ロビン・ウィリアムズのもしも私が大統領だったら・・・ (Man Of The Year) [DVD]

  • 30人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (9)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
監督 : バリー・レヴィンソン 
出演 : ロビン・ウィリアムズ  ローラ・リニー  クリストファー・ウォーケン 
  • ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2008年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571264908648

ロビン・ウィリアムズのもしも私が大統領だったら・・・ (Man Of The Year) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コメディーというより、ちょっとしたサスペンス。でもロビンウィリアムスの話芸は、存分に楽しめます(笑)。邦題はかなり残念…。

  • ロビン・ウィリアムズのトークが大炸裂。
    楽しい~。
    予想外のちょっとしたサスペンス風味もいい。

  • ロビン・ウィリアムズ演じるコメディアン、トム・ドブスが大統領選挙に立候補。さらに投票システムのエラーにより本当に大統領に当選しちゃって…というお話。

    ずっとコメディー路線で話が進むかと思いきや、ちょっとサスペンスな要素もあって、最後まで面白く見れました。

    それにしても、ロビン・ウィリアムズのマシンガントークはすごい。あれ全部覚えたのかな?アドリブだとしても全部台詞を覚えたとしても素晴らしい。

  • ロビン・ウィリアムスの演技(話芸)って、あまりに過剰すぎて映画のストーリーから浮き上がってしまうことが多いんですけど、本作の彼の話芸は見事に映画の中に溶け込み、生かされてる!(コメディアンの役だから当たり前なんですけど)。彼のジョークや毒舌はホントに笑えます。

    映画としてはバランスが悪いかな。彼が一気に大統領まで駆け上がる序盤のスピード感は痛快ですが、サスペンス色が出てくる中盤で淀むのです。真実を明らかにしてあっさり大統領の座から降りるという結末もいまひとつ納得がいかずモヤモヤ(そもそも集計機械のエラーってなんなんだよと)。

  •  ありえない話ではあったけど、おもしろかった。コメディアンが議員になることはよくあるけど、大統領はなかなかない。 
    きっと、彼が大統領のままで進んでいたらおもしろいことになっていたとは思うけど、餅は餅屋。政治は政治家がやったほうがいいんだ。
    それに茶々を入れるくらいがちょうどいいんだ。、

     くだらなすぎることもなく、あまり突っ込みどころがなかったのはよかった。
    あの女性がどうしてあんなに危険をおかしてまで真実を暴きたかったのかはなぞだったけど。 そして、もっと賢く動くこともできた気がするけど。
     あと大統領にあんな簡単に近づけないし、大統領はあんな行動をとったら大変なことになる。
     まぁ、目をつぶれる程度。
    こんな空想があっても楽しいじゃん

  • 非コメディ。「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」のような。
    軽快な主人公の政治的サスペンスもの。

    コメディアン司会者が、大統領選に出馬し見事な活躍をみせる。
    しかし彼の支持の高さは、デラクロイ社の投票システムのエラーが引き起こしたものだった。
    そのエラーに気がついたたった一人のプログラマーの女性と、デラクロイ社の隠蔽工作。思い悩む、善人なコメディアン。彼を囲む良き友人たち。

    オープニングが重厚な回想ナレーション(インタビュー形式)ではじまったんであれ?真面目だ!と気が付き、予想と違った期待感で観れました。
    いい映画だった。

    この映画、ロビン・ウィリアムズがハマり役。というか、彼のための役。
    彼かトム・ハンクスぐらいしか合わなそう。

  • 日本では映画化はしてないみたいです。
    ロビンは好きな俳優のひとりなんで一応見てみたって感じです。

全8件中 1 - 8件を表示

ロビン・ウィリアムズのもしも私が大統領だったら・・・ (Man Of The Year) [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ロビン・ウィリアムズのもしも私が大統領だったら・・・ (Man Of The Year) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ロビン・ウィリアムズのもしも私が大統領だったら・・・ (Man Of The Year) [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ロビン・ウィリアムズのもしも私が大統領だったら・・・ (Man Of The Year) [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする