風のクロマ (初回限定盤)(DVD付)

  • 107人登録
  • 3.86評価
    • (14)
    • (10)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
アーティスト : レミオロメン 
  • ビクターエンタテインメント (2008年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988002560004

風のクロマ (初回限定盤)(DVD付)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アルバム通して新しい道(世界)が拓かれていく感じ♪
    彼らの初期の虚無感みたいなものはかなり薄れてきた印象。藤巻さん自身が何かふっきれたのかしら!?などと思わず考えてしまった。

    ところどころ、言う(言われる)方も思わずテレてしまいそうな歌詞も出てくるが、メロディの中でさらりと歌われているので、甘ったるさは特になかった。

    2012年から活動休止されているが、またレミオサウンドが聴ける日がくるといいなー。

  • レミオロメン

    01:翼
    02:オーケストラ
    03:ランデブータンデム
    04:リズム
    05:透明
    06:蛍
    07:青春の光
    08:RUN
    09:星取り
    10:もっと遠くへ
    11:Merry go round
    12:茜空
    13:Wonderful & Beautiful
    14:幸せのカタチ
    15:花火

  • あれ?レミオってこんなに優等生だったっけ?という印象。

    "モラトリアム"を聴いたときに感じた衝撃は無かったかなぁ。
    やっぱり小林武史がサウンドプロデューサーに就いてから、
    ストリングスやキーボードを多用する音造りに変わって、
    表現の幅は拡がったけど、武骨なロックバンドとしての表面は、
    削り取られてしまったなぁと。

    多くの人に聴いて貰えるようなアプローチをする事は善いかもしれないけど、
    レミオロメンというバンドにそういうポップさを求めているかと言えば、
    ちょっと違うかなぁと思ってしまいます。

  • 「花火」

  • レミオロメンのアルバムで一番好き!
    癒される。幸せのカタチまっじ良い!

  • 今までのアルバム以上に、『前向きに進もう』というメッセージを感じました。
    ツアーにも行ってみて、さらに実感!!

    著しい変化。
    それは受け取り手によって、是とも非ともなるものだけれど、
    それが彼らの魅力だと思います。

    どんどん、メッセージ性が強くなってきてる気がする。
    『分かってほしい』から『伝えたい』への変化かな~、なんて、勝手に思ってます。

    逃げ出してしまえば
    帰る場所はないけど
    行き止まりまでいけば
    戻ると進むは同じ

    お守りのように、大事に大事に握って生きていきます。

    今夜 君とともに 笑って笑って笑って笑う

  • 半透明の色紙が空に舞ってる感じ。

  • 「幸せのカタチ」大好き。

  • ものすごい名盤だ・・・!! あたしはきっと何年、何十年先もこのアルバムを聴き続けると思う。

  • 1曲目のイントロから引きずり込まれる感覚になって、聴いてて気持ちよい。
    「蛍」はアルバムの中の1曲として聴くとなぜだか存在感が半端ない。
    シングルで聴いた時はそうでもなかったのにな〜不思議。
    HORIZONより好きなアルバム。

全19件中 1 - 10件を表示

風のクロマ (初回限定盤)(DVD付)はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

風のクロマ (初回限定盤)(DVD付)を本棚に登録しているひと

風のクロマ (初回限定盤)(DVD付)を本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

風のクロマ (初回限定盤)(DVD付)を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

風のクロマ (初回限定盤)(DVD付)を本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする