変身 [DVD]

  • 91人登録
  • 2.57評価
    • (0)
    • (7)
    • (21)
    • (14)
    • (7)
  • 18レビュー
監督 : 佐野智樹 
出演 : 玉木宏  蒼井優  佐田真由美  山下徹大  松田悟志 
制作 : 東野圭吾  よしだあつこ 
  • 日本出版販売 (2009年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427642904

変身 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やはり原作強し・・・。

  • プラハ、チェコなどを舞台とした作品です。

  • 脳移植によって性格が変わり
    好きだった人を好きになれなくなってしまう。

    話も面白そうだったし
    蒼井優も出てるしってことで観ることに。


    これは絶対原作のが面白いだろうな。
    まだ読んだことないけどそんな感じがした。

  • いいんだけど(´ω`*)

    役者陣は凄く良かった。

    ただ、演出・脚本が気に入らなかった。
    と言うのも一番肝心なところで感情移入できなかった。

    なので★3つ。

  • 自分を殺した犯人の脳を移植され、段々と性格まで蝕まれていく男の人の話。
    お話自体はミステリー仕立てなので、最後まで飽きないで見れます。

    が。
    人間の書き方が、薄い。安い。
    こうやっとけば感動するだろうな、な意図が見え見えで全く泣けませんでした。
    何だよ、最後の玉木宏のバストアップの告白。
    カメラワークもダサい。音楽も酷い。
    あれで泣けと言う方が無理。
    感動できるのは蒼井優の演技だけだな。

    そもそも、脳を移植される前の二人が何でそこまで好きあってるのかが良くわからんかった。
    メグが他に家族いないとかだったら、まだ説得力あったのかもしれないけど、普通に家族いるし。
    玉木宏がメグを愛したいのに愛せないっていう葛藤も良く伝わってきませんでした。
    まあ、これは演技力の問題もあるかねえ…。

    あとドナーはうっかり玉木宏撃っちゃっただけで、別に普通の人なわけでしょ?常習の殺人犯とかではなく。
    なのに、あんな乱暴で短気な人柄に描かれるのっておかしいんじゃないかなあ。
    何か腑に落ちない。

    まー、とにかく人間の描き方が雑ですよ。
    蒼井優が良い演技してるだけに惜しいね。
    映画は★2くらいですが、優ちゃんが良いのでプラス1かな。

  • もっとドナーの背景を知りたかった。映画であった情報だけじゃ、ドナー自身がそんなに凶暴だったとは思えないよ。

    でも、前になにかの本で臓器移植を受けれた人の7割だったか3割だったかは不幸な運命になってるみたいなのを読んだことを思い出す。

  • 原作:東野圭吾!
    出演:玉木宏!蒼井優!

    なのに…、なのに…。

  • 二時間サスペンスっぽいなあと思いました。音楽のかかるタイミングとか。

  • 解説: 東野圭吾の同名小説を、玉木宏や蒼井優といった旬の若手俳優らを起用して映画化した切ないラブストーリー。本作が監督デビュー作となる佐野智樹が、脳移植をきっかけに、自分の中の何かが変化していく青年の葛藤をリアルに描き出した。主演の玉木宏は、徐々に別の人格が生まれてくるという微妙な役柄を、確かな演技力で表現している。
    シネマトゥデイ(外部リンク)

    あらすじ: 病院のベットで目を覚ました純一(玉木宏)は、自分が長い昏睡状態だったと聞かされる。傍らでは恋人の恵(蒼井優)がやさしく笑いかけていたが……。
    シネマトゥデイ(外部リンク)

  • これは駄目だー
    おもしろくないし蒼井優好きだけどだめだー

全18件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

変身 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

変身 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする