奇跡の丘 ニューマスター版[DVD]

  • 41人登録
  • 3.46評価
    • (4)
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : ピエル・パオロ・パゾリーニ 
出演 : エンリケ・イラソキ  マルゲリータ・カルーソ  スザンナ・パソリーニ 
  • エスピーオー (2009年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988131908562

奇跡の丘 ニューマスター版[DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 〝暗闇に住む民は大いなる光を見る〟
    〝死の影に住む者には光が差し込む〟

    「お前たちを遣わす
    狼に羊を送るのと同じだ
    ヘビのように賢く
    ハトのように素直であれ
    人々はお前たちを衆議所に渡し
    会堂で むち打つだろう
    私のために総督と王の前に
    証人として立たされる
    引き渡された時ーー
    何を言うか心配するな
    言うべきことは授けられる
    言うのはお前たちではなく
    お前たちの父の霊だ
    私の名のため
    万人に憎まれる
    体を殺せても
    魂は殺せぬ者を恐るな
    体も魂も滅ぼす力を
    持つ方を恐れよ
    2羽のスズメは
    1アサリオンだが
    父の許しがなければ
    1羽も地に落ちることはない
    お前たちの髪の毛も
    数えられている
    恐れるな
    お前たちはスズメに勝る
    私は地上に平和ではなくーー
    剣をもたらすために来た
    人をその父と敵対させ
    娘をその母と
    嫁をその姑と
    家の者が その人の敵となる
    私より父母を愛する者
    子を愛する者は
    私にふさわしくない
    命を得ている者は失い
    私のために命を失う者は
    それを得る」
    「ある人に100匹の羊があり
    1匹が迷い出たら
    99匹を残し
    1匹を探さないだろうか
    見つけたら 99匹よりーー
    その1匹のために喜ぶだろう」

    聖書の言葉しか出てこないのではないだろうか。顔のアップが多く、その文化圏の人であれば感じられるものが受け取れられず、辛かった。
    信仰に一切の妥協を許さない、厳しいキリスト像を描いている。天の門は狭き道であるなあ…と思わされます。

  • ■『奇跡の丘』 ピエロ・パオロ・パゾリーニ監督

    【後編 イエス路程】
     イエスの生涯に関する映像資料。パゾリーニ監督作品の名高い『奇跡の丘』は、マタイ伝を資料として、映画でありながら原点に極力忠実に作られています。ただやはり映画だからなのか、エピソードの前後があります。見せ方の問題になるんでしょうね。ペテロの3度の否定の後、鶏が鳴かない、のも演出ですね。それでもマタイ伝の文字そのままを追いながら、それ以上のことをイエスにも弟子にも語らせない、マタイ伝の再現を試みています。

     作品の雰囲気自体は非常に乾いています。慈愛に満ちたような、イエスの姿はありません。どちらかというと冷たく弟子たちを諭し、一方的に真理を説く預言者のような姿がそこにはあります。必要以上の情感性を含ませない作品全体の雰囲気を詩的に伝えてくれています。
     そもそも無神論者であり、共産主義者であったパゾリーニがなぜマタイ伝を題材に選んだのか。この辺は興味深いですよね。デジタルリマスター版についてくる8ページのブックレット(引用している聖書が田川建三訳というのが解説者の背景を物語っているが)にその辺りが紹介されていました。
     「『私が地上に平和を投じるために来たなどと思うな。平和ではなく、剣を投じる為に来たのだ。』 私がこのフィルムを思いつくにいたった鍵とは、実はこの言葉でした。これに促されて、私はそれを作ってしまったのです。」
     彼はイエスという青年の孤独と挫折とを描くことに目的があったようです。その為にはマルコでは簡素すぎるし、ルカでは感傷的すぎる。ヨハネには謎が多すぎるということで、監督のメガネにかなうのがマタイであったということでした。確かに静かでしかし火がつくと食い込むように抗い、突き刺す闘争的なイエスが描かれています。しかし勝手な解釈ではない。あくまでもマタイに沿って描かれたイエスです。まあそれでも映像化すれば、当然描き方もそれぞれですから、そこには監督の精神が表れていきます。当時の法王であるヨハネ18世も賞賛したという、イエス像がこの『奇跡の丘』です。

     個人的にはBGMにバッハの『マタイ受難曲』が使われていることが、ヒットでした。全編白黒の描写がその深みをまします。宗教音楽の最高峰とのコラボレーションは美しいです。なかなかレンタルでは在庫がなくて、購入したのですが、一見の価値はあります。


    <イエス路程映像資料>
    ニコラス・レイ『キング・オブ・キングス』
    ジョージ・スティーブンス『偉大な生涯の物語』
    ピエル・パオロ・パゾリーニ『奇跡の丘』
    メル・ギブソン『パッション』 
    『新約聖書~ヨハネの福音書』など

  • 0155

  • 64年。マタイ福音書をもとに制作。

    無駄のない撮り方。動かすときも端的に人の顔を写している。
    説明的なセリフもなく、言葉や映像が貫かれている。イエスの顔だけを写し、言葉だけが預えられるところは圧倒的な存在感がある。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

奇跡の丘 ニューマスター版[DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする