ビッグ [DVD]

  • 82人登録
  • 3.73評価
    • (12)
    • (16)
    • (16)
    • (3)
    • (1)
  • 15レビュー
監督 : ペニー・マーシャル 
出演 : トム・ハンクス  エリザベス・パーキンス  ロバート・ロッジア 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142729026

ビッグ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生のくせに一時的に大人になって一流企業の役員にまでなって美女と愛しあい体だけじゃなく心までつながるセックスとかどんだけ人生楽しんでんだよ。クソ羨ましくて面白い映画でした

  • テレビ視聴。ピアノのシーンが好き(*´∀`)

  • 機内にて。

    中身は子どものまま、外見が大人になってしまった少年の物語。
    大きくなってしまったことを親に知らせられず、
    「もうすぐ帰る」という手紙をしたためながら、離れて暮らす。
    おもちゃ会社では、子ども目線の意見を買われ、
    どんどんのしあがっていく。
    彼はやがて仕事に没頭し、親友のこともないがしろにしてしまう。
    職場の女性に恋をするが、まだ恋愛のこともよくわからない。
    普通の生活に戻って子どもたちと遊びたい。家族に会いたい。

    最後はとても切ない別れ。
    キュートでまっすぐでピュア。

  • トムハンクスはとてもよく似合っていたんじゃないかな。
    ただ、あらすじから想像していたよりも話がつまらなかった。

    妹の恋人くらいの勢いで、一人の影響で一気に花開く感じがほしかったな

  • トム・ハンクスの出世作です。ファンタジーな社会派映画。

  • 子どもの心を大切にしましょうとうコンセプトは伝わってくるが、後はいくらファンタジーとは言えあんまりなという設定でついていけなかった。

    ・友だちには信じてもらえたのだから彼から母親を説得してもらうだろう。

    ・顔は母親にさらしてるのだから指名手配がかかる可能性がある。

    ・外見は大人なんだから大人のフリをするはずが子どものままの行動が多すぎる。13歳にしては幼すぎる。

    ・幼いというわりには母親の存在を忘れすぎてる。

    ・いい加減な履歴書で採用されるのがおかしい。ご都合主義。

    ・子どもだからオモチャの企画に鋭い意見が言えるというなら子どもが会社を作ればいいこと。オモチャづくりはそんなカンタンなことではないだろう。

    ・そんな子どもに恋してしまう女性が浅はかに見える。子どもの持つ純真さに恋をしたというようには見えない。

    ・子どもにセックスをさせる展開がちょっときもい。

  • ▼キャスト&スタッフ
    ジョッシュ…トム・ハンクス/スーザン…エリザベス・パーキンス/マクミラン社長…ロバート・ロッジア
    監督:ペニー・マーシャル/製作:ジェームズ・L・ブルックス/ロバート・グリーンハット/脚本:ゲイリー・ロス/アン・スピルバーグ

    ▼ストーリー
    ある日、目覚めたらオトナに!? ──12才のハートのまま、30才のボディで未知の世界に放り出されたジョッシュ。そう、全ては遊園地の不思議マシーン“ミステリー・ゾルダー”から始まった……。(amazonより抜粋)

  • 恋人が実は13歳だったなんて寒気がするだろ。でも女も歳じゃなく彼の純真さを好きになったんだよな。
    別れの後は女は主人公のこれからを思って連絡を取り合うことは無いんじゃないかな…とついストーリーの続きを妄想しちゃうね。面白かった。

  • 実践英語で見た。少年がゾルターって機械に大人になりたいって願うと翌朝大人に!親友に助けてもらいつつ就職。生活は順調、素敵な女性と恋愛も。でも親友との元の生活に戻ることを選ぶ。
    色々とありえない、でもすごく続きが気になる話だった。

  • 子供はいつか大人になる。
    でも忘れないで、あの日出会ったあの人のこと。

全15件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ビッグ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ビッグ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする