ノクターン/カンパニュラの恋

  • 14人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
アーティスト : 平原綾香 
  • DREAMUSIC( C)(M) (2008年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4582114155068

ノクターン/カンパニュラの恋の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドラマ『風のガーデン』の主題歌。

    平原綾香さんの歌の中でも、一番に好きな曲です。透き通った、儚さを伺える、なんて知ったかのように書いてしまいましたが、一番感想としてしっくりくるのは、彼女の歌は、音楽に『殺されていない』こと。

    うーん、自分でも書いててよく分かりません。流行りの歌とかも聴いていることは聴いているです。CMとか、YouTubeとかで。でも、結局「流行りだから話のタネに押さえておこう」という程度の心境でしか聴いていないため、カラオケとかで歌っても、そんなに自分の中で印象に残っているものじゃない。「まぁ、それだけの歌だってことだ」で終わって、それっきり。
    音楽業界だって生き残りをかけているんですもの。商業主義的な音楽でも、売れればそれでいいんでしょうけれど。しかし、素人感覚ですが、歌い手としては「それを歌いたい」という願いが込められているのではなく、「売るために歌わされている」という風に感じ取ってしまう。そうやって、浮いては消え、浮いては消えていったアーティストなんて、五万といるだろう。そして、「歌いたい」という願いが通じず、「歌わされている」ことに苦悩を感じるアーティストも。

    彼女の歌が、「歌いたい」という願いと、幸いにも「売れている」ことに繋がっている希有な例の一つではないでしょうか。彼女には、歌えの愛も畏敬の念もある。だからこそ、余計な音は要らない。シンプルに、自分の声を乗せることが出来、そしてそれが人を惹き付けて止まない。
    こういう歌に出会えたことも、一つの幸せなのかもしれません。自分の心と身体を落ち着かせたい時、耳にはこの高く低く妙なる声が響きます。

  • 。。。。。予定

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする