スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 317人登録
  • 3.80評価
    • (42)
    • (76)
    • (61)
    • (8)
    • (1)
  • 66レビュー
監督 : J.J.エイブラムス 
出演 : クリス・パイン  レナード・ニモイ  ジョン・チョウ  サイモン・ペッグ  ブルース・グリーンウッド 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113824774

スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公無双過ぎない、伝説の始まり
    報われすぎたり恵まれ過ぎたりすることがないので、主人公に感情移入して見ることが出来た。SFの何でもあり感を抑えた見やすい作品

  • 過去に放送・上映された「スター・トレック」のリメイクだとか。

    映像美はさすが現代だけど、古臭いSFのテイストは存分に残している。船も、艦内ももっと現代的にできるはずなのに昔ながらのテイストなのは、わざとなんだろうな。味がある。

    英語が面白いとおもったけど、これは普通なのかな?
    やたら名詞でしゃべるなーとか思ったんだけども。
    それとあわせて翻訳が巧みで、分かりやすく訳してる。


    全編レンズフレア多すぎてもはやギャグw
    ロシア弁丸出しだし、カークは惚れた女の人をスポックに奪われてるしw

    そんな「お笑い要素」もふんだんだけど、ストーリーはきちんと作りこまれていて、オープニングからいきなり感動的。泣かせる。
    スポックは話が進むに連れて心を開いていく。
    そしてなにより、反目していたカークとスポックが心を通わせていく姿がいい。めちゃくちゃいい。男の友情かっこいい。

    若干カメラワークがめまぐるしくてついていくのが大変だったけど、それ以外は文句なし。ストーリーの重厚さとお笑いのバランス感覚もいい。展開も飽きが来ない。
    後半はばっちり引き込まれる。

    観るまでしらなかったけど、続編がこの8月に日本公開だそうで。みようかな。
    あと、過去のスター・トレックシリーズ観たくなった。

    __________

    【6/10追記】
    旧「スター・トレック」第1作をDVDで見た。

    昔ながらの映像なんだけど、最近こういうの見るとどういうふうに撮ってるんだろうってすごく気になる。
    CGもまだまだの時代に、よく撮ってるよなぁ。

    展開は「だいぶためるなー」って感じ。
    でも、オチっていうか話の仕掛けは良く出来てて好き。

    ファンタジーな設定を使って、人間の感情とか、「機械」論とか、哲学的とも言えるテーマを浮き彫りにする。こういうのが古き良きSFの良さとかっていう話を某所で聴いたんだけど、今作もそう言えるのだろう。
    その深みがすごく良かったので、星4。

    ただ、カークむちゃくちゃしすぎ。

  • 昔からスター・トレックのドラマに興味があったのですが中々見る機会に恵まれず、リメイク版で我慢しようと思い期待も込めて観たのですが、SF独特の世界観で舞台も宇宙が中心なためかCGがふんだんに使用されており、星はもちろんフレアのグラフィックがとても綺麗で思わず息を飲むほどでした。実はスターウォーズの様な話が複雑すぎるSFは苦手なのですが、これはストーリーも主人公の目的も明確で分かりやすいものだったので私のような方でもすごく楽しめる作品だと思いました。是非、オススメなので観てください!

  • 字幕: 松崎広幸

  • レンタル>今作,リブート版より昔のシリーズはちょっと見た程度で未見に等しい。JJ監督と言う事で。面白く作ってありますね^^♪SF娯楽の王道をいってる感じww大画面で見た方が圧倒的に楽しめたと思うが、アングルによってはぐるんぐるん目が回りそうな気がしないでもない笑。SWのような可愛い異星人が出てきたりwもっとクリーチャーがSW並みに出てくれれば楽しい♪SW.EP7が非常に楽しみなような怖いようなww。。Mr.スポックってハーフだったんだw老スポックが可愛い♪S.ペッグがおとぼけキャラで○♪ネロがエリック・バナだと、ずっと気付かなかったわ(^^;)。。

  • ★★★★☆ 4.5 旧作シリーズは未鑑賞。「エンタープライズ号、カーク船長」の誕生までが話の中心。SFにあまり興味のない自分でもこの映画は見ていてワクワクするような設定が一杯有った。ゲームの「スターオーシャン」シリーズはこの作品の世界観をモチーフにしたんだろうなと映画のストーリーとは関係ないことを考えながら見ていたりした。続編もあるようなので見ていきたいと思う。旧作はどうするかなあ。

  • やっとみたリブート版1作目。
    続編の『スター・トレック イントゥダークネス』を観ているので、それぞれのキャラクターの未熟さが新鮮だった。
    カークとスポックの友情はこうやって確立されていったのね。お互いが気に食わなくて、本気でぶつかりあっているカークとスポックが面白い。(続編の展開を知っているから尚更)
    今作ではドクター・マッコイが目立っていたような気が。カークとドクター・マッコイの悪友な感じが良い意味で男の子で、観ていて良かった。
    ああいう友人がいると無茶も出来るよね。
    序盤から後半にかけて、自分のポジションを自覚し、行動していくキャラクター達から目が離せない。非常に楽しめた1作でした。

    J・J・エイブラムスの、船がワープした後にズームで撮るあの撮り方が凄く好きだと今作で気付いた。スマートな撮り方が本当に格好良い。

  • WOWOWで視聴(字幕版)。
    先にイントゥダークネスを観ていたのですが、映画としてはこちらの方が楽しめました。
    イントゥダークネスはカーン(ベネディクト)は文句なしだったのですが、カークの言動があまりに強引過ぎて、勝算があっての決断というよりはただのスタンドプレイに見えてしまったので…。それに対して今作のカークはまだ見習いの身でありながら気付いた事実を懸命に訴えて仲間を救ったりという魅力を感じさせる行動に見えました。
    また映画1~6を観た後で見たのでカークとマッコイの出会い、マッコイとスポックの確執などはなるほどここから…とにやりとするものがあり、老スポックの登場はそれだけでグッと来てしまうところも。
    この面子での3作目があるなら2作のいい面をそれぞれ活かしたものをまた作ってもらいたいな…と。今度こそは劇場で観たいものです。映像の迫力は本当に凄いですね。

  • 恥ずかしながら旧作は一切見視聴でしたが、新しい映画としてこれ単体で十分に楽しむことが出来ました。
    魅力的なキャラクター、テンポのいい筋運び、お約束ながらも痺れる展開、とハラハラドキドキ、映画って楽しいね!とストレートに感嘆できる作品でした。好き。
    レンタルで借りた翌日に、ブルーレイ買い直しました。

  • 旧シリーズ・TVドラマは未視聴。
    それでも十分に惹きこまれ、見入ってしまう面白さがある。そして、上記のシリーズや続編を見てみたいなと思わせる魅力的な映画だった。艦内の構造や宇宙空間の映像美が素敵。
    登場人物のことを言うと、カークとスポックの関係性の変化が好き。ある程度打ち解けてからの会話のやり取りが面白い。
    俳優ではカーク役のクリス・パインがすごく良かった。

全66件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする