バック・トゥ・ザ・フューチャー (ユニバーサル思い出の復刻版DVD)

  • 54人登録
  • 4.20評価
    • (22)
    • (5)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
監督 : ロバート・ゼメキス 
出演 : マイケル・J・フォックス  クリストファー・ロイド  リー・トンプソン  クリスピン・グローヴァー  トーマス・F・ウィルソン 
  • ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2008年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571264911082

バック・トゥ・ザ・フューチャー (ユニバーサル思い出の復刻版DVD)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • @早稲田松竹

    ハラハラドキドキするアメリカ映画。
    85年作だけど、いつ見ても面白い。
    他の2つも見たい!

    2013.3

  • いつみても面白いよねー。ちゃんとエンターテイメントしてる映画。特にこの思い出シリーズは吹き替えが新旧入ってるから尚良し。やっぱ三ツ矢雄二だよね(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。)

    何も考えずに楽しめるけど、色々考えてみてもまた違った楽しみ方ができる。

  • 「あいつがいてくれたから、俺たちは恋をすることができたんだよ」
    このセリフにこの話の全部があるんじゃないか、と思っています。

    つまり、敵だと思っていた人、古いと思っていた人、
    自分とは正反対の価値観を持っていたはずの人、
    軽蔑していた人、たいしたことないと思っていた人、
    (それは自分自身だったりもするわけなのですが)
    そういう人たちの違う側面を発見して、理解して和解してゆく、
    そういう話なのだと思います。

    「君にはこんな不安、わからないだろ?」
    「いや、よくわかるよ」
    「未来を変えちゃいけないんでしょ?」
    「固いこと言うなよ」
    つまり登場人物たちが手に入れたのは「成功」ではなくて
    「理解」なんじゃないかと思うのです。

    世間一般では「笑える映画」「面白い映画」ということになっていて、
    わたしもそう思いますが、同時にこれほど
    「泣ける映画」「心あたたまる映画」を、私はほかに知らないのです。
    まだきちんと語られていないことがたくさんある映画だと思います。

  • *Back to the Future
    *1985
    *The United States

    *ふとしたきっかけで過去に戻り、両親の青春時代に巻きこまれた少年の冒険譚(〃)

  • ちょっと昔のアメリカっぽさ全開で好きです。ストーリーは王道だけどそれゆえに、というか普通に面白いです。笑ってハラハラしてまさにエンターテイメントって感じですねー。

  • 2009.5
    久しぶりに観たくなって。
    もう20年以上も前の作品なんだけど、
    アメリカ映画の基本というか、わかりやすくて安心感があって、いいです、好きです。
    小さな勇気の積み重ねが人生なんだなぁと、
    当たり前のようで日々忘れてしまうことを思い出した。

  • どれだけこのDVDが出るのを待ち望んだ事か!!

    初めてバック・トゥ・ザ・フューチャーのDVDが
    出たのは、たぶん6〜7年前。当然買ったけど、
    吹替がビデオ版(マーティ=山寺宏一、ドク=青野武)で、
    正直がっかりした。

    何故ならば、やっぱり1番しっくりくるのは、
     マーティ=三ツ矢雄二、ドク=穂積隆信 だからだ!!

    私は「日曜洋画劇場」で放送された
    このバージョンをVHSに録画して何百回見たことか!!

    ジャッキー=石丸博也 が当然なように、

    マーティ=三ツ矢雄二 以外ありえない!!

    で、この度ユーザーの熱いリクエストに答えて
    「思い出の復刻版DVD」シリーズなるものが登場。
    今までのディスクにTV放送版のディスクがついた
    バージョンが遂に発売された。

    しかし「思い出の」などといいながら、あくまで
    このTV版はオマケ扱い的で、
    ホントにTV放送のマスターテープを只DVDに
    焼いただけなのだ。だからメニュー画面はおろか、
    チャプターリストすらない。

    この地デジだハイビジョンだ高画質だ!とTVが
    進化してる世の中に「4:3」でしかもモノラル音声、
    画面も昔撮ったビデオ並の粗い画質……。

    でも比べてみてほしい。
    断然このTV放映版の方が
    見やすい(感情移入しやすい)事がわかるはず!!
    むしろ字幕オリジナル音声よりも見やすいと思う。

    てな訳で最後に、TV放映版の方が声優もさる事ながら
    翻訳が素晴らしいという所を、ラストのセリフで、

    「道路だと?これからいくとこにゃ そんなものなど いらんのだよ」(ビデオ版)

    「道だぁ?未来にそんなものなど 必要ない」(TV放映版)

    実際に声に出して読んでもらえれば、
    どちらが言いやすく、自然なセリフか判るはず。

    また悪名高き「織田裕二、三宅裕司」のWユージ版しか
    知らない人は是非!!

  • 再鑑賞

  • 最初のネタふり、展開、すべてがパーフェクト!!!無駄なエピソードが全くないすんばらしい映画!
    マーティの(必死の)行動が過去の人々にいろんな影響を及ぼしていき(それも皆痛快なよい影響)でもそれぞれ最後は自分で決断していく。
    最後の最後までハラハラドキドキしっぱなしで文句なしで楽しい!!
    しかしまぁもう25年も前の映画なんですねぇ
    映画の中でブラウン博士が「25年後に行く!」ていうてましたが今じゃん!!
    しかし30年後に車が飛ぶとは思えないけど。笑

  • 後で

全12件中 1 - 10件を表示

バック・トゥ・ザ・フューチャー (ユニバーサル思い出の復刻版DVD)はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

バック・トゥ・ザ・フューチャー (ユニバーサル思い出の復刻版DVD)を本棚に登録しているひと

ツイートする