ピザ男の異常な愛情 特別版 [DVD]

  • 27人登録
  • 2.19評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (5)
    • (4)
  • 8レビュー
監督 : トニー・クランツ 
出演 : ダニエル・スターン  アシュリー・ジョンソン  ボスティン・クリストファー  ジャレッド・クスニッツ  イリーナ・ダグラス 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2008年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135710161

ピザ男の異常な愛情 特別版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ノリやらテイストはコメディだけど、この丁寧さはA級映画!
    もう最高!!

    監禁拷問殺人、いつもいつも少女が犠牲になる。
    悲鳴をあげ泣き叫びながら。
    映画だから?
    映画だからこそ!吐き気がする。

    そんな残酷映画へのアンチテーゼ!
    気持ち悪い犯人を心底気持ち悪く表現して、
    被害者の嫌悪感をきちんと描いてる。
    死をもって償わせる母親の怒り、泣いちゃってたよとそこで妥当性を訴える父親、キチンと労りの声をかけることの出来る弟。
    無能なFBI、誰が為かわかっていないニュースキャスター
    気持ち悪い悪いと、なぜそうならざるおえなかったのか。犯人に対しても丁寧。
    濡れ衣着せられた人も元はといえば。なので、観ていて全然心が痛まない。


    女が「犠牲者」ってものじゃなく、ちゃんと生きて感情をもって描かれてる。
    娘もお母さんも悔しさや怒りを踏みにじられてなくて本当に希有な映画!!!
    普段どれだけ女性描写が雑なもの観てるか、そのストレスを感じてないと笑えない作品だろう。
    逆に、普段そこに違和感やしんどさを抱えてる人には是非オススメのすっきり映画です。

  • 典型的なお前は何をしたかったんだ映画。

    前半の猟奇的なシリアスを棒に振る後半のブラックコメディっぽいクソみたいな脚本。

    ホッチキスがほんとうにうざったいキャラになってたのだけは拍手をしたいが、ウザったいキャラのまま何もせず終わったのでこれもクソ。

    何のために作ったのか?誰にどう何を見せたくて作ったのかが本当にわからない。

    オーティスの、青春を取り戻したいんだろうな、と思わせるところはよかったのにそれが全然いかされてないというかほんとうになんだったのかよくわからない。

    後半のあの展開にするなら前半であたまおかしい家族の姿を出しておくべきというか前半後半で別な映画なのでどこを直せばいいとかそういうのがもう考えられない。

    家族が報復するけど人違いだった、というおもしろ()ネタを思いついちゃってそこだけ描こうとしただけ。

  • OTIS

  • 題名がおかしい。ピザ男よりも東や家族の方が異常だって。

  • 期待はずれ
    てか、あの捜査官・・・・

  • アホアホ映画です。ストーリーも展開も結末もかなりひどいです。くだらない映画ファンにはオススメです。

  • 正直、煽り文句に騙された感があります。

    ローソン一家が非日常的で面白かったです。特にママン。
    捜査官のホッチキスは見事にイライラさせる役でよかったです。

    拷問系ポルノの風刺なのでちょっとグロい。

全8件中 1 - 8件を表示

ピザ男の異常な愛情 特別版 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする