a+u (エー・アンド・ユー) 2009年 02月号 [雑誌]

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • エー・アンド・ユー (2009年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910019730293

a+u (エー・アンド・ユー) 2009年 02月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カレンツ:レンゾ・ピアノによるキンベル美術館拡張プロジェクト/ザハ・ハディッドがウィーンの図書館および学習センターの設計競技に勝利/JDSとクラール・アーキテクツによるコペンハーゲンのカルヴェボー・ブリッゲの計画

    追悼:
    ヨーン・ウッツォンを悼む
    竹山実

    特集
    ルイス・カーンの住宅

    再録:思索 ―― 建築的思考の世界
    ルイス・カーン

    フィッシャー邸

    図面:フィッシャー邸のデザイン変遷

    対話:ルイス・カーンとドリス・フィッシャー
    家の中のもう1つの家

    エシェリック邸

    オーザー邸

    ローシュ邸

    ワイス邸

    エッセイ:ルイス・カーン、内から外へもたらされるもの
    ジョージ・H・マーカス

    ジェネル邸

    ウォートン・エシェリック・ワークショップ

    シャピロ邸

    コーマン邸

    エッセイ:ルイス・カーンの描く部屋(ルーム)
    ピーター・コヘイン

    ショウ邸

    カーン自邸

    マイヤーソン邸

  • a+u2月号はルイス・カーンの住宅特集。
    見応えはあるが読み応えはない。
    ピクチュアレスクな美しさではない豊かさや温かさを感じる。

    以下、カーンの言葉抜粋。

    あらゆる物質は燃え尽きた光であり、その光はあらゆる物質の創造主である。

    空間は光の性質によってつくられる。

    数値の面では切りつめても理念の面では妥協しない。

    構造は光の意匠である。

    ルームを作るとはそのルームが固有の光に照らされること。

  • ルイスカーン特集!!
    写真いっぱい。
    図いっぱい。

    エシェリックハウスは、家具がなくてがらんどうの写真。
    魅力半減。
    でも、緑に囲まれた外観が美しすぎるので許す!

全3件中 1 - 3件を表示

a+u (エー・アンド・ユー) 2009年 02月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする