ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]

  • 99人登録
  • 3.48評価
    • (9)
    • (15)
    • (36)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
監督 : マイク・ニューウェル 
出演 : ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン  ロビー・コルトレーン  レイフ・ファインズ 
制作 : J.K.ローリング  スティーヴ・クローヴス 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2008年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135604507

ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クディッチ・ワールドカップで襲撃が起こり、印が空に現れる。対抗試合の年、闇の魔術の防衛術の教師としてマッドアイ・ムーディがやって来て、ハリーは選ばれるはずの無い代表になってしまうが、それは全て闇の帝王のたくらみ。彼はムーディに成りすました死喰人バーティ・クラウチ・Jrだった。
    ハーマイオニーのドレス姿にぐっと綺麗になったなぁと驚く。

    ダンスパーティのシーンのThe Weird Sistersは誰なんだろうとずっと気になっていたけれど、pulpのvo.ジャービスやRadioheadの人みたい。当初はフランツになる予定だったとか。

  • 児童書ファンタジー小説「ハリーポッター」シリーズの映画版第4作目。
    主要人物の死、など作品内容が暗いなどの理由からPG-13指定。
    監督がアルフォンソ・キュアロンから変わってマイク・ニューウェル。
    ドラゴンなどとの戦闘シーンが良く描かれているが、
    水中シーンが少し残念な感じ。

  • @TV

  • 昨日テレビでやっていたので見てみた。

    1巻目を見た時よりだいぶ感動が薄れてしまったと感じる。
    これは自分がその頃より歳をとって夢を見ることがなくなったとか、CGについてある程度知識を得たとかいうのが理由だと思うけれど。

    ストーリーもだんだんご都合主義になってきてあまり好きでない。
    小説で見た時との印象と全然違う。
    自分の脳内で映像化して進める小説と比べて、なにも考えなくても視覚でとらえられる映画は自分の想像力を使わないからかもしれないな。

  • 1月17日

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする