ハロウィン [DVD]

  • 52人登録
  • 3.73評価
    • (7)
    • (13)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 15レビュー
監督 : ロブ・ゾンビ 
出演 : マルコム・マクダウェル  ブラッド・ドゥーリフ  シェリ・ムーン・ゾンビ  タイラー・メイン  スカウト・テイラー・コンプトン 
  • ジェネオン エンタテインメント (2009年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102611835

ハロウィン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 制作年:2007年
    監 督:ロブ・ゾンビ
    主 演:マルコム・マクダウェル、ブラッド・ドゥーリフ、シェリ・ムーン・ゾンビ、ウィリアム・フォーサイス
    時 間:109分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch/DTS5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch


    友人もなく、家庭でも愛されず、孤独に苦しみ続けた少年マイケルはハロウィンの夜、不気味なマスクを被って、赤ん坊の妹だけを残し、母親の恋人、姉、そしてそのボーイフレンドを惨殺してしまう。
    その夜からマイケルは厳重警備の精神病院に収容され、小児行動学者ルーミス医師の治療を受ける事になる。
    彼がマイケルの魔性を理解できる唯一の人物だったのだ。
    そして17年後のハロウィン―成長したマイケルが精神病院を脱出する…。

  •  元祖殺人鬼ブギーマンの「ハロウィン」をロブ・ゾンビがリメイク。

     マイケル・マイヤーズの少年期にスポットを当て、先天的な残酷さと悲惨な環境が彼を殺人鬼にしたことを描く。少年マイケルの何とも言えない怖さと悲しさがいい。
     成人になってからの本編も、ローリーが感情移入できないキャラ設定がされていて、殺人鬼マイケル側で見てしまう。
     ジェイソンやフレディと違ってブギーマンはただの人間であり、「デビルズ・リジェクト」にも見られた異質な殺人鬼の持つ悲哀が描かれている様に感じた。別エンディングでマイケルがドクターの説得に応じるバージョンがあるらしい。それをやってしまったらホラーとして成立しないが、そのバージョンがつくられたのも納得できる。

     ベースはオーソドックスなホラー映画ながら殺人鬼の視点に立たされる意欲作。

  • マイケルが殺人鬼に至るまでの経緯、過去の話はなかなかに良かったと思います。
    本家とは違いますがこれはこれで良アレンジなのではないかと思います。
    とにかくマイケルが可愛いですね!!!!

  • 一番のホラーは15年間精神病院でお面を作り続けていただけなのに2m越えレスラー体系に成長してしまうマイケル少年な気がする。

  • だいたいリメイクものはオリジナルに劣るに決まっているし・・・と長らく放置していたのですが、いや、これはよくできている。ことに日本の観客にとっては、マイケル・マイヤーズの少年時代は、かの神戸児童殺傷事件と瓜二つで、ドン引きです。それは置いておいても、演出や構成はよく考えられていてリメイクとしては大成功した作品じゃないでしょうかね。それにしても、やはりマイケル・マイヤーズを倒せるのはその血を引いたものだけなのかしら・・・。

  • エルヴィス ロブゾンビ イリノイ州 厳密にいうと黒は色ではない ジュディス マイケル=マイキー ブギーマン【boogeyman】1 いたずらな子供をさらっていくという、想像上の妖怪。2 悪霊。 グリズリー ブー

  • 若干ジェイソンやレザーフェイスと似ていたような・・・?
    アメリカではもういじめられっこは殺人鬼になっちゃうっていうのが定番なのかなぁ。
    でもハラハラ感はあったので楽しめました。

  • ロブゾンビだから期待したのにぃ。

    生まれついての悪魔の子成長日記。

    ある意味笑えます。
    脚本もあってないようなもんで。
    そんなとこいたら気付くやろ!とか、あんな風呂に入って無そうなやつだからそんな近くに立ってたら匂うやろ!とか白昼堂々道端にぼーっと立つなとか。

    しかも大人になったら、ほぼジェイソンと同じ。
    淡々と人を殺すだけ。もちろんジェイソンはハロウィンをお手本にしてるわけですが。
    こだわりもないし動機が見えない。

    大体なんであの子が妹だとわかったの?

    ナチュラルボーンな恐怖を描くには生い立ちが不幸だし、どちらかというと最初の人殺しは復讐だったし。

    映像もなにもかも普通で、いや~どう見れば良いのか、まずリメイクする意味あったんか。

    ん~~~これがロブゾンビのほんとの実力か??
    カーペンターの原作を見てないのでなんとも言いようが無いですが、これ一本ではいい映画とは到底いえない作品っす。

    ただマイケルの子役の子は、生身のチャッキーのようで、いい配役だと思いました。

  • これを観に行ったら『公開初日初回先着30名限定オリジナル香水』というものを頂きました。(放置)


    マイケルでかぁぁああいッッッ!!!

    Rob Zombieによるこのリメイクの評判がやたらめったら良いのは何故なのか、私にはよくわからないんだけど。
    確かに昔の作品と比べれば、撮影技術やテンポの良さはそつのない現代風で、ヤングな世代はエキサイティングな鑑賞を楽しめるかもしれないけれど、だけれども。


    マイケルでかいじゃん。


    でかいよ!!!


    ネオマイケルもといタイラー・メイン。身長206cm。俳優兼プロレスラー。X-MENの一員としても活躍している彼は、今作でマイケルに扮し風貌通りの演技を披露。
    具体的に言うと己の肉体ひとつで壁をぶち破ったり、あの人を『南無…(プチュッ)』したりと大暴れですが、そういうのはどちらかというとジェイソンの役柄な気がするんだよな。
    いや、コレはコレでおもしろかったのですが…
    でかい。でかいにしてもでかすぎ。劇中でのツッコミどころは全てマイケルの巨体さに基づくもので、キリがないので割愛。

    なんだかんだでリメイクハロウィン2が来てしまいますが、今からでもいいから新ジェイソンの中の人と入れ替わってくれないかなー。

    ちなみに海外公開版と日本公開版ではエンディングが違う(エンディングどころか色々違っていましたが。)DVDには両方入ってるのかな?

  • 原作への愛情はすごく感じたリメイク。マイケルくんの過去の回想が序盤長く、ホラーなのだが悲しい話に思えてくる。

全15件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハロウィン [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ハロウィン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする