パニッシャー : ウォー・ゾーン [DVD]

  • 62人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (4)
    • (15)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : レクシー・アレキサンダー 
出演 : レイ・スティーヴンソン  ドミニク・ウェスト  ジュリー・ベンツ  ダグ・ハッチソン  コリン・サーモン 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462059338

パニッシャー : ウォー・ゾーン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 容赦なく悪人をやっつけまくるパニッシャーが見てて気持ちよかったなー!また描写がえげつなくてな~!!wwでもこんぐらいの表現絶対にありだと思う!パニッシャーを演じたレイ・スティーヴンソンの演技も人間味があってとっても良かった!

  • 監督が格闘家のためもあるのか、トム・ジェーン版の前作『パニッシャー』と比べてアクションがキレッキレで格好良かった。
    『パニッシャー』はどちらかというとアクションよりドラマやキャッスルの内面描写重視だったので、同じ題材で二度美味しいかも。

    この『パニッシャー:ウォーゾーン』はキャッスルがパニッシャーになった過程は省略して、パニッシャーになってから6年後の今のダークヒーローぶりと苦悩を中心に描いてます。
    もう少し説明が欲しい気がしなくもないが、挟まれる回想の家族を失った直後のキャッスルの表情が全てを語っていると思う。
    シーンは一瞬だったけど、絶望・悲しみ・怒り・恨み、の全部を含んだようなレイ・スティーブンソンの表情が凄かったです。
    前作から主演変わったのが初めは残念だったけど、冷徹な目から悲しく寂しそうな表情までパニッシャーを体現できるレイ版が観られて良かった。


    どう見てもRー15なエグい描写=ヒーローなのに悪は問答無用でブチ殺すパニッシャーの狂気や、(CG丸出しなとこもあるけど)アクションの格好良さと主演はこっちの方が好きだけど、悪役との因縁が薄い気もしたので話は前作の方が個人的に好きかもしれない。
    ただ前作はアメコミの映画化というよりアメコミが原作のアクション映画という感じだったので、ダークヒーローとしてのパニッシャーの魅力は今作の方がずっと出せていると思う。


    パニッシャーは正義だけど殺人鬼でもあるから、いくら悪人を倒しても最期は家族と同じところには行けないんだろうなと思うと切ない。
    いつかラングレン版の第一作も観たいな。

  • 途中で寝た。そのうちちゃんと観る

  • マーベルコミックの人気ダークヒーローの再映画化となるバイオレンスアクション。最愛の家族を殺されたフランクは、法で裁けぬ凶悪犯を成敗する私刑執行人“パニッシャー”となり、街を牛耳る巨大な犯罪組織相手に命懸けの戦いを挑む。R-15作品制作年 : 2008年

  • 制作年:2008年
    監 督:レクシー・アレクサンダー
    主 演:レイ・スティーヴンソン、ドミニク・ウェスト、ジュリー・ベンツ、コリン・サーモン
    時 間:103分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch


    法で裁けぬ凶悪犯を、たった一人で制裁を加える孤高のヒーロー“パニッシャー”ことフランク・キャッスル。
    彼の新たなターゲットは、ある巨悪な犯罪組織の中で最も邪悪なビリー・ルソッティ。
    居場所を突き止めたフランクは、その犯罪組織のパーティ会場とアジトに奇襲をかけビリーに死刑を執行する。
    しかし、その時誤ってFBI囮捜査官を殺してしまう。
    善と悪の狭間で葛藤し苦悩するフランク。
    一方、ガラス粉砕機で顔面をズタズタにされ見るも無残な姿にされたビリーは、“ジグソウ”と新たに名を変え、N.Y.中の武装マフィアを掻き集め、あらゆる手を使い宿敵"パニッシャー"に怒涛の復讐を仕掛けて来る。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

パニッシャー : ウォー・ゾーン [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

パニッシャー : ウォー・ゾーン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする