ピーターパン [DVD]

  • 23人登録
  • 3.42評価
    • (3)
    • (3)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
監督 : P.J.ホーガン 
出演 : ジェイソン・アイザックス  オリビア・ウィリアムズ  ジェレミー・サンプター 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2008年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462053022

ピーターパン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パフューム(2006)の女性がいらっしゃった
    あとジェイソン・アイザックスさん

  • この男の子
    最高でした♪

  • あのピーターパンが実写化されてしまうなんて・・・
    完全に美しい想像の世界が壊されてしまうにちがいないと、
    怖いものみたさで見たところ、
    ・・・・・

    なんと!ちゃんと目の前にあのピーターがいた。
    嬉しい驚き!

    原作の素晴らしさ、あらゆる子供たちの美しいイマジネーションは
    壊されないどころか、ネバーランドへの旅立ちの日が早まりそう。

    やっぱり「ピーターパン」は永遠の名作です。

  • 美少年好きに勧めたい作品w
    ほんと、可愛いんですよ!

    内容は、取り立てていうことはないです。
    ピーターパンです。そんだけ。

    キラキラした世界と、初々しいカップル眺めてるだけでも割と楽しめるのではないかと。

  • 主役がかっこよすぎて何度も何度も見てしまった。これまた現実逃避したい時にはオススメのファンタジー作品です。

  • ピーターパンとウェンディがかんわいい!!
    あの子供と少年の間という刹那的な美しさが存分に発揮されていてドキドキしました。
    美しい幻想的な映像とその中でそれぞれ大人になってゆく子供たち、大人になることを選んだウェンディとそれでも永遠の子供でいることを選んだピーターパン、二人の別れがものすごく切なかった。それぞれの道を選んだ二人は立派に大人だったと思います。悲しいから行かないで!ではなく、互いの気持ちを尊重しつつ別れを選ぶのってなかなかできませんよね…
    すごくジンときました。
    大人になったウェンディがその子供たちそして孫へとピーターパンのお話を聞かせてゆく…それもまた愛の形なのね…

  • ピーターパンの話は大好きだったけど、今になると、あれ?こんなに泣けそうになってしまう話だったっけな?と、違う視点から見れました。他の人が知ることができない喜びを知るピータパン。でもかれは愛の喜びだけは知ることはできない。それは彼が永遠に子供だから。「ずっと子供でいたい」ということよりも、「大人になること」の真意が隠れているストーリーだったのだと、初めて気付きました。大人になるのは寂しいことではないんだ、っていう風に初めて見れた。大人になったからかな。

全8件中 1 - 8件を表示

ピーターパン [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする