美の祭典【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

  • 11人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
監督 : レニ・リーフェンシュタール 
出演 : ドキュメンタリー映画 
  • IVC,Ltd.(VC)(D) (2009年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4933672236698

美の祭典【淀川長治解説映像付き】 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ローマオリンピックの映画と思っていたのですが、
    ベルリンオリンピックなんですね。
    そして・・・ヒットラーが開会宣言。

    リーフェンシェンタール監督 1938年作品
    34才の時に 監督として 
    ベルリンオリンピックを撮影。

    レニ・リーフェンシェンタールが、
    舞踏家で女性ということはしらなかった。

    見終わった感想は・・・
    とてもいい・・・
    その時期に『スポーツ』を良くとらえている
    と感じた。

    ヒットラーが実に良く出てくる・・・
    ヒットラーの拍手の仕方・・・
    ドイツの400m女子リレーで、
    トップをドイツか走っていたが、
    アンカーがバトンを落とす。
    ヒットラーが残念がるところがリアルである。
    ドイツ人の優秀性を強調し、
    戦争高揚映画として評価されている。
    ドイツと関係が深いので、日本の国旗が良く出る。

    オープニングの ギリシャの神殿
    ギリシャ時代の彫刻・・・
    ひかりによって 石像が 変化していく。
    石像から 人間へ 
    たくましい身体で スポーツの根源は身体ということを
    うまく編集していく。

    身体が燃え上がり・・・聖火。
    聖火ランナーに続いていく・・・。
    (聖火ランナーは、この大会から始まった。

    第11回 ベルリン大会1936年
    51ケ国の参加。

    開会式にいる人の歓声
    会場はヒットラーの敬礼で・・・埋め尽くされる。
    各国のアナウンサーの登場
    この時のマイクロフォンの デザインがいい。

    競技は 円盤投げから始まる。
    競技者の服装が ジャージを着たりしていて
    緩やかな服が採用されている。
    女性の円盤投げでは 豊島 峯島 というのが出てきて
    ぽっちゃり型の日本人体形をしている。

    100m走 は、オーウェンスが圧倒的に強い。
    予選の段階で 10秒2 決勝で 10秒3で優勝。

    三段跳びでは 日本の田島直人が、16mを跳び優勝。
    田島直人は実に小柄なのである・・・。
    それにしても跳躍力がすごい。
    2位も日本人 原田正夫 なんですね。
    三段跳びは 3大会連続優勝・・・。

    棒高跳びは 日本人が健闘。
    夕日が落ちて 夜中の対戦。
    アメリカ人と日本人二人 
    アメリカ人に破れ
    西田修平が2位。大江季雄が3位
    西田修平の顔の雰囲気がいい

    10000mの
    村社講平の走りはすごかった。
    しかし、フィンランドの 3人組の走りの脅威。
    フィンランドは 優勝、2位、3位を確保した。
    結局 村社は、4位だった。
    フィンランド人に比べて なんと村社の小さいことよ。

    最後は マラソン・・・・
    日本人は 優勝 孫基禎 第3位 南昇竜・・・・
    二人とも 朝鮮人なんですね。
    孫のタイムは 2時間29分19秒

    日本の国旗が上がって・・・
    オリンピックが終わるとはいいのであるが・・・
    ちょっと、複雑な感情もはいる。

    孫基禎は、1988年 ソウルオリンピックの時
    オリンピックスタジアムに 聖火ランナーとして登場。
    1992年 バルセロナオリンピックでは 
    朝鮮人 黄永祚が優勝している。

    オリンピックスタジアムが中心の 
    スポーツで第1部が編集されている。
    応援の仕方が 実にほほえましい。
    競技が始まると 応援をやめるシーンもあって
    エティケットがある。

    映画の撮影についていえば
    競技者の動きが早く・・カメラが追いついていない。
    リーフェンシェンタールがはじめて移動カメラを採用したという。
    コマの数が少ないのか 走りがアニメみたいなっている。

    最初の森の中を光が差して
    その中をランニングするというイメージが素敵である。
    体操や水泳の会場が 青空 というのが新鮮である。

    それぞれの競技の躍動感を実に良くとらえている。
    馬術の障害競走が 馬と人間のバランスがみてとれて、
    楽しいものになっている。
    馬も 障害物が怖いのだ。

    スタジアムから サーチライトが空に向かって
    何本もの ひかりで包まれるのがうつくしい。

  • 民族の祭典よりもより人間の肉体美が味わえる。

全2件中 1 - 2件を表示

美の祭典【淀川長治解説映像付き】 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

美の祭典【淀川長治解説映像付き】 [DVD]を本棚に登録しているひと

美の祭典【淀川長治解説映像付き】 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

美の祭典【淀川長治解説映像付き】 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする