きみがいなけりゃ息もできない

  • 62人登録
  • 3.56評価
    • (4)
    • (9)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
アーティスト : イメージ・アルバム  小西克幸  福山潤  鈴木達央  遊佐浩二  川上とも子  菅原淳一  安田美和  金光宣明 
  • リブレ出版 (2008年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4571284840171

きみがいなけりゃ息もできないの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • るこちゃんかわいい

  • 包容力抜群のこにたん、東海林の「無理せず本能で二木の世話を焼いてしまう」感じ、腰に来ると言うやつだよ (笑)。正直、私は高音な声が苦手なんだが、このじゅんじゅんは好き~。ぶりっこ臭くさを感じないのはキャラ作りの妙技だろうなぁ。でもやっぱ、コミックスの扉カリカリのビジュアルの迫力はドラマCDの音だけでは難しいなぁ。

  • 期待しすぎた…かな?
    キャストもなんか合わない感じだったしなぁ…。
    原作読んだ時に森川変換してしまって、小西って言われてどうかと思ってしまった…!
    なんつーか、森川の世話焼きが聞きたい?(笑)
    ルコちゃんも潤じゃなかった…!!
    あたし的には健さんか武内くんがいいなぁ。
    嘆いても仕方ないので、聞いた感想なぞ。
    冒頭からやられた。
    最初の回想みたいなシーンが声低すぎんだよ、小西も潤も。
    あれで中学生とか言われたら、どうなんのかと思ったよ…。
    ルコちゃんは可愛いイメージだったのに。
    中途半端だったなぁ。
    ルコちゃんは全体的にちょっと残念。
    小西は聞いてるうちに馴染んだので、問題なし。
    目的は当然飛田役の達央で、鼎役の遊佐さんでもあって。
    原作のイメージで飛田はもう少し年上な感じだったから意外と声が若くてビックリした(笑)。
    ルコちゃんの担当さんだから結構喋ってて悦!!
    なんか癒された、達央に。
    どんだけルコちゃんの潤があたしに合わなかったかって感じだよなー(笑)。
    潤がダメなんじゃなくて、あたしのルコちゃんのイメージと違ったんだよね。
    ホントにこればっかりは残念に尽きる。
    遊佐さんの鼎は、どういうキャラか知ってると聞いてるだけで腹が立つ(笑)。
    東海林にボコボコにされた時はホントに死ぬんじゃないかと思うほど殴られてたけど。
    鼎がいる時はひたすら早く東海林出てこないかと思ったわ。
    話は凄い短かった気がするんだけど…結構省かれてる?
    借りて読んだからちゃんと覚えてないんだけど、凄い物足りなかった。
    残念…。
    ルコちゃんが残念で、内容的にもちょっと残念で、色々残念で仕方ない…。
    でも1番残念なのはトークがなかったことだよね!!
    すげー楽しみにしてたのに!
    あ、1つとてもよかったシーンが!
    ルコちゃんのシーンだよ、よかったね!(笑)
    東海林のホットケーキの素晴らしさを飛田に語るルコちゃんのシーンがとてもよかった。
    とてもホットケーキが食べたくなりました(笑)。
    でもやっぱり全体的に、残念。

  • (小西×福山)

    「しょーおーじ〜ぃ」がかわゆかった\^^/
    こにたんおっとこまえ!
    たっつんもがんばってます!
    遊佐さん・・・・。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

きみがいなけりゃ息もできないを本棚に「聴きたい」で登録しているひと

きみがいなけりゃ息もできないを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

きみがいなけりゃ息もできないを本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする