孤独に生を終えるアル・パチーノ演じるマイケルの姿は鮮烈な印象を残します。

    三部作を通して観ると、まだ若き日の、家業に踏み込む前のマイケルの純真さや、「ファミリー」(この言葉には「家族」と「マフィア組織」の二重の意味がある)のために修羅の道に踏み込んでしまってからの苦悩や葛藤、彼が何より愛し守ろうともがき続けて結局は失ってしまったものの重さなどが、頭に次々と浮かんできて、哀しみがどっと胸に押し寄せてきました。

    実に印象的でよくできた作品だと思います。

    ただ、パート1、2の公開から二十年近くが経過していることでコッポラ監督の手法が少なからず変化しているためなのか、もっと別の事情があったのか、パート1、2の魅力の一つであった、哀愁を誘う陰影や空気感、象徴的な演出がほとんど無くなっている点はとても残念でした。

  • 昨日のついでにそのまま

    「ゴッドファーザーPartⅢ」

    これは微妙なんですよね~殺しが多すぎるんですよ。身内の粛清に走っちゃってるんでちょっとどうかな?だったんですけど

    それに内容が…Ⅰ,Ⅱを感動してみた方には物足りなさを感じてしまうのは否めないかと…

    ただ娘が自分の代わりに撃たれて死んでしまうシーンでアル・パチーノ自身が悲しみのあまりにそのまま死んでしまいそうな涙を流したシーンが見れただけで感動でした。

    人はどんな思いをむかえたらあれだけの涙が流せるのでしょうかね?あのシーンばかりは本当に絶句です!あそこだけのために見る価値はありますよ♪

  • こんなに心から泣いたのはひさしぶり。
    音楽が素晴らしい。

  • マイケルは本当に護りたかったものを護りきれなかった。最終場面の椅子から崩れ落ちる様は、階段で叫んだ時の心の内側にも思えた。

  • 3部作完結。
    なんだか切なかった。マフィアから足洗って合法ビジネスに乗り出そうとするも、泥沼。政治家が腐ってたり、バチカンが腐ってたり。

    必死でなり上がって駆け抜けた人生も、愛する家族がいなけりゃ…と解釈しました。ガルシアもかっけーなー。

  • ヴィンセントは短気で長兄のソニーを彷彿とさせる。ソフィア・コッポラは言われてたほど悪く感じなかった。
    言葉に愛がにじむ、それが歳をとることなのか。心から愛している一方、相手の考えに耳を傾けなくなる。その頑固さは、若い頃にはなかったもの。
    人生の夕暮れに、愛を伝えられる相手がいる事の幸せを。

  • 最後、分かっている内容だつたけど、見直すとやっぱりいい。

  • 継承と衰退が描かれている。

    最後、娘とのダンス、そして元妻とのダンスが走馬灯の様にマイケルの脳裏を過るのだが、彼の人生は幸せだったと言えるのだろうか。娘を銃で撃たれたシーンを直前に出したことから察するに、幸せとは言い難い人生であったのではないだろうか。

  • ゴッドファーザーシリーズではラブロマンスのあるⅢに一番心惹かれます。

  • 3作ともに始めのパーティーのシーンが印象的だった。
    PartⅢは前の2作との繋がりを意識させようとする意図が強く出ている気はするけれど、失敗しているような。時代背景をもっと知っていれば楽しめるのかもしれない。
    3代目のゴットファーザー(ヴィンセント)はちょっと前の2代(3人の俳優)と比べるのがかわいそうな印象。
    これから観る人にはPartⅢからさかのぼって鑑賞するのがおすすめ。
    歴代ゴットファーザーの相談役の弁護士のトムがいなかったのが残念。

全56件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする