ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 スタンダード・エディション [DVD]

  • 150人登録
  • 2.83評価
    • (1)
    • (9)
    • (51)
    • (19)
    • (3)
  • 26レビュー
監督 : 本木克英 
出演 : ウエンツ瑛士  北乃きい  田中麗奈  大泉 洋  田の中 勇 
  • ポニーキャニオン (2011年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632502207

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作よりもインパクトがなかった気がします。
    でも子供は喜んで見てたし、まあ普通かな。
    砂かけババアの入浴シーンだけ印象に残ってます(笑)

  • ネズミ男が最強なのかな。

  • 役者と役柄がミスマッチ、ぴったりはまってるのは寛平ちゃんくらい。思いの外緒形拳がカッコよかった。
    学芸会を見ているような楽しさはあった。

  • あの髪色がしっくりくるウエンツ素敵

  • 映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』
    原作漫画:『ゲゲゲの鬼太郎』(水木しげる)

    監督:
    本木克英

    脚本:
    沢村光彦

    出演:
    ウエンツ瑛士(鬼太郎)
    田中麗奈(猫娘)
    大泉洋(ねずみ男)、
    京極夏彦(鬼道衆頭目)

  • 配役、美術に助けられてる映画です。脚本やセリフは平平凡凡すぎて語るところなし。

    現代を歩いていても違和感のないくらいに練られた妖怪たちの衣装とか、猫娘役田中麗奈の好演とか、中村中の主題歌とか、しょこたんとか星野あきとか、見どころはありましたけど。

    全体的に浅い映画なのは否めない、のかなあ。
    中途半端なCGのせいで、役者の演技がぶれてる気がするのも、そう感じる原因の一つなのかも。

    特にゲゲゲの鬼太郎に思い入れのない人にとっては、眠くなるレベルの映画なのでは。

  • 2008年 映画館

  • のだめカンタービレの実写のできが思いのほかよかったので、
    アニメの実写版をみようという気になります。

    本作品にも、のだめに出た俳優がいます。
    テレビのときは、なんだかなと思う人も、
    映画になるとちゃんとした仕事をしているので驚きです。

    監督、スタッフの支えがあると、よい作品ができるのだということが分かりました。
    ゲゲゲの鬼太郎のファンなので、よくがんばったとほめてあげたい。

  • 鬼太郎の実写版第二弾。
    前作よりもオカルトな要素が少し強まっていました。
    個人的にはコッチの方が好き~
    でも、やっぱり原作やアニメを考えちゃう人にはオススメできないかも。

  • 解説:

    漫画家・水木しげるの同名コミックを、ウエンツ瑛士を主演に迎え実写映画化した『ゲゲゲの鬼太郎』の続編。

    若い女性の失踪事件と、1000年前に起きた妖怪と人間の許されざる恋を絡め、エモーショナルなドラマが展開。

    主要キャストが前作から続投するほか、ヒロインを北乃きい、人気妖怪ぬらりひょんを緒形拳、敵の妖怪夜叉を韓流のスター、ソ・ジソブが妙演。

    大規模なロケで実現した壮大なスケールの鬼太郎ワールドに期待。

    雨の降る丑三つ時に“かごめ歌”を聞いた女性が失踪する事件が続発し、鬼太郎(ウエンツ瑛士)は、その事件に巻き込まれた女子高生・楓(北乃きい)とともに謎の解明に乗り出す。

    やがて、2人は、その原因が千年の時を経てよみがえった悪霊であることを突き止めるが、その背景には妖怪と人間との悲しい恋物語があった。

全26件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 スタンダード・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする