魍魎の匣 第一巻 [DVD]

  • 92人登録
  • 4.00評価
    • (22)
    • (12)
    • (17)
    • (1)
    • (1)
  • 20レビュー
監督 : 中村亮介 
出演 : 平田広明  森川智之  木内秀信  関貴昭  浪川大輔 
  • VAP,INC(VAP)(D) (2008年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021132565

魍魎の匣 第一巻 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み手が女性に偏ってるわけでもない小説が原作なのに、どうしてこうもキャラのデザインを少女漫画っぽくしたのか。

    つーか頭身高すぎだろ。
    昭和20年台なんて今の感覚からしたら大多数が胴長短足巨頭だし、ミスユニバース候補ですらハイヒール履いても体の半分が足になるかならないかってな時代だったのに。

    アニメや漫画の世界では舞台設定が昭和以前でもスタイルをあえて悪く描かないのがお約束、というのは頭では分かってるのだけど。

  • 原作を読んでいる。
    あの美しくも怪しく恐ろしい雰囲気がよく出ていて
    良作であると感じた。
    他の方のレビューを読んでいても好評のようで、続きを見るのが楽しみ。

  • 世界観好きだわ。女の子の制服可愛い。ローウェストって好きだなあ。中禅寺秋彦のコスプレが気になるが、関口がすげー似合いそうな気がするよ私。あの平凡な感じが。原作長いらしいな。

  • キャラクターデザインはCLAMPです。みんな頭身が高い

  • 全巻鑑賞。
    キャラデザでどんなもんかと釣られてみたが、総じて見ていい出来だった。関口君の雰囲気というか様子もいい感じ。

  • 京極堂シリーズをアニメ化~?!
    しかもキャラデザインがCLAMP~?!アリエネー!
    と偏見バリバリで見始めちゃったのですが、
    じつにわかりやすくまとめられてました。
    2話をまるまる京極堂の薀蓄で使うとかすごいです。
    関口もいい感じに壊れてます。
    ラストの憑き物落としも緊張して見れました。
    このスタッフなら、他の京極堂シリーズも見たいです。

  • キャラデザ、OP・EDの人選、演出等にはじめは拒否感が強かったが、見終わってみれば原作に忠実で上手く簡略化してあり、分厚い原作では見落としていた細かい部分に気付けた。
    木場の声優が下手だとか、最後の花火とか気になる点も多いが、原作ファンなら男女問わず見て損は無いだろう。

  •  作画は丁寧。ちょっと美形過ぎてイメージと違うところがあったが、その他は独特な視点の転換や語り口、怪奇蘊蓄に至るまで原作の雰囲気をなるべく引き出せるよう工夫しているのがわかります。大本のタネ自体は陳腐といって差し支えないものなのですが、序盤は方向が定まらないまま視聴者を煙に巻いて伏線をばらまき、中盤からどんでん返しを何度も挟みながら一気にまとめあげる手法は見事。なかなかこうも鮮やかに決まりはしない。そのあたりは原作の力ですね。とても硬派で楽しめる娯楽作品です。

  • 殺すために切ったんじゃなくて

    切るために殺したんじゃないかって。そう思うワケ。


    もう5回くらいは通しで観てます、今さらですが追加。
    音楽が村井さんなところがやべえ。

  • 関口あたりのキャラデザは若干違和感有りですが、原作をちゃんと読み込んで作ってくれたんだな、とオーディオコメンタリーのインタビューからも察せられる良作。

全20件中 1 - 10件を表示

魍魎の匣 第一巻 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

魍魎の匣 第一巻 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

魍魎の匣 第一巻 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする