世界で一番美しい夜 デラックス版 [DVD]

  • 49人登録
  • 2.79評価
    • (2)
    • (1)
    • (9)
    • (5)
    • (2)
  • 13レビュー
監督 : 天願大介 
出演 : 田口トモロヲ  月船さらら  市川春樹  松岡俊介  美知枝 
  • ジェネオン エンタテインメント (2009年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102631031

世界で一番美しい夜 デラックス版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私的にはツボにはまりました。2時間40分の上映時間。長さは感じません。

    観終えてから調べて分かったのですが、父は今村昌平。今村作品も助手として多く参加してます。
    ヒロインの月船さらら。落着いた顔立ちの美人。どこかで見た事あるようなないようなと思いました。
    『アウトレイジ・ビヨンド』で大友扮するたけしと絡んでました。

    バイブレーターとして味のある演技の田口トモロヲを主演に持ってきてます。特別な強い存在感的オーラは出さず、
    他の個性的な共演者が多い中で上手く溶け合ってました。

    R18という事で裸や絡み合うシーンも多くあります。エロさは感じません。のほほんとした感じです。(過激な絡みもありますが。)

    ラストは切なてきでもあり、コミカルでもあります。
    久々に理屈や心情的な何かを思う前に、面白いと感じた映画でした。

  • 月船さららが出演してるとは思わなかった。
    しかもオールヌードとは驚き。

    さて、「出生率No.1の村」という事だが、こういう村があれば犯罪率というのは実際に減るのだろうか。
    人間の欲望の一つである「性欲」を無理なく満たされるのであれば、性犯罪の抑止効果が見込まれる。

    けど、男性の体力がもつかどうかは別問題。
    星空の下で営むっていうのはどういう気分なんだろうね。

  • 平和だね

  • 「争いあう正義より不正義でもエッチしてるほうがマシ」
    殺しあいなどによる革命でなく、愛(SEX)で世界を革命する「誰も傷つけないテロ」のお話。
    ヒッピー的ラブ&ピースを現代風味に味付けして、コメディ化したという感じ。キャラは皆濃いし、ドタバタ劇は見ていて面白かった。三上寛いいねぇ。
    しかし、18禁なのに文化庁支援というハチャメチャ映画。主張は確かに分かるし、考えさせられるものもあるけどちょっと変態要素の調味料が強すぎかな。

  • 総括するとセックスは素晴らしいって言いたい映画なのだろうか。(金出して観る価値はないと思った)R-18指定だったの知らなかった。
    題名のインパクトに比べれば内容はつまらん。
    強いて言えば元精神科医の輝子のミステリアスにささやくシーンは結構好き。
    文明が退化する代わりに出生率があがる、文明は進歩する代わりに出生率が下がる、先進国と後進国みたい。

  • 未来を作るのは思想でも、政治でもない。セックスである。

    長すぎる。

  • 筋、展開、主張は年末特別ドラマとか世にも奇妙な何某水準。欲を言えば設定について説明的過ぎて、小粒な印象が強いところでしょうか。もっとざっくばらんにしてもらった方が楽しめたように思う。
    アマゾンの高評価には、疑問がのこる。

  • そーいう意味・・・

全13件中 1 - 10件を表示

世界で一番美しい夜 デラックス版 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

世界で一番美しい夜 デラックス版 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

世界で一番美しい夜 デラックス版 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする