ファン・ジニ 映画版 [DVD]

  • 38人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
監督 : チャン・ユニョン 
出演 : ソン・ヘギョ  ユ・ジテ 
  • ポニーキャニオン (2009年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013746343

ファン・ジニ 映画版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美しい。衣装・セットなど、見応え充分。

  • ソンへギョきれいすぎ~!

  • ドラマ版は見ていませんが、短くまとまっているので、サラッと見れました。ソン・ヘギョははまり役ですよね。迫力もあり、凛としていて美しかったです。

  • ソン・ヘギョが見事に演じきって、もう圧巻。
    気高く凛として自分の道を生き抜く女性を、可憐さやもろさや小悪魔的な目まで併せて、こんなに魅力的に表現できる女優さんてナカナカ。
    そしてまた、彼女の心をここまで支えられる「男の中の男」を演じられるのは、ユ・ジテをおいて他にいないなぁ~んん~いない。

    別れの盃を交わすシーンは、せつな過ぎて、美しすぎて、瞬きするのを忘れそうになった。

    ちょっと重いので、心に余裕があるときに観るほうがいいかも。

  • ファン・ジニが美しい~。
    純愛韓国映画
    眉が太くて、いいよ。
    ほとんどの女優が細い眉でシャープさを出している中では光ります。

  • 花魁も妓生もしぐさがステキ。

  • ドラマ版は観ていません~。

    映画版は、ファン・ジニの芸妓としての人生というよりは、
    彼女の悲恋物語。

    ユ・ジテがかっこいいです。

    韓国の恋愛物語って、
    「幼い頃の初恋」ってのがひとつのポイントですね。
    その初恋で、人生までもを狂わせるってのが、
    ちょっと馴染めない感じもあるんですが。

    衣装と、ソン・ヘギョがきれいでした。

  • 朝鮮王朝にもお互いに思い合っていても階級の違いが邪魔をして
    その思いを正直に伝えるコトさえできない慣わしがあったのですねー。
    日本もたぶん昔はそうだったはず。
    武家は武家。
    町人は町人。

    あらすじ的にはとってもありがちなお話しだなーっと思ったけど
    この“ファン・ジニ”って実在した女性なんですってね。
    知らなかった。

    確かNHKでドラマの予告を見たトキ、踊ってるシーンがあって
    すごくキレイな映像だなーっと思った覚えがあります。
    映画版は舞うシーンはありません。
    衣装は地味な色あいばかり。
    それなのになんででしょ?
    全編通してキレイだなーっと思いながら見てました。

    とても静かで、だけど重すぎるコトはない。
    おそらくチニの生き方がどこまでも凛としていたからでしょう。
    どんな境遇に置かれようと自分の信じた道をまっすぐ行く。
    そして自分の大切な人達を守るためなら何も恐れない。

    やっぱりしなやかに強い女性は圧倒的に美しい・・・と思いました。

  •  テレビ版をちゃんと観てなかったので、比較できません。
    ちゃんと観なかったから言う資格はないかもしれない
    けれど、テレビ版は面白いと思えなかったのです。

     映画版の良さは、すっきりしていることでしょうか。
    同時に短所でもあるのかな・・・コンパクトで。
    でも、観やすいですよ、私はね。
    そして、いつのまにこんなに綺麗になった?!
    「フルハウス」の時のキュートな彼女は封印。
    ソン・ヘギョは実に骨格美人ですね。美しい!!
    横顔が美しいっていうのは、本当の美人ですよね。

     テレビ版のミョンオルのイメージは赤、映画版は黒という
    感じです。実際に衣装もそういう感じの色味が多いから
    そう思うのかもしれないけれど、私は映画版の
    ミョンオルのほうが好きです。

     両班の娘として育てられた主人公が、自分の出生の
    秘密を知り、妓生に身を落として過酷な運命に翻弄され
    ながらも、凛と生きていく様が清々しいです。

     ソン・ヘギョの代表作になりそうですね。
    彼女の美しさを見るだけでも、一見の価値はあります。

全11件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする