ダヴィンチ 2009/04月号

  • 46人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (4)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • メディアファクトリー (2009年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910059470494

ダヴィンチ 2009/04月号の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <内容>特集1 『チームバチスタの栄光』に続き『ジェネラル・ルージュの凱旋』もいよいよ映画公開!!海堂尊は知っている-「田口・白鳥」シリーズ累計700万部突破!ベストセラーを生み出す・海堂尊の創作技法、[対談]海堂尊×名越康文、他/特集2 いとしい奇跡に出会う場所-図書館で恋をする/特集3 作家生活20周年記念出版『赤い月・廃駅の上に』ついに刊行!-有栖川有栖・初の幻想怪談集/付録 コミックエッセイ劇場別ダvolume14/表紙-竹内結子&阿部寛

  • 海堂氏の対談が載っている。
    そのあとに海堂氏の『ショート』作品がある。
    その時間塾が『オレンジ病棟』のヘリポート。断念の図。何処の時間軸か分かります?
    そう、ジェネラルの去ったあとの時間です。

    瑠璃的に、これって仕方ないんだろうなって。

    患者は最悪亡くなってしまうことも覚悟しないといけない。
    これを突き進めて行って、患者と仲良くなれないと 風穴 は空かない。

    これは瑠璃が感じた事。
    医療の『たらい回し』とあるが 責任持って治療できない と表明しているが たらい回し なんでしょうか?
    『医者に行けば助かる確率が高くなる』という事でしょ?
    もっと色んな病院が提携できる様になればいいと思わずにはいられない ショートな作品でした。

    メディアだけを盲目に信頼してはいけないと思うのは 瑠璃だけでしょうか?

  • ●No.26
    p.63〜68 「いとしい奇跡に出会う場所〜図書館で恋をする」
          〜A:「図書館をモチーフにした小説」18冊+B:「ノンフィクション」1冊
           A:「ふしぎな図書館」・「海辺のカフカ」・「図書館戦争」など
           B:「図書館ねこデューイ」

  • 有栖川先生のロングインタビューがおもしろかった。
    海堂先生の特集は、せっかく巻頭を飾ってるのだから、もうちょっと内容にボリュームがあったらよかったのにな。

全5件中 1 - 5件を表示

ダヴィンチ 2009/04月号はこんな雑誌です

ダヴィンチ 2009/04月号を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダヴィンチ 2009/04月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダヴィンチ 2009/04月号を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする