ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD]

  • 170人登録
  • 4.04評価
    • (32)
    • (35)
    • (19)
    • (3)
    • (1)
  • 41レビュー
監督 : 森義隆 
出演 : 斎藤嘉樹  中村蒼  市川由衣  高良健吾  北条隆博 
  • ジェネオン エンタテインメント (2009年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102600730

ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 甲子園常連の名門京浜高校の野球部補欠部員の雅人と
    ノブは二人そろって甲子園のベンチ入りを果たそうと
    誓い合います。
    しかし猛特訓に耐えながらも補欠に甘んじる彼らは
    ライバルチームの偵察やレギュラーの世話など雑用
    ばかりが課せられる。
    おまけに将来を期待される大物新人の入部が決まり、
    共に当落腺上だった雅人とノブはお互いがベンチ入
    りを争う最大のライバルとなってしまう。
    甲子園を目指す名門校の補欠部員にスポットを当て
    た青春ムービーです、
    この作品泣けました。感動のスポーツドラマです。

  • ベンチ入りが目標っていうところが、凡人には感情移入しやすい。
    だから、泣ける。
    そして、試合シーンや勝敗がクライマックスにならないところに好感。

  • リアルすぎる高校野球の世界。未成年が飲酒、喫煙しているがそれについては罰があるわけでもなく、スルーしているのが新鮮。とことんリアルさを追求している感じが良い。

  • 請求記号:10D152(館内視聴のみ)

  • 想像するに、本当の高校球児はもっと真面目な人もたくさんいるんでしょうが、これは映画なのでオッケーですね。
    スケールは小さいですが、見る価値はありました。

  • ラストが最高。
    もっと見たかった。野球には全く詳しくないけど。作戦を伝えに行く。あのシーンは今度から注目しちゃう(笑)

    ピッチャー四番!みたいなエースの話ではないベンチの選手。

    高校の時の野球部だったり、名門の高校サッカーで活躍していた友達を思い出しました。

    リアリティあって、引き込まれるいい映画でした。

    ただ、なんか全体を通して音楽が方向違いな気がしました。あとホントにキャッチャーのサインを読み合うの?自分は野球素人なのでわかりませんが。

    あと坂道での親子のキャッチボールも。

  • 2014/06/28

  • 学生のとき、部活に打ち込んでいた人なら「あるある!」というネタが満載。
    (特に野球をやっていた人は、共感大だと思います)

    あのころのように、今の自分にも何か打ち込めるものがほしいなぁ。

  • 出だしからハマスタ

  • 絶対的スポコンじゃなくて少し羽目外してるところがリアルでした。合コンもカラオケも女の子も、あって当然だよね。ちょっと時間的に長かったイメージはあるけど…。でも野球自体には本当に一生懸命で、とくに補欠にスポットっていう視点がよかった。共感しやすい。
    宇宙兄弟の監督だそうで、知らないで見たけどよかった。男の友情ってね。いいよね(笑)

全41件中 1 - 10件を表示

ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする