さくらん [DVD]

  • 203人登録
  • 3.30評価
    • (20)
    • (28)
    • (94)
    • (11)
    • (5)
  • 55レビュー
監督 : 蜷川実花 
出演 : 土屋アンナ  椎名桔平  成宮寛貴  木村佳乃  安藤政信 
  • 角川エンタテインメント (2008年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126206017

さくらん [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女優達がとってもキレイ

  • 着物と豪華なセットが美しかった。菅野美穂、艶かしい…!
    原作に割と忠実。だけど、なんだかイマイチ……。

  • 大好きな蜷川さん。目が痛くなるほど鮮やかな色彩に魅せられ♡

  • キャスト豪華!

    蜷川さんの作る色彩は、日本様式によく合う。
    土屋アンナさんも、色っぽくて、キュートでチャーミングだった。
    それにね、最初に流れてきた音楽で心を打ち抜かれましたよ。
    さすが。

    菅野美穂好きだなあ。

  • 衣装やセット等々、トータルに考えられた
    蜷川実花のボキャブラリーがちりばめられた映画

    写真が連なったようなシーン展開も随所に見られ、通常の映画監督とはまた違った味が出ていた。また、林檎の歌が蜷川実花の創り出す世界にぴったりで素晴らしかった。

    ラストシーンの菜の花と桜並木が良かった。
    私の原風景、春の景。

  • 解説:

    人気漫画家・安野モヨコの同名コミックを、これが初監督となる写真家・蜷川実花が「下妻物語」の土屋アンナを主演に迎えて映画化したエンタテインメント青春時代劇。

    吉原遊郭を舞台に、自らの生き方を貫こうとする一人の型破りな遊女のエネルギッシュな生き様が極彩色にして繊細な映像美でヴィヴィッドに描かれてゆく。

    江戸の遊郭、吉原。

    女衒に連れられ大門をくぐった8歳の少女は、玉菊屋に買われ、きよ葉と名付けられた。

    気が強く、脱走を繰り返すきよ葉だったが、やがて、美貌も知性も兼ね備えた完璧な花魁・粧ひに導かれ、日本一の花魁になることを誓うのだった…。

  • 奈良などを舞台とした作品です。

  • 蜷川実花☓椎名林檎。
    とにかく最初から最後まで映像が綺麗。
    もちろん吉原の世界観を出す音楽も椎名林檎で異議なし。
    メイン女優陣の体の張った演技もすごい。
    原作読んでないからお話は二の次ですw
    きっと原作のほうがお話は面白いんでしょうね。
    ま、私にとって映画は「お話<映像美」なのでかなりの高評価。

  • 笑顔の鬼だ。

    というセリフ、意味がわかるまで2年かかりました。そこにのみ共感。笑

    色が原色とりどりでキレイなので
    テレビがつまんないときに画面に流しておくと華やぐと思う。

  • 蜷川実花×椎名林檎!って感じです。←
    すごく鮮やかで、鮮やか過ぎて毒々しい感じが好きです。

全55件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

さくらん [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

さくらん [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする