幸せの1ページ [DVD]

  • 358人登録
  • 3.15評価
    • (17)
    • (39)
    • (102)
    • (29)
    • (7)
  • 74レビュー
監督 : ジェニファー・フラケット  マーク・レヴィン 
出演 : ジョディ・フォスター  アビゲイル・ブレスリン  ジェラルド・バトラー 
  • 角川エンタテインメント (2009年2月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111286017

幸せの1ページ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生なんて、
    たった1行で変えられる。

    ひきこもりの冒険作家にドアを開けさせたのは、
    南の島の少女からのSOSメールだった!

  • うーん…話の核があり過ぎて結局どんな話にしたいのか分からず。どれか一個でも十分映画が一本撮れそうな感じなのに、全部やったからかえって映画一本より軽くなった感じ。ニムがめちゃくちゃカワイイ。これは間違いない。

  • ストーリーが浅いよね

  • え、そんな話なの?宣伝に騙されたぁー。てかオチ・・・orzって感じでした。なんか残念(´・ω・`)動物たちは可愛かった。
    10/8

  • 「映画天国」にて。なんか変な映画だなぁ。アビゲイル・ブレスリンはひとりで取り残された島で悪人と戦って頑張っているのだが、父親のジェラルド・バトラーは1人で船でもがいていて役に立たないし、ジョディ・フォスターも来るのが遅くて、これまた役に立っていない。もういっそのこと大人の存在を省いて、アビゲイル版「ホームアローン」にしてしまったほうが良かったんじゃないかと思ってみたり。いや、ジョディ・フォスターの演技は悪くないんですけどね。

    あと、この邦題はどうなの? 「幸せの~」って映画、多過ぎ!

  •  海上で遭難した父親、孤島でひとりぼっちの少女、外出恐怖症の冒険小説家。三者三様の戦いが、今始まる!
     動物は愛らしく、父親はかっこよく、少女はかわいく、小説家は……はちゃめちゃですけど応援したくなります。
     堅苦しさがなく、気楽に鑑賞できる映画でした。夏休みに家族で観るのもいいと思います。楽しいのにふざけている様子がないので、観ていて快くなれる作品です。

  • 視聴前に勝手な想像で、
    出会ってからのドタバタ劇になって
    仲良くなるんだと思ってたが、
    ストーリーの2/3は、
    三人が三人とも遠く離れた場所でがんばる。
    そこがちょっともどかしい。

  •  ウェンディー・オルーのベストセラー児童文学『秘密の島のニム』をオスカー女優ジョディ・フォスターと「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン主演で映画化したファミリー・アドベンチャー。ヒーロー冒険小説の作家にして極度の引きこもりの女性が、ひょんなことからメル友となった少女のSOSに促され、彼女が暮らす南の孤島へと思いもよらない大冒険に繰り出すさまをコミカルに綴る。共演は「300 <スリーハンドレッド>」のジェラルド・バトラー。 ベストセラー冒険小説家のアレクサンドラ・ローバーは、小説の印象とは対照的に、極度の潔癖症で引きこもり。家から一歩も出られない彼女は、ネット上で新作のネタ探しをしていて、孤島に住む海洋生物学者ジャックの記事に興味を持ち、さっそくメールで連絡を取ることに。一方、そのジャックを父に持つ活発な少女ニムは、南の無人島で豊かな自然と動物たちに囲まれながら元気いっぱいに暮らしていた。そんなニムは、アレクサンドラの冒険小説に出てくる主人公アレックス・ローバーの大ファン。ある日、海洋調査の旅に出たジャックの留守中にアレクサンドラからのメールを受け取ったニムは、“アレックス・ローバー”という送信者名から小説の主人公アレックス本人と思い込み大興奮。そんな時、島を嵐が襲い、船が難破したジャックとの連絡が取れなくなってしまったニム。そこで彼女は、頼もしい憧れのヒーロー、アレックスに迷わず助けを求めるのだったが…。

  • ニムの生き生きとした様子が良い。動物が本物に見えるんだけど…。気楽に楽しめた。

  • なんか・・・なんだろう(;´▽`)

    かわいらしい話だと思うけど、
    すごい中途半端で終わったw

    その後、ふたりがそれぞれどうなったか
    まで描いてほしかったw

全74件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

幸せの1ページ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

幸せの1ページ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

幸せの1ページ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする