今日も僕は殺される デラックス版 [DVD]

  • 91人登録
  • 2.32評価
    • (0)
    • (4)
    • (21)
    • (20)
    • (11)
  • 24レビュー
監督 : ダリオ・ピアナ 
出演 : マイク・ヴォーゲル  クリスティーナ・コール  ジェイミー・マーレイ 
  • ジェネオン エンタテインメント (2008年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102569839

今日も僕は殺される デラックス版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もうちょっとなんとかならんかったのかぁ~★

    「毎日殺される」という発想はいいのにもったいないなぁ~、

    殺されるたび別の世界が始まる・・・って斬新だ、
    わくわくして観始めたのに途中から舌打ちしてしまった。

    脚本家が悪いのか、監督が悪いのか?

    あたしが悪いのかな?

  • (ネタバレ)いかにもラノベっぽいタイトルに、いい意味で騙されましたな。途中までは不条理なタイムリープものとか、そういうのを想像しておりましたが、なんと死神ものであったとは。

  • 殺されとけ

  • タイトルだけは抜群に好き!タイトルと内容がイマイチ合わないのと、設定に対するバッググラウンドが緩くてどうにも楽しむことが出来ませんでした。要素を取り込みすぎないでダークヒーローものとして撮ったら、分かりやすかったし説明もしやすかったのかなと思いました。面白くなる要素はあるので、すごくおしい!

  • サイコものを期待したのにがっかり。

    「恐怖」を手に入れるために殺人する敵?
    仲間に引き戻すために
    いろんな世界で生き返させる意味が不明。

    結局殺そうとするなら最初からやろう。
    いらいらつまらない。

  • 途中からマトリックスのパロディ映画見てるきもちになった

  • 殺されるたび違うシチュエーション


    なんというか
    残念だった( ´ ▽ ` )ノ 

    バックグラウンドがいまいちわからんちん

  • うんと残酷になったモンスターズインクのような。色々と肝心の過程が描写不足で勿体無く感じられつつも、メディアのおっかなさについつい引き込まれてしまった。怖い怖い。

  • わけわからん。

  • 内容はタイトルの通り。

    夢なのか、現実なのか、何者かに追われ、殺される。
    目覚めると、また違う設定の『日常』を過ごしていて、違う方法で殺され、幾度も繰り返し、永遠と続くのである。

    最初は斬新な設定で面白いと思ったが、途中からアレアレ…?
    方向性が変わってくる。
    B級映画のにおいが…?
    う〜ん…。

    始まりの発想は良かったのに、残念。

全24件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

今日も僕は殺される デラックス版 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

今日も僕は殺される デラックス版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする