アメリ [Blu-ray]

  • 45人登録
  • 4.20評価
    • (8)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : ジャン=ピエール・ジュネ 
出演 : マチュー・カソヴィッツ  オドレイ・トトゥ  ヨランド・モロー 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2008年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462052636

アメリ [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 痛い子とも取れるアメリだけどオドレイ・トトゥが演じると『可愛い』ってなるのかな?
    目が可愛いし肌が綺麗
    内容は普通の映画とは違うところが独特で良かったけどいまいちよくわからなかった部分も…というか内容が薄いというか
    なんでそこまで人気があるのか男の俺にはわからない

    ●ストーリー●
    『デリカテッセン』『ロスト・チルドレン』で知られるジャン=ピエール・ジュネ監督が、モンマルトルの街で夢見がちに生きる若い女性の軽やかな日常を描いた、ポップなヒロイン・ムービー。
    22歳のアメリ(オドレイ・トトゥ)は、ある日“他人を幸福にする喜び”に目覚めて密かな悪戯にひたっていくが、やがてひとりの青年に恋したことで、メルヘンの世界から現実へ踏み出す必要へと迫られていく…。
    どこかお人好しでお節介、そのくせ自分からはなかなか翔び立てない小悪魔アメリのキュートな可愛らしさは、特に若い女性客に好感と共感を持って受け入れられた。遊び心たっぷりの映像と音の演出も小粋で楽しい。フランス本国、そして日本でも驚異的大ヒットを記録し、「観た人を幸せにする映画」という監督自身の弁を見事に裏付けることにもなった快作である。

  • 空気感が大好き

  • ボルドー、フランスなどを舞台とした作品です。

  • お話の筋自体はありきたりなラブストーリーだと思うけど、映像・演出やみんなの表情・キャラクターなど細かい部分が色鮮やかで、その一連を何度でも見たくなる映画。

  • かわいくてコミカルで、美しい映画。橋を渡るシーンが好き。

  • これはラブストーリー?と思わせる展開で最初は何か入り込めんだけど、途中からアメリの行動でだんだんラブストーリー的な展開になってきて…最後はベッドの中のアメリの表情が何とも可愛らしかった♪

  • とにかく、かわいーい。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アメリ [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アメリ [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする