デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]

  • 1497人登録
  • 3.41評価
    • (118)
    • (284)
    • (354)
    • (95)
    • (30)
  • 324レビュー
監督 : 李闘士男 
出演 : 松山ケンイチ  加藤ローサ  秋山竜次  細田よしひこ  松雪泰子 
  • ¥ 1,965 (参考価格 ¥ 3,990)
  • 東宝 (2011年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104050175

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

  • すっごく笑えて、楽しい映画。
    松山ケンイチさんがいい。

  • 松山ケンイチの演技力に脱帽。今まで真面目な好青年役ばかり見ていたからこんな役もできるんだ、と。カメレオン俳優と称される意味が分かった。内容はくだらないといえばくだらないのだけれど、「作り手(表現者)が表現したいこと」と「受け手に求められるもの」との食い違いという結構(わかる……わかるよ……)なテーマが隠れていて、主人公の揺れる気持ちにとても共感できた。そして単純に馬鹿みたいに笑えた。松山ケンイチ可愛いよ。笑

  • 原作がなにぶん素晴らしすぎるので、パワーダウンせざるを得ないが、制約のある中では最高の作品だったと思う。
    といっても「SATSUGAI」がマジモンのカッコいい音楽になっててくっそテンション上がって、原作にはない良さもある。
    だけど、やっぱり資本主義の豚は見たかったなぁ。

  • ヘビメタバンドの話と漠然と思ってて敬遠してたんだけど見てみたら意外と面白かった(笑)

    マツケンの演技力安定してるなーと感心(笑)
    コメディ映画はあまり見ないけどたまに見ると面白くて癒されるね♪

  • ★4.下品(笑)でも面白い!ホントにデスノートと同じ人…?w

  • 【対極にある音楽性を心から愉しめる、痛すぎるコメディの傑作】

    前回のレビューまで長々と暴走していたので、今回はレビューの王道に戻って・・・観ると最高に笑える・・・いや、苦笑してしまって心が軽やか~になる作品をご紹介しましょう!!

    そんな皆さんにおススメするのは、2008年に公開された『デトロイド・メタル・シティ』です!!

    この作品は2005年から2010年まで青年誌”ヤングアニマル”にて連載された若杉公徳さんの超人気漫画なので・・・もう詳細はみんな知ってるよね??

    なので例によって苦手な内容紹介は、サイトの皆さんの素晴らしいレビューを参照する事で補ってくださいなっ(笑)

    あ~~~っ、すっきりしたっ!!

    内容をかいつまんでっていうのがホントに苦手で・・・不得意な事をしなくて済んだので・・・やっぱり、ここからが本領発揮って事で暴走しちゃうぞっ・・・って、やっぱり暴走するんだねっ(笑)

    えへへ・・・なのでここからは面倒くさい事に興味がある方のみ、読んでくださいな!!

    デスヴォイスで周りから引かれている皆さん、用意は良いですかぁ~??
    では、いきますよぉ~!!

    【本文】
    皆さんは”デスメタル”と呼ばれる音楽がある事を一度くらいは聞いたことがあるよね??

    ”デスメタル”とはヘビーメタルの1ジャンルであり、反社会的、反宗教的、反倫理的な思想を持った歌詞と思想、そして”デスヴォイス”とも呼ばれるだみ声とドラムとベース、ギターの速弾きで歌い上げる、一般にはなかなか受け入れにくい楽曲の事ですが・・・

    本作の主人公である松山ケンイチさんは、真逆の軽やかなPOPS系のカヒミ・カリィさんの曲をこよなく愛しており、彼女のようなおしゃれ系ポップス歌手を目指して芸能界で頑張っているのです!!

    そんなカヒミ・カリィさんの名曲はこちら!!

    【Youtube カヒミ・カリィ ”ハミングが聞こえる”】
    https://www.youtube.com/watch?v=BFjhCxFDfwA

    いやあ~、軽やかで何だか南フランスの海が見える草原でカマンベールチーズサンドを頬ばってる感じの曲だよねぇ~!!

    で、そんなカヒミ・カリィさんの雰囲気をイメージして松山さんが作中で歌った曲がこれ・・・

    【Youtube カジヒデキ ”甘い恋人”】
    https://www.youtube.com/watch?v=ynTz88jku2s

    あはは・・・PVなんだけどみんな出てくるのは公然わいせつカットの根岸軍団で・・・映画の印象が強すぎて気持ち悪さで画面がまともに見れないぞっ(笑)

    レビュワーさん達にも、この歌が深く印象に残った方が多くいたみたいで・・・結構な人が『甘い恋人』とのコメントがっ・・・って、やばいっ、怖すぎるぞっ!!

    そんなライト志向の松山さんですが、現実は”甘く”なくて・・・前述した”デスメタルバンド”をしているのです!!

    そんな彼が模したのは超有名米国バンドの”KISS”で・・・作中にもジーン・シモンズさんが出演してる、って、うわぁぁぁ~~凄過ぎでしょ??

    多分、原作者の若杉さんってKISSが大好きでしょ??
    この作品の題名もこれからアイデアを貰ったんじゃないのかな??

    【Youtube KISS ”Detroit Rock City ”】
    https://www.youtube.com/watch?v=fTqLf1A-Q-4

    うん、王道のハードロックって感じで・・・ギターと歌声が気持ちいいし、曲調も素晴らし~~いっ!!

    ここまで書いててなんだけど・・・上記は全て”デスメタル”じゃないぞっ!!

    ”デスメタル”って、... 続きを読む

  • 松雪さんとジーン・シモンズはかっこよすぎるし、松ケンの切り替えは最高としかいえない

  • おもしろかったです。

  • 今年度の日本アカデミー賞に数々の部門でノミネートされた作品だったので、鑑賞しました!

    主演の松山ケンイチの演技力には圧巻!
    ポップスを歌うとき時の根岸君とへビーメタルのコスチュームを着て歌うときクラウザー三世とのキャラのギャップが最高でした笑えます!

    本来の根岸君とクラウザー三世を演じる根岸君との葛藤が必見です!

    最終的にはヘビーメタルで平和を提言することは出来なかったようですが

  • 漫画を先に読んでしまっているので、大笑いしたけれど実写にはちょっと無理があるのかも。遊園地での怪人ショーにクラウザー様が登場したところやクラウザー様が草刈りやトラクター運転、牛を「べー、べー」とあやすところは本当におかしかった♡(牛って、ああやってあやすものなの?)最近、みかけなくなった公然猥褻カット。昔はああいう髪型の子、いたわ・・・。

  • ムスメにはウケた。松ケンに注目。邦画にありがちなんだけど途中どうしても中だるみする。おっさんになったジーン・シモンズ特別出演。中年は号泣必須!

  • ふつうにおもしろかったw
    ドタバタコメディ(o´▽`o)

    最後のバトルがよく分からんかったけど、
    あれはああいうもんなんだろうwww

  • 13-July/2014 鑑賞
    監督 : 李闘士男
    出演 : 松山ケンイチ 加藤ローサ 秋山竜次 細田よしひこ 松雪泰子

    松山ケンイチが根岸君の時が、異常にかわいくて、ツボ。
    松雪泰子も、ドSの女社長ではまり役。(でも、松雪泰子、最近、こういう役が多いような・・・)

    DMCの、他のバンドメンバーの印象が薄くて、ちょっと残念。
    全体的には、面白かった。

  • 松山ケンイチくんの役作りがすごい。ナヨナヨと内股で歩く心優しい青年とデスメタル・バンドのカリスマ・リーダーというギャップあるキャラクターの見事な演じ分け。
    過激な女社長役の松雪泰子も素晴らしい。
    ストーリーもわかりやすくまとまっていて面白い。大いに笑った。

  • この作品のギター指導がヒラマミキオだと知ったので観た。デスメタルかと言われれば違うが、面白いので良し。大倉孝二が相変わらず良い味出してた。

  • POPなミュージシャンを目指していた主人公だが
    ビジュアル系のヘビメタで大ブレイクしてしまう
    夢と現実のギャップに苦しむその姿を愉快に描く

    最近、色々な職業の主人公が活躍する作品を目にするが、ヘビメタまで遂に来たか・・・。オネエ系の主人公がビジュアル系のバンドのボーカルというギャップだけでも結構面白いが、松雪泰子が演じる女社長のイカレっぷりも面白かった。

  • 面白かった。松雪泰子が美し過ぎる。松山さんはこういう役柄の方が意外と性に合ってるのかも。

  • 松ケンのなよっとした演技と力強い演技との切り替わりが面白いです。

    あと高橋一生くん演じる佐治くんが本当に可愛くて大好きです。

    個人的にトイレで二人で歌って踊って合いの手入れるシーンが印象に残っています。笑

  • 松山ケンイチ演じるクラウザーさんが何故か狩野英孝に見えてしかたなかった。

    一時間くらい過ぎた頃から、段々とおもしろくなりました。

    コメディーだし、こんなもんじゃないの?

    個人的に加藤ローサが好きじゃないので、出るたびに、う~ん、という感じ。

    でも!
    松雪泰子がステキだったので、それだけで見た甲斐あった!

  • 同一人物の豹変っぷりが面白かった。

  • 松ケンすごい。豹変っぷりが面白い!根岸くんのときの内股くねくねもほんと笑える!
    夢とは違う路線なんだけど、葛藤とか伝わってきて。
    宮崎美子の母っぷりは感動しました。何故だか母ってわかってるんだよね。周りのサブキャラもロン毛のファンの人とか弟とか良かった。

  • 松山ケンイチと松雪泰子がとにかくすごい。
    二人とも、それぞれの生きざまがかっこいい、素敵。
    そして笑える!
    特に前半でタワレコとカフェを往復するシーンが最高だった。
    音楽好きなら通わずにはいられない、渋谷のタワレコとっても懐かしかった!
    音楽も結構良くって、そこも含めてかなり楽しめた。

  • 友達と一緒に映画館に観に行ったなあ。原作はあまり好みじゃないので読んでないのだけど、映画は笑ってちょっとうるっとした覚え。

  • 知人に勧められて観たのだが、ともかく面白い!
    ポップミュージックをやりたい主人公が、何故かデスメタル界のカリスマに。

    主役の松山ケンイチも普段の役風と違ったナヨナヨキャラが面白い。
    所属事務所の社長役も松雪泰子でビックリ!!
    エンドロールが流れるまで誰か分からなかった。

    感動ほぼ無し爆笑ありの作品でした。

全324件中 1 - 25件を表示

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]を本棚に登録しているひと

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]はこんな映画です

ツイートする