タイム・クライムス [DVD]

  • 21人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
監督 : イグナシオ・ビガロンド 
出演 : カラ・エレハルデ  カンデラ・フェルナンデス  バルバラ・ゴエナガ  イグナシオ・ビガロンド 
制作 : イグナシオ・ビガロンド 
  • AMGエンタテインメント (2009年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4545180051184

タイム・クライムス [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地味だけどうまいこと出来てた。
    でも地味。だいたい映画の中で双眼鏡とか望遠鏡とか覗くと碌なことはない。

  • さえないおじさんがある1日を何度も経験するという、タイムパラドックスものなのですが、やっぱりこの手のものは途中で何が何だかわからなくなってしまうのが問題ですね。また同じ時間を何度も見せられるせいで、「だいたいこういうことが起きるんだろうなぁ」という予想が当たってしまうのもちょっと困ってしまうのであります。それにしてもなんであんなところに都合よくタイムマシンがあるんだ???

  • 妻と共に新居に越してきた中年男エクトル。庭から双眼鏡で森で服を脱ぐ女を見る。行ってみると女は全裸で倒れていて、突然ピンクの包帯で顔を隠した男に腕をはさみで刺される。追ってくる男から逃げようと丘の上の研究施設に逃げ込んだら変な機械に誘導され、過去へタイムスリップしてしまった。双眼鏡で覗くとそこには数時間前の自分がいた。過去を変えれば消えて、エクトル1に取って代わられてしまうのだ。エクトル2は自分が見たとおり自作自演していくが、妻を殺してしまい、もう一度戻ろうとする。そして研究者の前に今度はエクトル3が現われ...。スペインのタイムパラドックスSF映画。

    脚本は綿密で面白いんだけど、道で出会った女の人の踏んだり蹴ったり具合とか、エクトルの道徳心のなさとかドジ具合がええっ??っていう展開のSFだった。

  • スペイン産SF『タイムクライムス』観た。

    田舎に嫁と越してきたおっさんが林を覗いていると
    かわいこちゃんが脱ぎだした!
    嫁が出かけた!今だ!
    おっさんは林に向かった!
    …それが悲劇の始まりだった、
    という超良作マイナーSF。

    タイムクライムスを観ていると
    『プライマー』(http://t.co/4UF1PxV)を思い出した。

    プライマーは伏線がありすぎて難解かつ低予算で有名であり、
    映画好きのイモコと一緒に観て、
    理解するために日本語吹き替えで再度観て、
    いまだにイモコと意見が割れるくらい難解なんだ。

    しかしタイムクライムスは1回で大体理解できる。
    おそらく観た人はどうしても1ヶ所だけ確認したい場所が出てくると思うし、
    その期待は裏切られない。

  • 低予算ながらとても面白い映画に仕上がっている。いわゆるタイムマシンものだが、普通のように「裏をかく」から一歩進化させ、「裏の裏をかいている」ところがミソ。観ているうちに、「あぁ、そうだったのか!」と謎が明らかになってくる。すべてのシーンにその後への伏線が張られていて、最後できれいにつながるのが爽快。まさに脚本の勝利。

  • いやはや、そうくるか。スペインにはこの手のB級低予算映画がたくさんあるけど、それがまたおもしろかったりするんだよなあ。

全6件中 1 - 6件を表示

タイム・クライムス [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする