顔のない悪魔 [DVD]

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : アーサー・クラブトゥリー 
出演 : マーシャル・トンプソン  キム・パーカー  テリー・キルバーン  マイケル・バルフォア  キナストン・リーヴス 
  • TCメディア (2009年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4540498800080

顔のない悪魔 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • DVDでイギリス映画『顔のない悪魔』を鑑賞。1958年作だが、日本では公開されなかったらしい。

    深層心理が現実化して生み出されるモンスターが登場するのだが、これがまたすごいデザイン。脊髄と神経を引きずった人間の脳に触角が二本突き出ている。それが尺取虫のように這ったり、ピョンピョン跳ねたりする。もはや、SFというよりホラーだ。

    深層心理の怪物なので『禁断の惑星』のイドの怪物のように武器が効かないかと思いきや、ピストルであっけなく退治できる。しかし、人の心が生み出す怪物なので無尽蔵なわけで、とにかく数が多い。

    ヒロインは可愛く、シャワーシーンもあってそれなりに観客サービスしているところが嬉しい。

    2017.5.7

  • 1960年より前に大量出血や脳を吹っ飛ばす画を入れていたってことにまず驚きですが、SF的な言説のすっ飛ばし方もかなりものもので、電気と原子力を絡めさえすれば…というようなやっつけ論理。最後は稼働中の原子炉をダイナマイトで爆破し大団円という、ある意味ラストシーンが一番おぞましい(^q^) 思考が生体になったという脳化け物の死に際のグロさは今でも嫌な感じしますが、過剰にかぶせる種々の音がこれまたグロい。脳を吸い取られた男性のうなりはトラウマものです。

  • SFホラー映画の古典作品。原子力の力を借りて思考を具現化したら、脊髄を引きずる脳味噌モンスターが出来てしまいました。突っ込みどころが多いんですが、モンスターデザインは奇抜ですし、コマ撮りもスムーズでイイナと思いました。モンスターが溶けていく描写が不必要なくらい丁寧で、スタッフの拘りを感じました。

  • 『顔のない悪魔』[FIEND WITHOUT A FACE](1959)イギリス/74分

    “カナダ ウィンスロップにある、アメリカ空軍迎撃基地第6試験場。歩哨が異様
    な物音に気が付いて、警戒しながら音のした方向に近づいていくと突然男性の悲
    鳴。現場に着くと男性は既にこと切れていた。
    FBIから送られてきた報告書によると、死んだジャック・グリゼルは35歳カナダ
    国籍。専門は科学的農業。戦歴優秀、戦後農業を学ぶ。妹のバーバラ24歳と農場
    で暮らす。
    とても殺されるような男性ではないものの、なぜ早朝の3時に森の中にいたのか
    という疑問が残る。Dr.ウォーレンの検死の結果が出たとの連絡が来たので、喜
    び勇んでカミングス少佐が赴くと、町長と地元の検死官がしゃしゃり出てきて結
    局検視はできなかったという。
    アメリカ軍の申し出に対して、妹のバーバラとホーキンス町長がわざわざ直接バ
    トラー大佐のところまでやってきて、検死はしないと強く申し入れてきた。
    今度はアダムス夫妻が襲われた。夫人のアメリアが鶏に餌をやりに鶏小屋に入っ
    た途端襲われ、悲鳴を聞きつけて駆けつけた主人のほうも襲われてしまった。
    町長は基地の原子炉から出てる放射能が原因だと、基地に抗議してきた。この結
    果、アダムス夫妻の殺人現場からまたもやアメリカ軍が締め出されるはめに。カ
    ミングス少佐に、大佐から何が何でも遺体を手に入れろとの厳命が下る。
    極秘で手に入れた遺体をDr.ウォーレンが検死した結果、アダムス氏の後頭部に
    小さい二つの穴があり、延髄を通って脊髄まで達していたと。そして頭を開いた
    結果、脳が見当たらずさらに脊髄まで消えていた。
    ついに町長まで襲われるに至り、町民は自分たちで捕まえるべく武装して自警団
    を組織し、森の中を捜索し始めた。何事もなく終わるかに見えた森の捜索も、終
    わる間際に今度はギボーズが消えてしまった。
    カミングス少佐は、偶然知ったウォルゲート教授の著作から、教授の研究内容が
    事件と重なっていることから、教授から調節に話を聞くことにした。
    ようやく教授の口から語られたのは、強力な電気を流すことで思考を独立させる
    装置を開発したという。あと必要なのは、よりスムースで私の脳に悪い影響のな
    いエネルギー。
    これを得た教授は、分離した思考を人類に有益な生き物として実体化することを
    考え始めた。人間の脳に似ているうえに、移動可能な生命体。教授は作り出すこ
    とに成功したものの目には見えなかった。気が付けば、奴らに資料も装置もすべ
    て破壊され、部屋から逃亡されてしまった。奴らは原子力のエネルギーを吸い力
    を増大させ、次々に人命が奪われ始めた。解き放たれた“悪魔”は、ついに教授を
    も襲い始めた…”

    は~い★ 今回も、豆狸大好きSF映画の黄金期“’50年代SF”物ですが、従来の
    アメリカ物ではなくて初めてのイギリス物です。

    ●ウォルゲート教授が思念から作り出した“悪魔”;触覚が2本突き出したむき出
    しの脳みそに脊椎、神経線維2本を手の代用として用い、移動するときは脊椎を
    尺取虫よろしく曲げ伸ばしして移動。ただ獲物を狙うときのみは、曲げた脊椎を
    一気に伸ばしその勢いで襲いかかり、神経線維を口吻代わりに差し込んで脳みそ
    を食べてしまいます。でも脳みそは栄養源というわけではなく単なる嗜好品のよ
    うなもので、本来のエネルギーは原子力エネルギーを主食としています。
    ちなみに、あさりよしとおの代表作『宇宙家族カールビンソン』の、コロナちゃ
    んのペット“ターくん” のモデルになっていることはご存じのとおりです。

    ストップモーションアニメーションは、ドイツの特殊効果アーティスK. L.
    Lupelの手によってミュンヘンで作られたそうですが、“悪魔”のデザインをした
    のが彼なのか、はたまたディレクターのBaron Florenz Von Nordoffなのかは今
    の時点ではわかりません。
    ご存知の方がいらっしゃれば、ぜひご一報をいただければ幸いです。

  • コルシカ島、フランスなどを舞台とした作品です。

  • 典型的ないわゆるカルトムービー。個人的にカルトムービーといえば顔のない悪魔って感じ。普通に楽しめるので買って損はなし

全6件中 1 - 6件を表示

顔のない悪魔 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする