ソウ [DVD]

  • 369人登録
  • 3.93評価
    • (82)
    • (73)
    • (73)
    • (10)
    • (2)
  • 71レビュー
監督 : ジェームズ・ワン 
出演 : ケアリー・エルウェズ  ダニー・グローヴァー  モニカ・ポッター  リー・ワネル 
  • 角川エンタテインメント (2008年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126206246

ソウ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2018年2本目。何というか、最後の犯人登場のシーンで「ああ、なるほど」とすべてわかる仕掛け。最初から「犯人のジグソウの正体は誰だ?」という謎が見ていて頭をよぎる。最後で意外な所から犯人が出てきて非常に驚く。いや、これは面白いわと感心した。感想はこんなところです。

  • 顔まっさおのお医者さんに笑てもた。オモチロイ。

  • 先の見えないジェットコースター的展開と想像力を喚起させる残酷描写で終始肩に力が入り、鑑賞後は疲労困憊でした。説明不足という意見もありますが、多重解釈の出来る奥深いストーリーで面白かったです。低予算なのに安っぽさがなく良く出来た映画だと思いました。

  • Lets play a game

    浴槽に男2人と死体1体。

    最強に頭使ってげーげーいう映画!好き!
    でもシリーズじゃなくてもよかったかなとも思う。

  • ラストに口あんぐり。そんなのありなの!? と思ったけど、その事実を考慮して思い返すとぞわぞわする。
    いやー、度胆抜かれた。
    登場人物全員にツッコミどころがあったけどラストで帳消しにする。

  • SAWシリーズは全部観ましたが、この作品が一番面白いです。
    後はどんどんつまらなくなって、ただグロいのが増すだけなので・・・

  • 最後のどんでん返しは単なるスプラッター映画ではないな。と思わせるものだったが、2以降は残虐的な描写中心になってしまって残念・・・

  • レンタル
    ジグソウ,元気すぎ

  • 「どの断片にも謎がある」


    老朽化した広い浴室で目覚めた、青年アダム(リー・ワネル)とローレンス・ゴードン医師(ケアリー・エルウェズ)。突然拉致された彼らは、それぞれ足首に鎖をはめられ、2人の間には自殺死体が転がっている。
    そしてポケットに入っていたテープを再生すると、6時間以内にどちらかを殺さないと、2人とも殺害するという犯人のメッセージが入っていた。
    この犯人は、命を粗末にしている人間にその大切さを教えることを目的に、残虐なゲームを次々行なっている人物で、”ジクソウ“と呼ばれていた。
    彼を執念深く追っているのはタップ刑事(ダニー・グローヴァー)。彼は犯人を追い詰めた時、相棒の新米刑事シン(ケン・リョン)を殺され、自分もノドを裂かれかけたのだ。一方、浴室の2人は、ゴードンの妻のアリソン(モニカ・ポッター)と娘のダイアナ(マッケンジー・ヴェガ)が犯人に捕らえられていることを知る。そしてアダムは、ゴードンの浮気調査をしていたカメラマンであることが明らかに。やがてタイムリミット。アリソンたちを監禁したのは、病院の雑役係ゼップ(マイケル・エマーソン)だった。そこにゼップを見張っていたタップが助けに現われるが、揉み合っているうちにタップは死亡。浴室では、ローレンスがノコギリで自分の足を切断して、鎖から逃れる。そこに現われたゼップを、アダムが叩き殺す。
    だが実はゼップも犯人に脅され動いていただけであり、”ジグソウ“の正体は、なんと2人の間に横たわっていた自殺死体の男だった。死んだふりをしていた彼は、そのまま浴室から出ていくのだった。

  • ラストこうなるんだろうなーという展開が分かりやすくてちょっと期待はずれだった

全71件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ソウ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする