地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]

  • 466人登録
  • 2.33評価
    • (5)
    • (19)
    • (82)
    • (108)
    • (48)
  • 118レビュー
監督 : スコット・デリクソン 
出演 : キアヌ・リーブス  ジェニファー・コネリー  ジェイデン・スミス  キャシー・ベイツ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142738929

地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 伝えたい事が響いて来ない。

    同名タイトルのリメイク作品。キアヌ・リーブス主演。

    地球を救うべく宇宙から使者がやってきて地球に害をもたらしてきた人類を滅亡させる。人類が生き残る術はあるのだろうか。

    友人三人と鑑賞し、帰りはこの作品に触れる事はなく帰宅しました。
    ただ、ひたすら絶句してしまった。

    こんなに筋の通らないストーリーがあっていいのか。
    御都合主義な設定、展開。これには多少、強引でも独特の世界観を構成する為には必要だったのだ。と何とか納得。

    結局、納得いかなかったのは、何がそうさせたのか。その行動に起因する要素が一切見当たらない。
    取り扱っている内容は実は現実的。人類が生きていく上で考えなければならない必要不可欠な要素。人類の存在価値そのもの。
    人類を排除するのが地球に取って一番適切であるか。その問いかけを題材にしているにも関わらず、適当な理由をつけて答えを示す事ができないのならば、そもそも取り上げるべきではない。

    結論として、物語はどうなったか。というのは観ればいい事として、映画としてその問いかけに答えを見出だしておらず、うやむや。
    映画や小説といった世界でぐらい、無理にでも結論を捻り出すべきではないか。そう感じた作品。

     エゴだのなんだのって難しい話は知識のない私にはわかりませんが、何も伝わって来ない映画でした。

    映像は比較的綺麗。無機質なロボットのようなものは中々いい動きをしてました。
    ゲーム『マザー2』の宿敵「スターマン」を思い出しました。もしかしたら原作の方のイメージを採用しているのかも?目からビームはロマンです!

  • 世界中に球体で乗り付けて来て、巨人まで引き連れておきながら、中から現れた地球調査官は先に潜入していた調査官に会う為に車で移動するあたりでスケールのしぼみ具合に萎えた。
    先に潜入していた調査官が永らくコンタクトを取らなかった事により、地球に対して人類消去プランを実行すべきか否かをキアヌ演じるクラトゥがファミレスにて直接報告を聞き取りますが、冒頭にてアレだけの科学技術を見せつけておきながら調査官とコンタクトが取れなくなった時の対応策もなく直接御足労と言うアナログさよ。
    しかも、報告受け取るも何も、あれだけの規模で押しかけておいて、調査官の報告如何でこの後の処置が決まりますとかないですよね、最初からノア計画実行する気満々ですよね。

    人間が変わらなければと幾度となく述べながら、主人公と子どもとクラトゥの間ばかりで展開して来た流れでは、果たして人間全体が変わって行けるのかが描かれていない気がする。

    たまたま地球で出会った母子を見て調査官が計画中座させるってさ…。

  • 宇宙から地球にものすごデカい球体がやってきまして、それが地球を滅亡へ導こうとするんだが「さあ一生懸命阻止するぞ!」と地球人が頑張る話。
    一言でいうとそれで済んでしまう…キアヌだから最後まで見れたなという…
    スケールのデカい話のわりにはあっさりした幕引きなので「エッもう終わり…?」と目が点になりました…
    しかしほとんど感情の起伏がなくて、表情もほとんど変えないっていう役柄を自然な感じにこなしてるキアヌはやはりすごいなと感じました。

  • ウィル・スミスの子供ってすぐ分かった~!
    子供の時はやはり可愛い。

  • ノアの箱舟実行委員会の調査官キアヌリーブスに、俺たち変われるから!と懇願して人間根絶を阻止する話。

  • 宇宙人キアヌリーブスの無表情とウィルスミスの息子の可愛さを観るだけの映画。溢れ出るB級感がたまらないですが、いいんです。もちろんアメリカ主導だし、武力で物を言わそうとします。家庭も複雑です。でも地球は滅ばないし、愛は勝つので安心して観れます。

  • 【ストーリー】
    ある日、地球に光輝く球体が飛来してきた。そこから、現れたのは人間とそっくり同じ姿形をした、クラトゥと名乗る人物だった。
    政府の要請を受けた、地球外生命体を研究している女性科学者が彼から地球へ来た目的を探り出そうとする。
    クラトゥはアメリカ政府の国防長官との対話から、ある決断を下し、実行に映す。
    【感想】
    うーん。そこそこ、かな。
    環境問題への警告をメッセージとして入れた映画のようだ。
    ただ、最後にクラトゥの決断を変える部分がちょっと薄っぺらいように、感じた。そんなんで、決断を変えるなら、最初から決断するなよとは思った。
    また、この手の映画にありがちな、その後、どうなるのみたいな部分は全く描かれていない。
    妙にエピローグを付けるほうが、わざとらしくなるのかもしれないが。

  • リターナーを観たあとだったので少し話がごっちゃになっています。定期的にアメリカでも日本でも地球外生命に攻撃される映画が製作されることが興味深く、そのとき地球上に住む人の欲望はどこかオレが!オレが!に向かっており、誰かのおかげおかげで生きていくの気持ちが欠落しているような気がしました。その隙を狙って、宇宙から地球に猛攻撃を仕掛けると地球は一気に総崩れ。地球上に生活する人びとの欲望は調和が大切だと気付く映画でした。

  • これが仮にキアヌリーブスじゃなくて日本ではさほど人気のない俳優が主演してて宣伝にもお金をかけてないB級映画だったらここまで低評価にはならなかっただろうなという気はしている
    (キアヌリーブスが悪いという意味ではない)
    確かに表現のほうばかりこだわって中身が薄っぺらくなっている感は否めないけど。

  • The day the earth stood still
    『地球の静止する日』のリメイク作品。

    ウィルスミスの息子がなぜか出演。

全118件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする