愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)

  • 34人登録
  • 3.87評価
    • (1)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : 大島渚 
出演 : 松田暎子  藤竜也 
  • Criterion Collection (2009年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 0715515045315

愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大島渚監督の凄さをまざまざと見せつけられた映画だった。これでもかこれでもかというほど、性描写で埋め尽くされた102分。これだけベッドシーンを詰め込んでも、すべての行為が、全く違う色情や色味や表情を持っていて、ひとつひとつが別物なので、不思議と映像的に飽きない演出。それが凄いと思った。

    また、藤竜也と松田瑛子の迫真の演技。妥協を一切許さないカメラワーク。映画ということも忘れ、その世界にどっぷりと入り込んでしまうほどリアルだった。これだけの作品を仕上げるのに、相当な覚悟が必要だったと思う。見終わった後は、こちらまでへとへとになってしまった。

    「日本の文化」としての映像も、とても美しく描かれていて、世界が認めるのも納得の、完璧な仕上がりだった。

    ただ、個人的には、藤竜也が老女の芸者と関係を持ったシーンが、あまりにも強烈で、しばらく立ち直れなかった。。。

  • すごいもの見ちゃった!っというのが正直な感想。

    なぜここまで性交描写が必要なのかなと思いつつ、大島渚や主演の二人の覚悟にひたすら敬意を覚える。

    阿部 定の情ふかく女として可愛らしい部分が描かれていて、よかった。そして藤竜也がカッコイイ!

    過去に観たどんな映画とも違う。一度は体験した方がいいと思う。

  • 定を驚くほどの器のデカさでもって包容する藤竜也が
    やさしいし、何よりカッコいい。
    (イチモツはそんなでもない)

    これほどまでに究極の愛を描いた作品もないと思う。
    この映画が女性に人気がある理由がわかる気がした。

  • しっとりした色彩の使い方には
    大島渚なりの美意識があるのだろう。

    自由に何を撮ってもいい・・・というのは
    自由度が増えることは確かだ。
    これを撮っちゃいけません・・・
    という制約の中で 映画を作るのとは
    違うものがあると思った。

    だからといって それに成功しているかといえば
    残念ながら 物足らないのだ。
    松田暎子が ただのものずき・・・・という
    淫乱性を滲み出しているが・・・
    愛によっていないなぁ。
    もっと 表情から にじみ出ないといけない。
    殺してまでも愛したいという気持ちが・・・・

    藤竜也は好演。
    首を絞められるときの顔が 諦観の顔していて・・・
    瞳の中が 深く沈んでいる。
    この表情だけで いうことはない。

    定と吉蔵が 対等じゃないといけないが
    どうも 定に ポイントがあるようになっている。
    どろどろとした情念が あふれ出ないといけないが・・
    藤竜也が 68歳の芸者さんまで相手する
    サービス精神には ・・・・

    表現の自由とか
    猥褻がなぜ悪い・・・
    という範疇に入る 映画でもないような気がするが。
    時代は やはり変わっていくものである。

    SADAの黒木瞳と片岡鶴太郎は
    たしかに 対等であったが すこし さわやか系だった。

    どうして これほどまでに 阿部定の 
    映画を観ることになってしまったのだろう。
    全部そろっていたのが 収集力なんですね。

    失楽園もあったが 観ることができない・・・
    残念である。

  • 全編の7割以上に性描写があって、無修整で(このDVDもかな??)しかもちゃんと本場を撮影してるって、とんでもない映画なのに、観てる間中ちっとも後ろめたさを感じなかった。
    行為うんぬんじゃなしに、狂気すら感じるほどの深い愛憎に、それをぶつける術の行為に圧倒された。
    これ日本では修正されたものを上映されてたって聞いたけど、絶対に無修整で見た方がいい!
    本質を見ようともせず、本や映画を禁止したり、修正したり。
    そんなんじゃ、何も伝わるわけがない。

  • とてもよかった!

  • 執着とか愛とかよく分からない私ですが、俳優さんのエロさと映像のエロさを堪能致しました。

  • 濡れ場のてんこ盛りに中盤あたりで胸がペンペンになり、最終的にストレス性の涙が出た。
    凡人から見ればキチガイ沙汰だけど倫理や人道を突き抜けた在り様を共有した主人公2人が無性に羨ましく思えてくる不思議。

    ところで、無修整じゃなくても個人的には別に良かったかなって思った

  • 想像の範疇超えてました

全9件中 1 - 9件を表示

愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)を本棚に「観たい」で登録しているひと

愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする