プリシラ [DVD]

  • 77人登録
  • 3.67評価
    • (11)
    • (14)
    • (15)
    • (4)
    • (1)
  • 12レビュー
監督 : ステファン・エリオット 
出演 : テレンス・スタンプ  ヒューゴ・ウィービング  ガイ・ピアース  ビル・ハンター 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142688620

プリシラ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 濃〜くてゴッツいオカマ達が
    オーストラリアの広大な
    自然の中で巻き起こす珍道中。

    ド派手な衣装と奇抜なダンス、
    ノリの良い音楽で楽しませてくれる。
    楽しませるとこだけじゃなく、
    同性愛や親子についてのメッセージ性も
    込められている。

    見てから知ったが、キャストも凄い。
    H.ウィーヴィングとガイ・ピアースは
    この作品が後の国際的な活躍のきっかけに。
    名優テレンス・スタンプは、色気を感じさせる
    見事としか言いようのない名演。

    見終わった後、誰もが楽しい気分になれる
    素晴らしい映画でした。

  •  3人のドラッグクイーンがショーに出演する為にオーストラリアの砂漠を改造したバスで旅をする。

     90年代にカルト的な人気を獲得した作品。衣装のセンスとオーストラリアの砂漠のど真ん中に彼ら(彼女ら)がいる画のインパクトがすごい。
     この映画はLGBTの人達が居場所を求める姿を描いているのだと思う。

     オーストラリアの名作ロードムービー。
     ウェズリー・スナイプスが出てるのは別の映画なので注意。

  • 1994年のオーストラリア映画。
    ヒューゴ・ウィービングは田中要次に似ているなあと思いながら鑑賞。

    最初は奇抜な衣装に度肝を抜かれるが、
    徐々に彼女らの繊細な内面に触れると
    とたんに愛情を持って見守ってしまう不思議。
    とても自分の心に素直な人たちばかりで、
    自分は彼女らと比べて正直に生きているのかと自問自答してみたり。

    全編において、会話の言葉選びのセンスが下品で素晴らしい。
    特に、ABBAのメンバーのウンチをオカズに自慰をするはひどいなあ(笑)
    ピンポン球を巧みに操るボブの妻シンシア(ジュリア・コルテス)が
    英語がメチャクチャで面白いし、何よりぶっ飛んでて好き。

  • 最高!

  • もう何でもよくなる映画です!!勿論良い意味でですよ!
    なんかわからないけどハイテンションなヲカマ映画が大好きです。すごく元気になれます!!
    物語を彩るのが何と言っても強烈な彼らの衣装!!
    サンダルを貼付けただけのワンピース。パリコレなどのファッションショーなどこういった分野でのファッションではこのような奇抜な衣装はそう珍しいものというわけでもないのですが。
    あくまでもモデルさんは美しいわけです。
    ここにはファッションショーの彼女らのような美しさもないし、むしろグロテスク。笑

    だけどもそれが良いところだし共感出来るんじゃないかと・・・・!!

    笑いもドラマも真剣な愛、家族愛もしっかり描かれています。
    この映画の魅力はそこにありますね。

    私の中でオーストラリアに対するのイメージと
    ABBAの曲に彼らが抜けきらない程に良いトラウマを残してゆく作品でした。

    プリシラ号に乗りたいなぁ。笑

  • ゲイ三人組のロードムービー!面白かったー♪
    なんといっても風景が最高。
    芸術的!

  • 文句なし。せりふはかなり下品だけど、ぎりぎりのところでえげつない映像は切り替えているし、安心して見ていられる。テレンス・スタンプの存在感も半端なし。音楽も楽しめる。理解ない人たちの冷たい態度にもめげないゲイたちの生き様が、気持ちよい。

  • 世代も生き方も違う3人のドラッグ・クイーン(女装のゲイ)。オーストラリアの砂漠の真ん中にあるリゾートでショウ出演をするために『プリシラ号』と命名されたバスで旅に出た。
    1994年度アカデミー賞衣装デザイン賞受賞

  • こう、女がきれいに描かれていない作品って好きなのよね。

    でもなんでこれ見たかって言うと、

    作品どうこうよりも

    市内に同名のニューハーフバー?があるから。

  • ロードムービーっていうのはどうしてこう楽しいんだろう...って思うのは私が旅好きだからかなぁ。

    3人のドラッグクイーンが、アリススプリングスでショーを行なうためにシドニーからバスを駆って旅をする。オーストラリアの広大な風景のなかをバスは走って行くのだが、その上にはド派手な衣装のドラッグクイーン(^^)。近道をしようと、道なき道を走ったものだから、バスは故障して、砂漠のなかで立往生。まわりには何もなく、もちろん人影はなく、時々トカゲがチョロチョロ動くくらい...さて、どうするのか...

    旅にハプニングはつきものだけど、人との出会いはそれ以上のものだったりする。知らない人との出会いもそうだし、一緒に旅する仲間のことを深く知ることにもなる。最後のほう、あんな男の子はいないよなーと思うけど、そうだったらいいな、とは思う(^^)。歌やダンス、そして衣装も楽しい。エンドクレジットが終わったあとも、ちょっと笑える仕掛けがあって、最後の最後まで楽しめた。

全12件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

プリシラ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

プリシラ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする