相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]

  • 290人登録
  • 3.10評価
    • (8)
    • (28)
    • (81)
    • (18)
    • (6)
  • 58レビュー
監督 : 長谷部安春 
出演 : 六角精児  萩原聖人  市川染五郎  紺野まひる  片桐はいり 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2009年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135717009

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  相棒のスピンオフとも言える今回の作品。
     我らが米沢さんが主人公です。

     いや、本当、相棒本編の中でもいい働きをしてくれる米沢さんなので、今回もとてもいい働きをしてくれました。
     期待に漏れず。

     今回は、米沢さんの突然姿をくらました奥様がちょっとだけ関わってくる話。

     米沢さんが、例のフルマラソンの事件でのおまけ的な話になっていて。
     フルマラソンの顔認証システムで、元妻にそっくりな女の人を見つけて、米沢さんはその人の情報をマラソンの主催者に問い合わせて、彼女の住所と名前を知る。

     ……って、この時点で公務員の個人情報保護違反だと思うんですけど、まあ、そんな細かいことには目をつぶろう←

     結局のところ、そのなくなってしまった女性は米沢さんの奥さんではなかったんですが、その代わり、その女性の「元夫だ」という警察官が現れて、
    その人に引きずられるように捜査を始めるようになる。

     というのが、物語の発端。
     普段の右京さんの時よりも推理の飛躍がなくて、ずっと愚直でゆっくりとした話なんだけど、たまたま似たような見た目をした女の人を愛した男の人の話はちょっと切なくはありました。

     米沢さんのおくさんが無事でよかった、というべきなのかは少し考えさせられるところですね。

  • 私の中では本編を越えたスピンオフ。

  • 相棒のスピンオフ。
    鑑識さんの当事者意識に脱帽です。

  • 犯人が意外。しかし犯人検挙に至るまでのやり方(特に後半)がずるい・・・その点だけやや不満です。
    でも、大人の科学の付録で指紋採取したり、盗聴器見つけたり、鑑識ならではの事件解決方が楽しかった。相棒シリーズをちょこちょことしか見ていない私でも十分に楽しめました。

  • 水谷豊の 相棒シリーズで 
    鑑識をしている米沢守(六角精児)の物語。

    東京シティマラソンの日に・・・
    自殺した 女(紺野まひる)がいたが・・・
    それは 六角精児の 別れた嫁と名前も顔もそっくり
    しかし、ほくろがなかったり 血液型が違い。
    違うのである・・・

    自殺した女と離婚した夫(萩原聖人)は 刑事だった。
    萩原聖人は 元嫁 紺野まひる 自殺でないと思い・・・
    犯人探しをするが・・・

    紺野まひるの勤めていたところが・・・・
    警察官僚の天下りをする・・・協会だった。

    セクハラ・・・・疑惑
    そして 使い込み・・・・
    果たして 自殺だったのか?

    六角精児の 魅力が あふれていた。
    スーツ姿が にあわないねぇ。
    そして 現場たたき上げの刑事 萩原聖人と比べて
    頭脳戦が ちゃんとできる。
    それが 魅力的で・・・

    解決が 落語とはねぇ。
    『語るに落ちる』

  • お金かかったやつよりも、普通にスピンオフの作品のほうが映画としては楽しめました。犯人も思っていたのとは違っていて楽しかったですし、良作。

  • 犯人お前か!笑

  • 不思議コンビ

  • テレビでやってたのをなんとなくみた。2時間ドラマでよかったんじゃない?

  • 「日曜洋画劇場」にて。六角さんが映画主演。この事実はいろんな意味でいろんな人に勇気を与えただろうなぁ。

    ラストで一芝居打って犯人をおびき出すところは「おお」と思いましたが(てっきり犯人は×××だと…)、まぁ2時間ドラマで十分かなという内容(ドラマシリーズ見てませんけど)

全58件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする