メゾン・ド・ヒミコ [DVD]

  • 275人登録
  • 3.97評価
    • (52)
    • (53)
    • (49)
    • (2)
    • (1)
  • 44レビュー
監督 : 犬童一心 
出演 : オダギリジョー  柴咲コウ  田中泯 
  • 角川エンタテインメント (2008年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126206055

メゾン・ド・ヒミコ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲイのための老人ホームを舞台に、癌で余命幾ばくもないゲイの父親とその若い恋人、ゲイの父を長年嫌悪してきた娘の三者を中心に、ホームに集う年老いたゲイたちが織りなす人間模様を描く。
    「ジョゼと虎と魚たち」に続いて
    犬童一心(イヌドウ・イッシン)監督✖渡辺あやさん脚本
    主演はオダギリジョー、柴咲コウ
    ジョゼは田辺聖子原作だったが、この作品は渡辺あやさんのストーリーなのかな?
    ジョゼが好きだけど、これも好き。

  • 請求記号:10D075(館内視聴のみ)

  • 請求記号:10D075(館内視聴のみ)

  • みなさん書いてる通り、オダギリジョーがカッコイイ。
    ゲイでもゲイじゃなくても、なんかよくわからないけど、普通に生きられない人がいる。
    自分だとよくわからないけれど、僕はゲイではないのだけれど、なんとなく、この映画に出てくる人たちに自分と似たようなものを感じる。
    居場所というと大げさなんだけど、この映画に自分の居場所みたいなものを感じた。
    仲間というか、自分と似たような人と人の繋がりは、とても大事だ。それをとても大切にしようと思った。
    仲間の為に仲間が怒るシーンがある。
    そのシーンが妙に心に突き刺さって泣けた。

  • すべてがいい。見たあとに満足感がある。

  • もっと大人になってから、もう一度ゆっくり見たい。
    とりあえず、オダギリジョーは色っぽいし柴崎コウはかわいいし、登場人物がとにかく魅力的なことはよく分かった。

  • ジョゼと虎と魚たちを観てその後
    同じ監督の作品を見たいと思って見た作品。

    数年前に一度見て、今回改めて見直してみました。

    素晴らしい。

    とにかく出演者が良い演技をする。
    オダギリジョーの妖艶なゲイも
    柴咲コウの無愛想な女の子も
    みんな人間らしくてすごい好き。
    西島秀俊演じる軽薄で手の早い男も
    物語のスパイスになっているような気がします。

    また、見直したい作品です。

  • レンタルandギャオ

  • ホームに暮らす面々が素敵だった。特に卑弥呼。田中泯独特の存在感がたまらない。舞踏家なだけあってか、立ち振る舞いが美しい人だと思う。

  • 京都などを舞台とした作品です。

全44件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

メゾン・ド・ヒミコ [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

メゾン・ド・ヒミコ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする