媚笑の閨に侍る夜

  • 117人登録
  • 3.82評価
    • (14)
    • (17)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
アーティスト : (ドラマCD)  三木眞一郎(上杉)  平川大輔(綺蝶)  緑川光(蜻蛉)  遊佐浩二(玉芙蓉)  遠近孝一(鷹村) 
  • ジェネオン エンタテインメント (2008年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988102559724

媚笑の閨に侍る夜の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作小説:『媚笑の閨に侍る夜』(鈴木あみ)

    声の出演:
    遊佐浩二(玉芙蓉)  
    三木眞一郎(上杉)  
    緑川光(蜻蛉)  
    平川大輔(綺蝶)  
    遠近孝一(鷹村)

    付録:
    ブックレット

  • ★3・8
    三木眞一郎×遊佐浩二
    想像してた通りのお二人の声と演技だった!ピッタリハマってた~
    玉芙蓉やっぱ可愛い!遊佐さんの声付いてより可愛さ増してたw
    三木さんもブレない!上杉さんステキだった~

  • 丁寧語で紳士に攻める弁護士と、お職を張るほどの売れっ妓で、みきしん×ゆっちーの夢のコラボと言ってもいいんじゃ…。二人の対決、初めて聴いたんじゃ…どちらも攻め・受けに定評ありまくりの二人なんで、聴き応え十分だった。リーマンものとかでこの二人聴いてみたいけどなぁ。

  • 玉芙蓉と弁護士・上杉との恋。
    玉芙蓉の誘い受けと、上杉のドSプレイに萌え♪

  • 個人的に出てくる遊郭特有?の業界用語??
    がわからなくてポカーンだった( ゚д゚)

  • 三木眞一郎×遊佐浩二。
    花降楼シリーズで一番好きな作品。
    まさか遊佐が演じるとは小説を読んでいた時には思ってもいなかったけど、すっごくあってる!玉芙蓉を演じる人はあんまり可愛すぎず、婀娜っぽい声が合う人がいいなぁと思っていたので、このキャストには大満足!

  • 原作:鈴木あみ
    顧問弁護士・上杉:三木眞一郎
    男娼・玉芙蓉:遊佐浩二


    こういうちょっと冷たい系をさせたら三木さんはダントツ!何を考えているか玉芙蓉は分からないだろうなぁ。
    ゆっちーは玉芙蓉の言葉使いもあまり良くなくやんちゃな感じのツンデレを好演。
    最後に気持ちが通じあったあと、ゆっちーは可愛かった♪

  • 三木遊佐。
    玉芙蓉意外と面白かった。
    ゆっちょ発見。

  • 三木x遊佐 内容はこれまた王道ではあるけど、まあ…このシリーズでこのキャストならではの安心感w熟練の技か… 玉芙蓉(ゆさ)はシリーズ中で一番男っぽいかな?三木さんは花降楼の顧問弁護士で敬語攻でした

  • 花降楼7【原作】鈴木あみ【イラスト】樹要【キャスト】玉芙蓉:遊佐浩二、上杉:三木眞一郎、蜻蛉:緑川光、綺蝶:平川大輔、鷹村:遠近孝一【発売日】20081226 ===== 三木(見世の顧問弁護士)×遊佐(傾城)。[<a href="http://www.e-fifth.net/window/coment/0812_bisyo_c.html" target="_blank">収録インタビュー</a>][<a href="http://www.animate.tv/news/details.php?id=1241740857&p=1" target="_blank">アニメイトTV記事</a>]

全12件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

媚笑の閨に侍る夜を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

媚笑の閨に侍る夜を本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

媚笑の閨に侍る夜を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ツイートする