プライミーバル 恐竜復活 シーズン1 DVD-BOX

  • 31人登録
  • 3.95評価
    • (7)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 9レビュー
監督 : シラ・ウェア 
出演 : ダグラス・ヘンシャル  ジェームズ・マレイ  アンドリュー・リー=ボッツ  ルーシー・ブラウン  ハンナ・スピリアット 
  • ジェネオン エンタテインメント (2009年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102632236

プライミーバル 恐竜復活 シーズン1 DVD-BOXの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イギリス製テレビ映画 光の輪から太古の生物が・・・

    イギリス製のSFテレビ映画と言う意外性に魅かれて見てみました。異常現象を研究していた大学教授に政府からプロジェクト・チームへの参加要請が入る。ナント各地に不思議な生物が現れ調査を政府が行っていた。極秘に巨大生物の出現し、調査を始めた教授は現地に不思議な光の輪を発見する。その光の輪から太古の生き物が今世に現れたようだ。更に太古の世界に2年ほど前に行方不明になった教授の妻の存在が・・・・。
    今世と太古の世界を光の輪によって行き来すると言う面白い発想にひかれました。グロテスクな巨大生物や恐ろしい怪獣が登場します。子供向けにも良いのでは?しかし教授夫婦のしがらみなんかも描かれています。

  • 『プライミーバル 恐竜復活 シーズン1 DVD-BOX』[Primeval](2007)イギリス

     イギリス ロンドンで謎の巨大生物が目撃されたとの新聞記事を、大学生コナーが生物学者ニック・カッター教授の下へ持ちこんできた。
     目撃現場が“ディーンの森”だと聞いた動物学者ニック・カッターは、助手のスティーブン、学生のコナーとともに調査を始める。
     やがて彼らは、古代と現代を結ぶ“時空の扉”を目撃したことから、内務省の管轄下に入り、“時空の扉”を調査し古代生物の侵入を防ぐ戦いが始まる。

     各エピソードの時代と登場する生物達を、箇条書きにまとめておきたいと思います。

    第1話 太古への扉;ペルム紀
    コエルロサウラヴィス:トビトカゲのような生物。全長40cm・昆虫食。
    スクトサウルス:頭部から背中にかけて複数のコブ、背中には巨大な皮骨板がある。全長6m・植物食。
    ゴルゴノプス・イノストランケビア:ペルム紀最強の捕食動物。全長4m・肉食。
    ユーオムファルス:シルル紀の生物で、アンモナイトに酷似。直径6cm・有機物。

    第2話 恐怖の巨大グモ;石炭紀
    メガラクネ:ウミサソリの一種。体長1m・肉食。
    アースロプレウラ;巨大ムカデ。全長3m・不明。

    第3話 海の怪物;白亜紀
    モササウルス:海洋捕食動物。全長15m・肉食。
    ヘルペロルニス:ペリカンに酷似した巨大な鳥。体長2m・魚食。

    第4話 ドードーの悲劇;15~17世紀
    ドードー:マダガスカル沖のモーリシャス島に生息していた鳥類。体長1m・雑食。
    寄生虫:ドードーに寄生しており、宿主の体に入ると徐々に頭のほうに移動し、卵を産む。宿主が他の動物に噛み付くことで、子供が相手に移る。全長10cm・肉食。

    第5話 空飛ぶ殺し屋;白亜紀
    プテラノドン:翼竜。翼開長7m・魚食・肉食。
    アヌログナトゥス:優れた嗅覚で血の匂いを追いかけ、群れで捕食する小型の翼竜。翼開長30cm・肉食。

    第6話『未知なる獣』;ペルム紀
    未来の肉食動物:類人猿に酷似しているが、コウモリが進化した生物。体長2m・肉食。
    ゴルゴノプス:下顎下端に達する程の長い犬歯と発達した切歯を持つ、大型の捕食獣。体長2m・肉食。

     イギリス各地に出現して古生物や未来生物を現代へ送りこむ“時空の扉”[temporal
    anomalies]に対する、主人公の科学者とその仲間たちの物語。
     “時空の扉”に関する説明がまったく無くて、まず存在ありきで物語りが進行していくあたり、人によってはとっつきにくいかもしれない。
     とりあえず恐竜好き・怪獣好きの豆狸としては、何の支障も無く物語りに入り込めることが出来ました。
     ちなみに恐竜と怪獣の違いは、恐竜は死ぬと化石に成り、怪獣は死ぬと爆発するものと、豆狸は勝手に理解しております。

     それにしてもこのタイトル、“プライミーバル”[Primeval]って、“原始の,太古の,非常に古い”っていう形容詞。形容詞単体でタイトルに持ってくるって、かなり珍しいと思うんですけど?

  • 全世界で驚異の大ヒットというドラマシリーズらしいのですが。
    私は偶然テレビ付けたらやってたので知りました。
    最近はテレビで韓国ドラマばっかりやってるもんで、いいかげん飽きてしまって(「チャングムの誓い」とかは面白かったけど)テレビでドラマは見ないぞ~…ってな感じだったのですが。
    面白そうなのがやってるじゃないか!!と思ったのがコレでした。
    ちなみにNHKが放送…最初見たのは2ndでしたが、その後も何度か再放送したので一応大概のところは見ることが出来ました。
    ストーリーですが…ちょっと飛んでます。
    だけどそれが面白い。
    大雑把に言うと、
    時空の歪を超えて太古から現れた恐竜たちに人類が立ち向かえるのか、そして、遠くない未来に滅びる人類の運命はどうなるのか…。
    という…こう書くと本当に飛んでますね。
    でもメインキャストの思いがけない交代や、ストーリー展開の奇抜さ、メンバー間の微妙な関係…そんなものが巧く合わさっていて面白いのです。
    現在もイギリスで撮影続いてますから、まだ当分続くのかな。
    シーズン1は、主人公はダグラス・ヘンシャル演じるニック・カッター教授。

    ストーリーとしては、こんな感じ。
    ややネタバレありです。

    カッターはセントラルメトロポリタン大学で教鞭を取る古代生物学者。
    8年前にディーンの森で行方不明になった同じ学者である妻・へレンを捜している。
    ある時、イギリスで謎の“怪獣”が目撃されたという新聞記事を大学生コナーが持ちこんできた。
    その目撃現場が“ディーンの森”だと聞いたカッターは、助手のスティーブン、学生のコナーとともに調査を始めた。
    そこで彼らが目撃したのはペルム紀の恐竜と、過去と現在を繋ぐ謎の空間「時空の亀裂」だった。
    内務省の管轄下に入った彼らは、時空の亀裂を調査し、古代生物の侵入を防ぐことになるが・・・。

    ★DVDには全6話が収録されています★

  • 古代生物はすごかったんだなあ。2010年現在日本では3章まで放送したけど最終話を見逃した。4章前に再放送を希望。

  • 未来の生物が時空をつないで現代に出てきちゃう話。
    主人公(?)の奥さんが失踪してから8年後、森に恐竜が現れ未来へつながる時空を発見する。それと同時に死んだと思っていた奥さんが現れる・・・。

    恐竜が結構迫力あって面白かったです。一話完結型ですし、一つのシーズンがすごく短いので気軽に観れます。シーズン2が観たい。

  • 恋愛ものなの?それともSFなの?
    1つで二度おいしい。

  • 恐竜、冒険、と来れば夏。

  • スターゲートのタイムとラベル版。恐竜などの生物はよくできている。教授たちがモンスター退治にいくときの何の整備もないもない安易さがちょっとおかしい。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする