闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]

  • 732人登録
  • 3.57評価
    • (63)
    • (150)
    • (135)
    • (30)
    • (12)
  • 167レビュー
監督 : 阪本順治 
出演 : 江口洋介  宮崎あおい  妻夫木聡  プラパドン・スワンバン  プライマー・ラッチャタ 
  • ジェネオン エンタテインメント (2009年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102611132

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2008年 日本
    監督:阪本順治
    原作:梁石日『闇の子供たち』
    出演:江口洋介/宮崎あおい/妻夫木聡/佐藤浩一

    原作を、随分前にひょっこり読んでいたので、映画から受ける衝撃度は低かったのですが、あれをよくここまで映像化できたなあという点ではひたすら感心しました。幼児売買による売春、臓器提供、とかなりヘヴィな素材を扱っているので、これを実写で表現するのは相当覚悟がいっただろうなと。

    原作もそうでしたが、そういう場面の描写において、それを描かなくては事件の残酷さは伝わらない反面、それを描いてしまうことで、そういう嗜好の人たちを悦ばせてしまう危険もあって、そのすれすれの所を上手く書いてるなと原作で感心したので、そこは映画版も非常に頑張っていたと感じました。

    宮崎あおい演じるヒロインの、言ってることは正論だけど世間知らずでイラッとさせられるキャラも、腹立たしいまでに原作に忠実(苦笑)。これはもう、あおいちゃんを誉めてあげたい。正論をふりかざすだけじゃ本当の「悪」とは戦えないというか、そういう意味では、新聞記者の男性陣のほうに共感できました。そういう点も含めて、極めて男性的な映画だと思います。

    最後のオチだけが、原作とは違う終わり方だったんですが、江口洋介は熱演でしたねえ。結局、人間の中にある、そのどす黒い欲望がなくならない限り、いくら取り締まっても犯罪はなくならないということでしょう。目の前の子供だけは救えたとしても、根本的な解決にはならない。その、もどかしさ、というか、結局この映画も原作も「解決」ではなく、「問題提起」なのだなあと思います。

    それにしても桑田佳祐のエンディング曲はちょっと興ざめでした(苦笑)。
    (2009.04.17)

  • ここまで重い映画っていう構えもなしに見てしまった。でも、最後まで飽きることはなかったです。
    タイの子どもたちの演技すごい。
    「子ども」じゃなく「子供」って表記なのも、意味深かもしれない。

  • メジャーな人が出ているので内容はそんなに対して残酷にしていないだろうと馬鹿にしてみましたが、その実真実を描いていると思います。俳優だけで見た人は残酷だこんな話があるわけないと考えているかもしれませんが、現実を直視するとおそらくもっとひどい。真実を知りたくない人は見ないほうがよいと思いますが、内容はよかったと思います

  • うーん。フィクションとノンフィクションがごちゃ混ぜなせいでリアリティの欠如を生んでる。ラストももう少し伏線を挟んでほしかった。

  • 自分はいかに恵まれた環境で育ってきたのかを実感する。
    世界には行きたくても生きられない、
    人間として扱われない子供たちがいる。
    そのことを私たちは知らなければいけない。

    だが、個人的にはこうしたタイプの映画はあまり好きではない。
    明るい要素が全くない作品。
    観ていて暗くなる。何もできない自分にも腹が立つ。
    だから低評価とする。
    作品自体はよいものだと思う。

  • 最後がなあ 音楽が流れ出してなんか急に嘘っぽくなった感じ
    なんだフィクションだったんだーと思わされてしまう

    何がどれくらい事実なのかはわからない けど知っていると知らないでは大違いだ

  • 深い悲しみ怒り苦しみ。 

正直、観るに絶えず、言葉が出ない。 
が、伝えるべき、観るべき現実だ。 

目を背けてはいけない。 
序盤の宮崎あおいは本当にバカ女だと思っていたが、 
ひた向きな情熱と地道な行動が尊い命に繋がるのだと 
痛感させられる。その位蔓延っている人身売買。 

最後の江口の部屋に隠された鏡に張られた一面の新聞記事 
(幼児売春にかかる記事)にぽっかりと開いた隙間に 
自分の姿が映し出される演出が見事だった・・・とても。 
メッセージ色の強い作品。一見の価値あり!! 

同じ人間の所行なのかと思うと死にたくなる。 
汚れているのは子供ではなく、私たちなのだから。

  • 現実を知りました。
    子福の人にぜひ見てほしいです。
    【熊本学園大学:P.N. ピヨ】
    請求記号:778/ヤ
    資料ID:00914778

  • 監督・脚本 阪本順治
    出演者 江口洋介 宮崎あおい 妻夫木聡

    ・タイの児童買春と臓器売買といった問題を、国際的な視点で描いている。日本人だけではなく、ヨーロッパ人の児童性愛者も登場する。
    ・カット(カメラワーク)が上手い。ラストのロープや、子どもが焼かれる所など、みせるところはみせている一方で、想像させることで一層深みを増す。
    ・段々と暴かれる、南部(江口)の闇。伏線のはりかたも上手く、ラストの布といい、記憶に残る。
    ・鏡にうつる妻夫木。観客としても、自分をみているような錯覚におちいる。

    ・佐藤浩市の出番が少なく、もう少し掘り下げられたのかなとも思う。
    ・宮崎あおいの人間的成長を、もう少し描いても良かったのでは。内面的な変化があまり伝わってこなかったかな。
    ・妻夫木に関しても同様↑

  • 児童売春 臓器売買 が、テーマの作品。
    舞台はタイ。

    貧しさゆえに金として扱われる幼き子供たち。
    命の重みも人間の尊厳も何も無い。

    生きたまま臓器を移植され、金持ちの子供の命を救う為に、命を失う子供。
    異常性愛者の道具になったあげく、エイズに感染し、ゴミ袋に入れられ捨てられる子供。


    これらは全て現実で。
    この地上で、今も現実に行われている。

    テーマが重すぎて、悲惨すぎて。

    ただただ現実を知るつもりで観たけれど、衝撃的すぎる映像の連続に、感想を抱く余裕すらなかった。

    目の前の1人を救えたとしても、そのシステムを潰さない限り、犠牲者は途絶えない。

    目の前の1人を救うのに躍起になる恵子の感情的な行動には、嫌悪感を覚えた。
    エゴだとすら思った。

    だけど、自分はそうやって、安全な位置から他人を批判するだけ。
    何一つ出来やしないのに。


    貧困の中で、生きのびる為だけに生きている人々に、道徳を説いたとて、 何になる?
    貧困が無くならない限り、この現実は変わりはしない。
    だからきっと、変わる日なんて来はしない。

    目を背けたくなった。
    ただ「現実を知る」という作業からも逃げ出したくなった。

    今はただ、それだけ。

全167件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする