ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]

  • 657人登録
  • 3.67評価
    • (81)
    • (141)
    • (132)
    • (28)
    • (7)
  • 155レビュー
監督 : デビッド・フィンチャー 
出演 : ブラッド・ピット  ケイト・ブランシェット  タラジ・P・ヘンソン  ジュリア・オーモンド  ジェイソン・フレミング 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2009年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135714237

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまり期待しないで見たが、意外と良かった。
    子ども時代は穏やかに根気強く相手をしてくれる老人、若いころは落ち着いた中年、老い始めたら青年、老人になったら可愛い子どもって女の理想の相手を一人の男がしてくれたわけで、ある意味女のファンタジー。
    デイジーは幸せだね。
    それにしても老けメイクとCGの技術の素晴らしさよ。どこがノーメイクのブラピとケイト・ブランシェットなのかよーく見てもわからない。
    長いなと思ったけど、(原作は短編だと知ってはいるが)小説だったらこれくらいのエピソードは作品として必要で(でなければ老人で生まれて赤ん坊で死ぬという基本設定のあり得なさをリアルに思えない)、映画もこれくらいの長さがスタンダードになれば、小説の映画化作品も、もう少し納得いくものができる気がする。
    黒人の母親が素敵で、このつかず離れず感は親として見習いたいものだと思った。

  • 面白かったし、よく出来ていたけど
    「フォレストガンプ」を
    もう一度観ているような感覚になった。

  • 人の一生とは。
    泣いたり笑ったり、絶望したり、立ち直ったり。
    そんな事を繰り返している間に、あっという間に終わってしまうものなんだな…

    赤ちゃんとして生まれ、成長し、やがて老いていくも、
    老人として生まれ、若返り、やがて幼子として死んで行くも、
    さほど変わらない。
    が、
    それでも、特異ではある後者の運命を辿ってしまった一人の男の長い一生に、最後まで付き合っていたい、見送らせて欲しい、そんな気持ちでいっぱいになってしまった。

    それまで意識もしていなかった。
    当たり前の日常。
    同じ様に繰り返されていく日々の果てにある未来まで見通せる程、平坦な道を歩むだけの人生、でも…


    やはり、素敵だ♪
    人と出会う事、
    好きになる事、
    恋をする事。
    やがて、
    大切な家族が出来て、
    自分よりも
    もっと
    もっと
    守りたい人が
    一人、二人、と増えていって。

    そして時折、逆らう事もままならぬ程の大波に呑まれながらも、
    もがいて、
    足掻いて
    必死で
    必死で
    生きようと懸命に呼吸して。

    そうして気がつけば、
    もう一度、
    いや、
    何度でも
    人生を繰り返して生きる為の、
    行為を私達は無意識に行っている。

    何度でも生きたい。
    どんなに苦しもうとも。
    人の本能が、何故そう叫んでいるのか、
    静かに
    静かに
    心に沁みてくる様な…

    小さくて温かい命が
    例え、
    これから失われようと、
    これから生きようと、もう、どちらでも構わない。

    成す術がないなら、ただ身を委ね、
    後はひたすら眠るだけ。

    そうすれば、
    そうすれば、
    やがて朝は来るのだな。

    一人の男性の数奇な人生を見送った後、心に射したのは朝日の様に眩しい光。

  • ブラピのかっこいいこと!

  • 若い頃のジーンズのブラッドピットがイカす

  • 発想がおもしろい。
    まるで老人のような姿で生まれた赤ん坊を実父は捨て、黒人の女性は拾って我が子としてかわいがる。体裁なんて関係ない。同じ人間なんだもの。映画を通して学ぶことがあった。
    ブラッドピットが育ての母をママンって呼ぶのが母性本能をくすぐる言い方でかわいかった。
    ただ、長かった。面白かったけど、疲れた~

  • とても静かでいい映画でした。ベンジャミンの老人の姿で産まれ若返っていくという点は他の人と違うけど、成長の過程はみんなと同じ。いろんな人と出会い、いろんな価値観に触れ、時には影響を受けたり、逆に影響を与えたり、別れたり、再会したり、悪いことを経験し、つらいことを経験し、楽しいことも経験し、失恋したり、恋が実ったり、大切な人を失ったり…そうやって少しずつ自分というものを作っていくベンジャミンと昔から今までの私自身の姿を重ね合わせて見ていました。沢山の人が彼のまわりを通り過ぎていって、確かに別れはつらいけど、それもまたそれぞれの人生なんだってことを教えてくれる映画です。意味のない出会いなんかないんだね。それが分かった。

    変わろうと思えば変われるし、変わらないこともできる。

    この言葉を胸に刻んでこれからも色々な出会いを繰り返して成長していきたい。

  • 長い。
    とにかく長くて。。。

  • 生と死について。永遠について。人生について。
    人はひとりきりで生まれ、ひとりきりで死んでいく。
    流れゆく時間に逆らえる人間はいないわけで。

    テーマ自体はずっしりしてるけど、テンポよく見れるし、何より言葉の言い回しが美しいしセンスフル。

    満足感のある映画でした。

  • どう思えばいいのかわからなかった。
    自分が映画だと感じる条件は、

    ・ストーリーが面白く、楽しめるか
    ・自分の人生に役立てられそうな思考があった、できたか
    ・新しい考え方を知ることができたか

    なのかもしれない。自分とは全く関係のない特殊すぎる条件の人物が、どれほど数奇だろうと興味は惹かれないかも。

全155件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする