淡雪

  • 79人登録
  • 3.44評価
    • (5)
    • (10)
    • (18)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
アーティスト : イメージ・アルバム  鈴木達央  羽多野渉  武内健 
  • インターコミュニケーションズ (2009年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4523513825244

淡雪の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エロ含有少なめ、甘いです。ふわふわです。話の内容も声優さんたちの声もとても甘い!!!

    それにしても たっつん・・・エロボイスなイメージな人だけに、あのかわいらしい祐真をどう演じるのかなぁって思ってたらやっぱりプロだね、

    かわいい!かわいすぎる~(≧▽≦)♪

    ただ残念だなって思うのは
    これ、原作読んでないと楽しめないよ、多分。
    つか、文章の方が面白かった。。。 

    おまけフリトCDがこれがwwwwww
    たっつん・・・・死んでるw 頑張った、頑張ったよね、うんwwwwwww

  • 関連作「夏雪」

  • 高校3年生の和倉佑真は、異性に興味を持てない自分を偽り、必要以上に明るく振る舞っていた。上辺だけ平穏な日常が、後輩・武川秀一と出会って変わり始める。無愛想だけどまっすぐな武川に、恋をしてしまった佑真。
    誰も好きになってはいけないのに――思い悩む佑真だが……?(メーカーより)

  • 別に白雨を先に無理やり聞く必要なかった…。
    時系列はこっちのが先だし。
    白雨を聞いた時に達央のトーンの高さに身悶えたけど、ドラマ丸々やりきるのは大変だろうなぁ。
    わっちゃは落ち着いたいつもの感じで、聞き慣れた安心感がたまんなかったね。
    久々に泣いたよ、これ。
    2ヵ所かなぁ…。
    覚えてないとか(笑)。
    1つ確実に覚えてるのは武内くんに泣かされたってこと!
    なんか優しい大人の人がそばにいてくれてホッとしたって言うか…!
    完全に達央に感情移入してるから凄いそういうのに弱いの(笑)。
    わっちゃが女の子と付き合うって言った時も超泣きそうになったし(笑)。
    泣く暇なかったけどね。
    病院に呼び出されたから(笑)。
    ホントにアンバランスなキャラで聞いてると疲れる。
    だから余計愛しいかも。
    アンバランスっていうより不器用。
    山科に襲われた時の反応はいただけなかったけどね。
    なんだ、その理由!
    武内くんが癒し~。
    いつも可愛いのしか聞かないから新鮮だし、穏やかに胸キュンさせてもらいました。
    わっちゃのぶっきらぼうな優しさも聞いてて嬉しかったし。
    嬉しいとか完全に佑真目線になってるあたりヤバイな。
    達央はこうなる割合が異常高い…。
    トークは回してる達央がグダグダで全体的にグダグダ(笑)。
    でもわっちゃがちゃんと武内くんに回してくれるから話してくれて嬉しいなぁ。
    なんかあたし武内くん大好きな感じだね!

  • ( 羽多野×鈴木達 )

  • ▼原作:真崎ひかる

    ▼主なキャスト

    羽多野渉×鈴木達央 武内健

    <HR size=1 color=000000>
    面白かったけど
    父親の件とか先が読めて…(´・ω・`)ナンダカナ-

    あと、たっつん!
    今までに無い可愛い声を頑張って出してるのは分るが…
    あまり繊細なキャラに聞こえないし
    興奮するといつもの声みたいになってるし…で
    それが気になってしまって集中出来なかった _| ̄|●

    やっぱりこの人の作品は、いい話だと思うし面白いけど
    ちょっと印象が薄くて残念な感じがする…。
    ドラマCDだから端折ってるのかもしれないけど。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

淡雪を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

淡雪を本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする