リダクテッド 真実の価値 [DVD]

  • 60人登録
  • 2.94評価
    • (1)
    • (8)
    • (16)
    • (8)
    • (2)
  • 14レビュー
監督 : ブライアン・デ・パルマ 
出演 : パトリック・キャロル  ロブ・デヴァニー  イジー・ディアズ  タイ・ジョーンズ  ケル・オニール 
  • ジェネオン エンタテインメント (2009年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102611736

リダクテッド 真実の価値 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まさかブライアン・デ・パルマ監督が「カジュアリティーズ」以来の戦争映画に手を出すとは思わなかった。僕の知ってるあたりでは「キャリー」から始まり、「殺しのドレス」「ミッドナイトクロス」「スカーフェイス」「アンタッチャブル」「カリートの道」「ミッションインポッシブル」「スネークアイズ」「ブラック・ダリア」など多くの作品を所蔵しています。

    何となく肌が合うというか好きなんですよね!

    「リダクテッド 真実の価値」
    https://www.youtube.com/watch?v=RN58ROyFGKk

    正直進化はない…「カジュアリティーズ」兵士による少女強姦題材をテーマにしたあの作品と何ら変わりない。米兵が少女強姦後に一家虐殺という事実に基づいて描いた作品なのだが、監督がアメリカ人として米軍の行動を恥じているのかそれとも売れそうだからはわからないが、戦争映画2作品とも同じテーマというのはちょっと……善意の人なのかもしれないがイラクの拷問シーンは先日の日本人誘拐事件と変わらないシーンを描いている。

    これは僕の好きな戦争映画ではない。この作品を見て何か新しく生まれたものは何もないように思えた。

  • ☆7

    2014.9 視聴

  • 同じ監督の「カジュアリティーズ」を、場所と時代を変えて撮ったらこうなりました、といった感じの作品。ただ、ベトナム戦争当時と違うのは、ネットの発達によって自分の意見を手軽に世間に配信できる手段が広まった事で、少なくとも一方向からだけの情報で物事の善し悪しを判断するほど、世界は単純明快ではなくなった、という事でしょうか。イラク側のサイトで夜陰にまぎれて爆弾を仕掛ける映像が流されたその後で、米兵がその爆弾で吹っ飛ぶなんて、どっきりカメラにしか見えない。こういう「死」に対する感覚の麻痺が恐ろしいのだけど。

  • まあ、これも真実の一端なんでしょうけれども、なんというか…薄っぺらく見えましたね。最後の写真の羅列なぞもただただ胸糞悪く思えただけで、それ以上の感想はありませんね!

    役者の演技もなんとなく白々しく感じられ…何も揺さぶられるものはありませんでした、ね!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、一応見る価値はありますかね…これを期にイラク戦争を主題としたフィクション物に手を付けてみたいと思いマッスル…さよなら。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • イラク戦争で起こったアメリカ兵によるレイプと惨殺事件の実話をもとに作った映画で、非常に思い映画です。これは、映画を楽しむという気持ちで観てはいけないです。観る側に正しく起こったことを正しく伝えるために注意深く作った映画なんだろうとは思います。

  • ( -_-) Brian De Palma監督作。イラク戦争時、ある検問所付近で実際に起きた米兵による少女暴行・惨殺事件を題材にした作品。
    映像は米兵によるビデオ撮影画像、隠しカメラ、メディア映像、ネット映像のみで構成されており、ドキュメンタリー風を狙っているが、むしろわざとらしく見づらい。かなり実験的な手法だが、テレビの特番のようで、映画としては疑問だ。ドキュメンタリー風に拘るがあまり、被害者の人物や背景、軍内部での処分等が詳しく描かれておらず、単にヒドい事件がありました、と伝えるに留まっている。
    Brian De Palma監督作とは思えない。まぁ本作の公開により、事件を世界に知らしめたのは一定の価値があるとは思うが。心に突き刺さる作品にしてほしかった。

  • 手振れと内容ゆえか、3日かかって見終わった。

    ドキュメントではけしてないのに、
    生々しさを感じてつらかった。

    憎しみは憎しみしか生まない。

  • (2007年作品)

  • 本当にブライアン・デ・パルマなのか?「こんな戦争に巻き込まれちゃったかわいそうな俺達」感が強くて不快感が残った。本当はオリバー・ストーンみたいになりたかったデ・パルマがチャレンジしてみたけど認識が甘くて失敗した的な。

  • 手法と内容は素晴らしい。

    ただ、あの××ッキン・ブタ野郎のセリフが、かなりムカムカして聞いていて嫌悪感を発した。
    洗練されている「フルメタルジャケット」の壁を越えられなかったのは、残念というより、それだけキューブリックの偉大性を露呈させた。

全14件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

リダクテッド 真実の価値 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

リダクテッド 真実の価値 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

リダクテッド 真実の価値 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする