モンテーニュ通りのカフェ [DVD]

  • 340人登録
  • 3.58評価
    • (33)
    • (49)
    • (78)
    • (7)
    • (4)
  • 58レビュー
監督 : ダニエル・トンプソン 
出演 : ヴァレリー・ルメルシエ  セシル・ド・フランス  アルベール・デュポンテル  クロード・ブラッスール  クリストファー・トンプソン 
制作 : クリスティーヌ・ゴズラン 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2008年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427642010

モンテーニュ通りのカフェ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • セレブな街、パリ8区のモンテーニュ通り。
    田舎からやってきた女性のジェシカは運良くカフェの
    名店カフェ・ド・テアトルで働くことになる。
    そんな彼女の前では満たされない思いを抱えたままコ
    ンサートを迎える著者ピアニスト、生涯のオークショ
    ンに懸けようとする初老の資産家、舞台の初日を目前
    にして苛立ちをつのらせる女優といった面々が繰り広
    な人生の一瞬を切り取っていく様子を描いています。
    パリに実在する名門カフェを舞台に店に集う人々の人
    生を繰り広げる様々な人生模様を軽妙な会話劇で描い
    ています。
    一度でいいからパリに行ってこんな素敵なカフェでお
    茶を楽しみたいと思いました。

  • 主人公のジェシカは両親を早くになくし、おばあちゃんと仲良しの女の子。
    そのジェシカがパリのカフェで様々な人たちと出会う。
    なんだかほんわーか心があったまるお話でした。
    胸に衝撃を受ける話ではないけれど、心にそっと刻まれるお話。
    ジェシカは最後に良い恋を見つけられて、その姿にもほんわかできて、なんだか幸せな気持ちになりました。

    最後におばあちゃんの言葉で「恐れずに前に一歩踏み出すこと。それで私の人生は輝いたのよ。」と語りかけられます。
    一番心に響きました。

    明日も頑張ろう、と思える映画でした。
    観て良かった!!

  • 群像劇。ショートカットの主人公が可愛い。
    今までの人生のうだうだとか小さな後悔とか、
    あるからこそ人生は楽しいのかも。

    不満足と幸福。
    相反するようで、つながっている。

    自分の心に素直に、感じて、表して、
    そんなふうに自然に歩いていたら
    小さな幸福にめぐりあえるかも。

    原題"Fauteuils d'orchestre"

  • おばあちゃんのセリフ。
    そして、フレデリック?に電話がかかって来た時の、
    ジェシカのセリフ。

    心に残りました。

    難しいことを考えずに、
    ふんわりとみれました。

  • わー、パリの街ってオシャレー。それ以外何の感想もない。それでも強いてあげれば、何処の馬の骨ともわからない娘をせっかく雇ってくれた店長に向かって「あなたは優しくしてくれなかった」という理由で辞めますってのはどういうことか。

  • お金がないとパリって生きづらいんだとか、男って世界中でマザコンなのだなとか、軽率という言葉が似合わない国がフランスなのだなとか、色々参考に。昼ドラ人気女優演者好きだー!

  • セシルドフランスかわええ‥。


    愛人も。この人愛人役でよく出てくるな‥

  • そんなに

  • お洒落なフランス映画。
    パッとする明るさや楽しさは無いけれど、大人な雰囲気でしっとり観れる。
    風景や音楽、ひっくるめて素敵な作品。
    こんなカフェと出会いに、思わずパリに行きたくなる。

    人生は人それぞれ。
    あなたは幸運な人?

  • セシルどフランスがめちゃ可愛い。スパニッシュアパートメントの時と全然違う雰囲気。
    カフェでの映画監督と女優のボーヴォワール論の展開がとても好き。

全58件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

モンテーニュ通りのカフェ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

モンテーニュ通りのカフェ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする