風のガーデン DVD-BOX

  • 67人登録
  • 4.11評価
    • (11)
    • (9)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
出演 : 中井貴一  黒木メイサ 
  • ポニーキャニオン (2009年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632134071

風のガーデン DVD-BOXの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容は重かったけど、ガーデンや音楽が素敵でとても好きなドラマ。

  • とーってもいいドラマ。さすが倉本聡さん。

  • 末期癌により死期の迫った医師(中井貴一)が、絶縁状態の父、娘、息子のいる富良野に向かう。勘当した父役の緒方拳のテレビドラマ最後の出演作。ご自身が癌に侵されながら息子を看取る役を演じる緒方拳の真摯な演技と、家の前に作られたブリティッシュガーデンの美しさが胸に響く。題字も緒方拳。

  • 中井貴一はやっぱりすごい。

  • 富良野などを舞台とした作品です。

  • 放送中に観てた。東京と北海道の空気感の違いが好きだった。一週間に一回、素敵な短編を読んだような気分になれるのが倉本さんの作品。一週間に一回って言うのが良いんだよね、いいドラマはそんな風に思える。濃いよなあ…



    倉本さんが描く親子はどの作品も不器用で、ドラマとして嘘がないよなあと思う。ドラマとして、だけど。
    主人公の周りの人の温かさがいいよね。

    倉本さんのドラマを見ると、忘れたいけど忘れたくないことがゆっくり思い出される。何一つ同じ「状況」にはないのに。
    「優しい時間」と「拝啓父上様」は、放送時にちらちらと横目で見てたし、「北の国から」はレンタルしてほぼ全部見たけど、上に書いた二つのことはどの作品にも当てはまる気がする。

  • 倉本作品=真面目なイメージがありましたが、たまに面白いシーンがあり、馴染みやすかった。

    最終回はぜひみてほしい。

  • まず音楽が良い。最初の物語に入るまでの、オープニングで既にこの世界に深く入り込んでしまう。じわじわとくるせつなさ、色んな形の「愛」。出ている人もみんなすてきだし、景色も最高にすてきだし、後半なんか、別に泣けるセリフも動作もなくても、ただその表情見てるだけで泣けてきた。身近なひとを大切にしたいと思った。

  • 倉本ドラマはなんだか小難しいイメージと、
    やたらと厳しい自然に頼ってるイメージがあって、
    今まで敬遠していた。「北の国から」しかり。

    しかし、リアルタイムで見逃したのを後悔した。
    再放送を録画しておいて、大切に観た。

    死と向き合う人々の、決して重過ぎないやり取りが、
    富良野の自然とあいまって、心穏やかな雰囲気を醸し出している。

    あんな庭のある家に住みたいー!

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

風のガーデン DVD-BOXを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

風のガーデン DVD-BOXを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする