PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/2号 [雑誌]

  • 61人登録
  • 3.23評価
    • (2)
    • (6)
    • (25)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
  • プレジデント社 (2009年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910276510294

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/2号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011/10/16

  • 22JUN2009 1番目/10冊

  • 別に勝ち残りたいわけじゃないけど気になっちゃった自分に喝。

  • 経営者の方のお勧め本が非常に興味深かった。

    ビジネス本と一言で言ってもいろんな内容のものが多いことに改めて関心させられる。

  • メインテーマは「勝ち残る人が読む本 落ちる人の本」。大手企業の社長がオススメする本や、役職別に読むべき本、マーケティングや営業と言った職種別に読むべき本など、様々な角度からオススメの本を紹介している。本誌を参考にしながら書籍を購入するのも面白い。ビジネス書が好きな人には、間違いなく保存版となるだろう。紹介されている書籍は若干難しめのものが多い気がする。

    <主な内容>
    ・動乱期こそものをいう「5つの読書法」
    ・「役職別」力をためる、グンと伸びる105冊
    ・「10大課目別」勝敗をわける弁勉強本150冊
    ・東国原知事の「秘密の成功ノート」初公開!

    読了日2009/1/15

  • ?実用性 ★★★★☆ 
    ?文章力 ★★★☆☆
    ?ユーモア性 ★★☆☆☆
    ?読むのにかかった時間 約2時間(速度早め)
    ?この本をおすすめしたいタイプ 
     仕事で何か成し遂げたい人、読書好きな人、現状を打開したいけど何をしたらいいかわからない人
    ?書評

    企業のトップが薦める本が紹介されていてすごく興味深かった。
    文章量が多く、正直2時間ほどかけて読んでも読み切れなかったが、特に注目したのが小宮慶一氏と東国原知事の記事。
    まず小宮氏。
    明治の会計大学院の教授らしいです。

    学ぶということは物事の本質を理解することであって、思考を磨き、論理的思考を高めるために本を読みなさい、とのことだった。
    また価値基準をもち振り回されないことの重要性についても語っていた。

    どちらも当たり前のことかもしれないけれど、あらためて言われるとはっとする。

    また東国原知事のノートに関する記事はとてもおもしろかった。
    印象としてはかなり頭がよく、まさに物事の本質をわかっている人だなというかんじです。

    やっぱり成功している人は努力しているんだなーとしみじみと感じました。

    尊敬する経営者のオススメ本を読むもよし、タイプ別に本が区分されているので、自分向けの本を探すもよし、けっこう楽しめる一冊です。

  • またたくさん本を読みたくなった。

  •  ずっと家に置いておける、保存版だとおもいます★

  • ■書名

    書名:PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/2号 [雑誌]
    著者:無し

    ■概要

    ビジネス全般について、経営者の言葉を色々と掲載して
    いる雑誌

    ■感想

    時々買っては読んでいる雑誌です。

    今回は、"本特集"ということで、買ってみました。
    特集の名前は大層ですが、本は読むだけではダメだと
    いうことが一応ちゃんと書いてあります。

    また、こういう特集を見ると感じることが、世間一般
    でいう"成功者?"という人たちが薦める本は、本当に
    千差万別であるということです。

    このことからも分かるとおり、全員にあてはまるいい
    本というのは極端に少なく、"どんな本を、どういう
    ときに読み、何を学ぶのか"ということが、いかに大事
    か分かります。

    結局は、いい本と言うのは自分で探すものであり、それ
    を探す為に、沢山の本を読むと言う自分の方針は、間違
    ってはいないような気がしました。

    特集の中には、私が知らない本が沢山ありましたので、
    色々な本を読んでみたいと思います。

    読む本がないと思っている方は、こういう特集をヒント
    に本を選ぶのもいいと思いました。

    ■共感できた点

    無し

    ■この本を読んで思い出した点

    無し

    ■新たな発見があった点

    無し

  • ■動乱期にモノをいう5つの読書法(小宮コンサルタンツ代表取締役 小宮 一慶)

     ・環境が厳しくなると実力のない人から淘汰せれていきます。ホンモノしか生き残れない。そういう時期に何をすべきかといえば、まずは自分の仕事と当面の財産を確保することです。

     ・一流の学者が一般向けに書いた本や、超一流の経営者の本がこの読み方(レベル2)にふさわしく、論理思考に優れた人に論理を追っていくことで、読む側の論理的志向能力を上げていくことができます。

     ・重読はいい本を見つけて詠む時間を決めるのがいいと思います。私の場合、寝る前と決めています。それもたくさんは読まない。

     ・自分の仕事にかかわる本質的な部分、自分の仕事の根幹をなしている基礎の部分を勉強し、仕事の理論付け、背景付けがきっちりできている人はものすごく成長します。オン・ザ・ジョブによって右から左に仕事をこなす能力は上がります。しかし、自分の仕事の本質部分を勉強するのはオン・ザ・ジョブでは限界がある。

     ・今の時期にお勧めしたいのは本当に成功した人たちの本。私は最近読んでよかったのは羽生善治さんの『決断力』と阪神の金本知憲さんの『覚悟のすすめ』。それから京セラの稲盛和夫名誉会長の『生き方』です。自分が志した領域でやりたいことをやり遂げた人たちの\\\"生き方\\\"には人生の本質がある。

    ■「役職別」力をためる、グンと伸びる105冊

     ●若手社員(元P&G米国本社副社長 Horoko Wada)

     ・多様化する社会の中で日本人は日本のことを知る必要がある。『Giants of Japan』には、吉田 茂や王 貞治など、日本の文化や思想に影響を与えた30人の日本人が登場する。日本の精神性や文化性に与えた影響が海外からの視点で説明されている。

    ●中堅社員(カルチュア・コンビニエンス・クラブ取締役 柴田 励司)

     ・仕事においては、上司・部下の関係をあまり気にせず、自分の信念に基づいて行動した方がよい。仕事の出来、不出来をきめるのはまず自分自身であり、二番目がお客様、三番目が上司であるべきだ。

     ・仕事ができる人はたいてい上司のことは気にしていない。上司は使うものだと思って仕事をしている人が多い。上下の関係ではなく、自分の仕事をする上でのパートナーとして接することが必要だ。

    ■「独立・転職」氷河期に成功率を上げる20冊

     ・『道をひらく』松下幸之助・著 PHP研究所
      うまくいかないとき、迷いが増したときに読むと、たくさんのヒントをもらえる本です。

     ・『なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣』小笹芳央・著 PHP文庫
      ずばり、時間短縮本です。実際にそのとおりにやると、大概の人は仕事が早くなると思います。
      基本的な仕事を手早くこなす技術は、逆にいえば転職先での「第一印象」を効果的に高めることになる。「ルーティンの仕事を早く終わらせられるからこそ、付加価値を生むための時間もつくることができる」を評価されるからだ。

     ・『アウトサイダー』コリン・ウィルソン・著 集英社文庫
      立志伝のなかには、失敗談がかかれないことが多い。ここには生生しく描かれています。

     ・『西国立志伝』サミュエル・スマイルズ・著 講談社学術文庫
      何百もの人物、それもほとんど知らない人が登場する伝記。刺激を受けられる本です。

    ■東国原知事の秘密の成功ノート初公開!

     ・40代で大学に入って勉強し、自分の意見を述べることへの恐れがなくなった。頭がよくなったのとは違う。一種の覚悟みたいなものだ。

     ・僕のモットーは、繰り返すことを恐れないことだ。

     ・僕は、知事に就任したときに、「私はわからないことがあったら、どんなにつまらないことでもたずねていくタイプの人間です。・・・」という趣旨のことを県庁の職員たちに話した。

     ・僕が実践している記憶術は、他人に尋ねること。他人から教わったことは不思議と記憶に残る。ことわざでも「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」というが・・・

全12件中 1 - 10件を表示

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/2号 [雑誌]はこんな雑誌です

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/2号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/2号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/2号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/2号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/2号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする