バイオハザード [Blu-ray]

  • 40人登録
  • 3.94評価
    • (3)
    • (9)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : ポール・W・S・アンダーソン 
出演 : ミラ・ジョヴォヴィッチ  ミシェル・ロドリゲス  エリック・メビウス  ジェイムズ・ピュアフォイ  マーティン・クルーズ 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2008年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427810013

バイオハザード [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バイオハザードシリーズの1作目。
    やっぱりミラが若い。
    お肌がピチピチだし、最初と最後に出てくる瞳のアップもキレイ♪

    ただ、内容は食欲がなくなるものだよね。
    謎の研究組織アンブレラ社が、生物兵器を開発してるのを暴こうとする人対組織の対決ってヤツだ。

    ゾンビの犬とか、変な初期実験失敗作とか、ぐちゃぐちゃしたモノが気持ち悪かったです。
    人間のゾンビなんてかわいいものだよ。

    1時間半でそれなりに雰囲気を味わえる作品ではあるけれど、確実に続編がある作りなのでスッキリは全くしません。
    謎は何にも解決していないし…。

    最後にヒーローっぽいお兄ちゃんは謎の組織に連れ去られちゃうし、ミラさんも拉致られた先の実験室を逃亡したら、地上は完璧に破壊されていて誰もいないってところで終わっていました。

    ま、最初からそういうシリーズだと思って手を出すと良いでしょう。

  • 今朝たまたまTVをつけたら、テレビ朝日のワイドスクランブルに主演のアリス・アバーナシー役のミラ・ジョヴォヴィッチが出ていました。

    彼女は無類の日本通でしかもなんと大相撲が好みらしく、一番好きな力士はという質問に、驚くべきことに、横綱の白鵬や日馬富士などではなく、この十一月の番付で前頭六枚目の豊ノ島大樹(34歳)を挙げていました。

    確かに豊ノ島は、強い時は私のうっぷんを晴らしてくれるほど胸のすく強さですし、弱い時はとんでもない負け方をしますが、怪我や調子の良くないときでもその相撲勘のよさで、あれよあれよという間に勝ってしまう魅力的な力士です。

    しかし、彼女が他の誰でもなく豊ノ島を選ぶということはそうとうかなりの相撲好きだということで、相撲好き少数派の現代ですから思わず感涙して、夢中で書きつけました。

  • これからも見続けるであろうバイオハザードシリーズ。小学生のときこれを観て興奮したのか鼻血を出したのはいい思い出。

  • 見よう見ようと思いつつ今になってやっと。話題作はやっぱり面白いんですね。続きも見たいなと思った。
    ゾンビものだとばかり思ってたけどそうでもなく。

  • ゲームもミラ・ジョヴォヴィッチも好きだし、B級映画の中では相当いい線いってるんじゃなかろうか

  • レンタル
     2011年8月24日

  • 何度も見てるんですが、兄イが今更のゲームのバイオ2プレイして
    映画がまた見たいと云いだしたせいです。
    バイオオタの弟からブルーレイ三部作全部貸してもらってまず第一作め。
    ブルーレイはPS3で見てますがやっぱり綺麗だなあ。

    強くてカッコいいお姐さんが昔から大好きなので、アリスもカッコいいけどレインが良。
    リッカー改がキモ過ぎる。うげ。
    こういうの見てて思うのは、ゾンビ役の役者さんは演技してる間ってごっつ楽しいんじゃないかなーと。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

バイオハザード [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

バイオハザード [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

バイオハザード [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする