スピード [DVD]

  • 174人登録
  • 3.90評価
    • (29)
    • (32)
    • (34)
    • (1)
    • (1)
  • 28レビュー
監督 : ヤン・デ・ボン 
出演 : キアヌ・リーブス  デニス・ホッパー  サンドラ・ブロック 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142697028

スピード [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2を観ると本編の主人公が実はキアヌじゃないことが分かります。

  • 「」


    ロサンゼルスの高層ビルのエレベーターが爆発し、10数名が宙づり状態のまま閉じ込められた。脅迫電話が警察に入り、要求に応じなければケーブルを爆破し乗客を皆殺しにするという。
    ロス警察SWAT隊の若き行動派、ジャック(キアヌ・リーヴス)は、パートナーのハリー(ジェフ・ダニエルズ)と共に全員を救出した。彼はビルに潜んでいた犯人のハワード(デニス・ホッパー)と対峙するが、惜しくも逃げられる。
    数日後、ハワードは電話でジャックに「この前の仕返しに、市バスに爆弾を仕掛けた。時速80キロ以下に落とすと自動的に爆発する」と告げ、身代金を要求した。
    ジャックは15名の乗客を乗せて走るバスを追い、飛び乗った。重傷を負った運転手の代わりにアニー(サンドラ・ブロック)という若い女性がハンドルを握る。ロス市警が見守る中、バスはハイウェイを走り続けた。ジャックからの連絡で、起爆装置の腕時計が退職警官に贈られる物であることを知ったハリーは、当該リストから犯人を割り出した。やがて15メートルほどのハイウェイの未完部分に出くわすが、決死の空中大ジャンプで奇跡的に着陸に成功。
    ジャックは空港内の滑走路に入り、車内をビデオカメラで監視していた犯人のハワードをトリックで欺く。その隙にSWATと協力して乗客を救出すると、残ったアニーと共にバスから脱出する。そうとは知らぬハワードは身代金の受け渡し場所に現われ、金を奪って逃げる。ハワードは居合わせたアニーをさらい、走る地下鉄の列車に逃げ込む。
    ジャックも後を追って犯人を倒すが、2人は爆走する車内に閉じ込められて絶体絶命。暴走列車はついに地上に飛び出したが、2人は無事だった。

  • 終わった…と見せかけて、実はまだ終わりじゃない!なんていう映画はスピードが初めてだったので、かなり衝撃でした。緊張しながら見れた作品。

  • 宇佐、カナダ、バンクーバーなどを舞台とした作品です。

  • 90点 
    高い完成度のアクションサスペンスの傑作。アイデアが豊富で中弛みが全く無い。

  • 何年経っても、何回観ても楽しめる映画。
    スピードの落とせないバスからの脱出劇も、映画を観る度に思い出しスッキリします。
    アクション映画は、どの映画も似たり寄ったりで、いつも記憶があやふや・・・
    なので、この映画のことは、
    「エレベーター、バス、地下鉄の爆弾事件」
    として記憶しておこう。

  • ワイルドキャッツ!!

  • 何回見てもハラハラする
    キアヌ・リーブスもこの時はカッコ良かったしサンドラ・ブロックも綺麗だったね

  • アクション映画の代名詞と言っても過言ではないスピードです。実はこの頃からキアヌ・リーブスは救世主として活躍していました。今は亡きデニス・ホッパー演じる悪役がいい味出してます。サンドラ・ブロックがうるさいのは仕様です。とにかく一息つく暇もなく楽しませてくれるので、この際2のクソっぷりには目をつぶりましょう。

  • よく髪を切りにに行って、希望を言うのがいつも決まって同じ俳優さんの髪型をリクエストするのですが、生え際が違うから無理と…やっぱりそうなんでしょうね~長年見てきてる彼が言うんだから…でも一度はしてみたいんだよね~キアヌ・リーブスwww

    「スピード」

    あれは何度見ても格好いい!短髪似合うし精悍な顔つきに男らしさにもぉ~男の俺でもいいと思うわ~

    作品はテンポよく進むアクション系ではあるが、共演がサンドラ・ブロックに悪役にデニス・ホッパーを迎えているので奥が深い!

    デニス・ホッパーの悪役ぶりは本当に上手いですよね~他のいろんな作品の悪役がこそ泥程度にしか見えなくなっちゃいますね~www

全28件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

スピード [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

スピード [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする